【2021年版】クラック補修材 メーカー12社一覧

クラック補修材のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


クラック補修材とは

クラック補修材は、壁面や床などにできたひび割れのことを修理する材料のことを言います。
修理を行う相手素材に合わせて、クラック補修材も選ぶ必要があります。

代表的なクラック補修材の素材としては、
コンクリートやアスファルトを修理するセメント系のクラック補修材や、
木材を修理する、エキポシ樹脂系のクラック補修材、
また、人が歩く床等の補修をするためのシリコンゴム製のクラック補修材など
用途に合わせてさまざまな素材のクラック補修材があります。

クラック補修材の使用用途

外壁やアスファルト、また床などさまざまな場所にクラックは発生します。
クラックが出来てしまう原因は、地震や乾燥、また雨風や紫外線による劣化、
素材同士の相性によってもひび割れてしまったりする恐れがあります。

雨風や紫外線などによる劣化に対しては、定期的な点検を行うことにより防ぐことが可能となっています。

クラックが発生してしまうと何が良くないかというと、そのひび割れた箇所から外壁内部が腐食してしまったり
また、外壁自体が崩れてきたりしてしまう恐れがあります。

実際にどのようにして、クラックの補修をおこなっているかというと
クラックが発生してしまった箇所にクラック補修材を流し込んでキズを埋めるようにして補修していきます。
補修材が接着剤のような役割をするのでキズを埋めることが出来るのです。

クラック補修材の原理

クラックの特徴として、キズの幅が0.3㎜を超えるものは
なるべく早い修復が必要であるとされています。
なぜかというと、0.3㎜を超えるクラックは外壁内部に水分が浸透している可能性が非常に高くなっているためです。
この場合、自身でクラック補修材を使用して修理するのではなく
専門の業者に見てもらう事が必須と言えるでしょう。

クラックを放置しすぎると、建物全体に被害が及ぶこともあります。
そうなると、修理もさらに大変になってしまいますし
費用もクラック補修材を使用するより高額になってしまいます。

クラックを見つけたときには、なるべく早い対処をすることが大切です。

参考文献

https://www.ashford.co.jp/crack.html

https://k-tsunemi.jp/business/sales/products01umeru

http://www.bond.co.jp/bond/reinforce/crack/

http://www.aimkk.com/product/kisokyouko.html

https://www.ipros.jp/cg2/%E3%81%B2%E3%81%B3%E5%89%B2%E3%82%8C%E8%A3%9C%E4%BF%AE%E6%9D%90/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88/

https://www.ipros.jp/cg1/%E8%A3%9C%E4%BF%AE%E6%9D%90/

https://www.j-cma.jp/j-cma-pics/10009914.pdf

https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/other/crack/

クラック補修材のメーカー情報

クラック補修材のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 前田道路株式会社
  2. 2 住友大阪セメント株式会社
  3. 3 エイム株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社博有
  2. 2 エイム株式会社
  3. 3 株式会社MAT

歴史のある会社

  1. 1 住友大阪セメント株式会社
  2. 2 前田道路株式会社
  3. 3 株式会社エービーシー商会

クラック補修材のメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す