【2021年版】ウレアグリース メーカー4社一覧

ウレアグリースのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ウレアグリースとは

ウレアグリースは、科学的に安定し、分解しにくいウレア結合を2個以上有しているものを増ちょう材(半固体状にする作用を持つ物質)としたグリースの事です。

一般的にグリースは、比較的低速で回転する機械や、高荷重が掛かる軸受け、金属と金属がスライドする摺動面に用いられます。摩擦を軽減し、設備に掛かる負担を減らす役割を果たしています。

グリースを構成する成分によって様々な種類がありますが、グリースの中でも、ウレアグリースは他のグリースと比較した場合、耐熱性、耐水性に優れています。ウレアグリースは同じちょう度(グリースの硬さ)の他のグリースと比較すると、独特の粘り気があり、長期にわたって機械を保護してくれます。

ウレアグリースの使用用途

ウレアグリースは、上記で説明したように耐熱性、耐水性に優れているグリースです。その為、高温な条件下で駆動する設備軸受けや摺動部に使用されます。

一例として、金属の圧延工場では、高い荷重を掛け、高温の条件下であり、冷却水を吹きかけながら機械が運転しています。このような特殊な条件下では、耐熱性、耐水性に優れるウレアグリースが大いに活躍します。

もう少し身近な使用例をあげると、釣竿に使用するリール内部に使用する場合もあります。ウレアグリースを使用する事で海水から内部部品を守ります。ウレアグリース独特の粘り気が、リール内部の精密ギアを保護してくれるのです。

ウレアグリースの原理

ウレアグリースについて深く知って頂く為に、グリースの増ちょう剤について解説しておきます。

増ちょう剤とはグリースを構成する基油を半固体状にするためのものです。

大きく分けると

  • 金属石けん系
  • 非石けん系

の二種類があります。

金属石けん系のグリースの種類が多く、カルシウム石けん、リチウム石けん、二硫化モリブデン、リチウムコンプレックス、などがあります。一方、非石けん系のグリースにはベントナイトPTFE、ウレアなどが存在し、ウレアグリースがその代表格となります。

グリースの硬さは「ちょう度」で表され、増ちょう剤の配合量、種類によって変化します。一般的に「混和ちょう度」の値でグリースの硬さを判断します。000号、00号、0号、1号、2号、3号、4号、5号、6号までグリースの硬さを分類する事ができます。445~475であれば半流動状の柔らかいグリースであり、000号に該当します。85~115であればとても硬いグリースとなり、6号に該当します。

ウレアグリースのちょう度は2号程度が多いので、通常の硬さのグリースとなります。グリースとしての硬さは普通ですが、ウレア系増ちょう剤を使用している為、防錆、潤滑性、耐摩耗性、に加え耐熱性、耐水性が強く、長寿命なグリースとなります。

参考文献
https://www.kyodoyushi.co.jp/knowledge/grease/category/
https://www.cosmo-lube.co.jp/Portals/0/images/product/tech/tech3612130.pdf

ウレアグリースのメーカー情報

ウレアグリースのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ENEOS株式会社
  2. 2 協同油脂株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 協同油脂株式会社
  2. 2 ENEOS株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ENEOS株式会社
  2. 2 協同油脂株式会社

ウレアグリースのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す