青山特殊鋼株式会社
株式会社ジイエムシーヒルストン
日本パルスモーター株式会社
三菱電機株式会社
三木プーリ株式会社

【2021年版】シャフトモーター メーカー10社一覧

シャフトモーターのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シャフトモーターとは

シャフトモーターの概要を説明します。シャフトモータは、マグネットを円筒形状に並べた特異な構成のリニアタイプ型サーボモーターです。特に本シャフトモーターのメリットであり、特徴的な点としては、通常のモーターには必ず構成部位として存在する鉄芯コアが不要である点も、シャフトモータの優位点と言えます。マグネットが円筒形なので、一般的に使用されていたボールネジによる各種機械のシャフト駆動方式を、このシャフトモーターに取り換えることにより、更に高精度で耐久性にも優れた産業用サーボモータとして、現在活躍しているリニアタイプモーターになります。

シャフトモーターの使用用途

シャフトモーターは、リニア型のサーボモータの1種類であり、主な使用用途は、工場等で使われている従来のボールネジによる機械的な方式で、シャフトを軸方向に駆動していた場合の置き換えなどに向いています。さらに、従来のボールネジ方式よりも機械的な接触部分がない分だけ、シャフトモーター方式の方が精度も耐久性も優位性があります。そのため、従来よりもさらに精度を高めた加工や位置決めを必要とする測定器や検査機等にもその使用例は拡大しており、今後も更なる活躍の場が期待できるリニア型サーボモータです。

シャフトモーターの原理

シャフトモーターの原理は、ステンレス配管に円筒のマグネットを挿入したシャフトと呼ぶ部分とそれを囲んだ円筒状コイルで構成され、コイルに電流を流して磁界を発生させて、
コイルがリニア方向に速度も自由自在で駆動可能です。

シャフト軸は磁石を同極をお互いに接合した構成になっており、接合部から強力な磁力が発生します。このシャフト軸を囲むコイルに電流が流れると磁界が発生し、フレミングの左手の法則により推力が発生します。この推力によって、コイルがリニア方向運動を発生させるのです。以上がシャフトモーターの原理を説明した概ねの考え方になります。

このシャフトモータの原理は、結局のところ、構造がどうであろうとも、フレミング左手の法則に基づき、電流発生部分と磁界発生部分によって発生した推力を利用していることが不変で原則として単純な原理なので、実際のシャフトモータに関しては、どの部分が、電流発生部で、どの部分が磁界発生部で、その結果どこに推力が働くのかを、実物を見て考えるのが、実用上、最も効率的で最適です。

参考文献
https://www.ghc.co.jp/feature/
https://www.pulsemotor.com/feature/shaftmotor.html

シャフトモーターのメーカー情報

シャフトモーターのメーカー10社一覧


シャフトモーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 三木プーリ株式会社
  3. 3 株式会社協和製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 NER Group Co., Ltd.
  2. 2 株式会社ジイエムシーヒルストン
  3. 3 タケダ工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 青山特殊鋼株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 三木プーリ株式会社

関連記事

カテゴリから探す