倉敷紡績株式会社
ヤマト科学株式会社

【2021年版】卓上遠心機 メーカー13社一覧

卓上遠心機のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


卓上遠心機とは

遠心分離機とは、遠心力を利用して試料を粒子の比重に応じて分離させる装置のことで、卓上遠心機は遠心分離機の卓上型のものを指します。

卓上遠心機には、回転数が数千rpmのスイング型と数万rpmで高速遠心できるアングル型があります。

ローターには、容器の種類やサイズに合わせて試験管、マイクロプレートマイクロチューブ用など数種類のタイプがあります。

高速回転すると、ローターの温度が上昇するため、試料を損なう恐れがあります。
そのような場合は冷却機能が備わった冷却遠心機を用います。

加熱をしながら遠心分離を行える製品もあります。

メーカーとしては、日立、久保田、エッペンドルフ、トミー精工、コクサン、ヤマト科学等、多々あります。

卓上遠心機の使用用途

遠心分離機は様々な業種で使われていますが、卓上型は科学の実験用として使用されることが多いようです。

  • 細胞培養
  • 血液(血球、血清、血漿の分離など)
  • 生化学(DNA、RNA抽出など)
  • 分析関連(液-液抽出など)

など、回転速度の違いにより、幅広い実験で使用されています。

また、回転数を設定せずに使う、簡易の卓上型の遠心分離機もあります。

これはマイクロチューブや8連チューブなどに入れた試料をスピンダウンさせる等、手軽に使用できる製品です。
各種ありますが、「チビタン」という商品名で普及しているものが有名です。

また、医療用としても使用されています。

血液採取後、速やかに血漿や血清を分離する必要がある場合は、比較的場所を取らない卓上遠心機を医療現場に設置しておけば便利です。

卓上遠心機の原理

物質にはそれぞれ特有の比重があります。

その比重の差で分離させるために、遠心力を利用します。

例えば、比重の差が小さい時には遠心時間を長くするか、gを大きくします。

そのため、遠心分離を行う際は、目的に応じて対応可能な機種を選ぶ必要があります。

細胞培養や血球分離などの場合は、3000 rpm程度の低速遠心でほとんどが分離できます。

DNAやRNA抽出の場合は、数万rpmの遠心力が必要となるため、高速遠心機を用います。

ちなみにrpm (round per minute)は回転速度、対してg(gravity)は遠心力(相対遠心加速度)の事です。

使用時には、各メーカーが提供している換算表を用いてgとrpmの変換ができます。

試料の重さが偏った状態で高速回転させると、振動が生じ、遠心分離機が壊れる危険性があります。

遠心分離する前には試料のバランスを確認する、容器が損傷していないことを確認する、また、冷却下での使用後には、装置内の水分を乾燥させることが求められます。

遠心分離に使用する容器の素材にも注意が必要です。

遠心分離する前に使用する容器の材質の強度が遠心力に耐えうるか確認することも必要です。

参考文献
https://doi.org/10.14894/faruawpsj.2.2_110
https://www.himac-science.jp/useful/centrifugation/centrifugation.html

卓上遠心機のメーカー情報

卓上遠心機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 倉敷紡績株式会社
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社池田理化

設立年の新しい会社

  1. 1 エッペンドルフ・ハイマック・テクノロジーズ株式会社
  2. 2 フェニックスサイエンス株式会社
  3. 3 和研薬株式会社

歴史のある会社

  1. 1 倉敷紡績株式会社
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社コクサン

卓上遠心機のメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す