株式会社IBS

【2021年版】オゾン濃度計3選 / メーカー8社一覧

オゾン濃度計のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オゾン濃度計とは

オゾン濃度計(英:Ozone concentration meter)は大気中や液体中に含まれるオゾンの濃度を測定する器具です。

利用目的に応じた適切なオゾン濃度にしたり、またはオゾンの発生による事故や人体や環境への影響を防ぐために、適切な濃度管理をしていく必要があります。

オゾン濃度計の測定方法には紫外線吸収法、半導体薄膜式、定電位電解法、検知管法などがあり、その数も膨大で導入コストやメンテナンスコストも様々です。
それぞれの使用目的や作業範囲、作業環境、サイズ、付属品、消耗品などを考慮して選定する必要があります。

オゾン濃度計の使用用途

オゾン濃度計はオゾン発生装置を導入する場合や、オゾンが発生しやすい環境でオゾン濃度を適切に管理するために用いられる装置です。オゾンは汚水、浄水処理や医療業界、食品等の殺菌・脱臭、貯蔵など各業界で有用な化合物です。その反面、高濃度になると人体や環境への悪影響もあり、日本産業衛生学会では作業環境基準としての許容濃度を0.1ppm(0.2 mg/m3)と定めています。

またオゾンは空気中の紫外線や放電があるところで発生します。 そのためオゾン濃度計はオゾン発生装置の近くのみならず、オゾンが作業環境で発生しうる場所でも使用されています。

オゾン濃度計の原理

オゾン濃度計が採用している計測法としては紫外線吸収法、半導体薄膜式、定電位分解法、検知管法が挙げられます。ここでは各手法を紹介します。

  • 紫外線吸収法
    オゾンが254nmの波長を強く吸収する性質を利用して、光の吸収量からオゾン濃度を測定する手法です。本手法では他のガスが混在していると測定値に影響が出るため、全試料中のオゾンと分解した残存ガスの双方を測定して純粋なオゾン濃度を算出します。本手法は液体中のオゾン、ならびに気体中のオゾンいずれも測定可能です。なお、連続測定に向いており実験には非常に便利ですが、高価です。
  • 半導体薄膜式
    半導体の薄膜の表面にオゾンが接触させ、オゾンの持つ酸化力によってオゾン分子が半導体と結合し半導体の分解率が変化することを利用したものです。分解前の半導体と分解率を用いることで、オゾン濃度を計測します。この手法は再現性と長期安定性にすぐれています。
  • 定電位電解法
    定電位電解法とは一定の電位に保たれた電極上でオゾンガスを電気分解したときに生じる電流量から濃度を測定する方法です。ガスの種類によって出力が変化するため、別のガスが混在している場合でも測定値は影響を受けにくいです。本手法は非常に感度が良いため、低濃度領域でも定量的な計測が可能です。本手法は比較的低価格で高精度のオゾン濃度測定が可能です。
  • 検知管法
    検知管法とはガラス管の中に詰めた試料が変色した長さから濃度を測定するものです。ガラス管の中にインディゴ染料などの様々な試料を層状に詰め入れ、試料を固定・密閉します。測定時にガラス管の両端を壊し、一端をサンプルするガス中に入れ、他端をガス検知器と言われる小型手動ポンプにつないで、一定量(通常100cc)の気体を一定速度でガラス管を通じてポンプ内に引き込みます。オゾンを流し入れると試料が変色していくので、その変色した長さから濃度を測定します。本手法は比較的安価で検査が簡便、かつ比較的低濃度でも測定が可能です。

参考文献
https://ozone-plus.com/gensen/concentration-measurement/
https://www.applics.co.jp/ozonekeisokuki/ozonesokutei-kakaku.html
https://www.ecodesign-labo.jp/ozone/info/6-1.php
http://www.rikenkeiki.co.jp/cms/riken/pdf/support/PC9-0314-180610S.pdf

オゾン濃度計のメーカー情報

オゾン濃度計のメーカー8社一覧


オゾン濃度計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 セキアオイテクノ株式会社
  2. 2 弘栄貿易株式会社
  3. 3 株式会社IBS

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社タムラテコ
  2. 2 エコデザイン株式会社
  3. 3 株式会社IBS

歴史のある会社

  1. 1 荏原実業株式会社
  2. 2 弘栄貿易株式会社
  3. 3 セキアオイテクノ株式会社

オゾン濃度計3選

システム連動オゾン濃度計 TOM-10GⅡ

株式会社タムラテコ システム連動オゾン濃度計 TOM-10GⅡ 画像出典: 株式会社タムラテコ公式サイト

特徴

0.01~10.00ppmの班員で測定可能な高濃度オゾン濃度計です。

RS232C他データ出力ポートを備えており、他の機器やPCと接続可能なシステム連動型オゾン濃度計です。オゾン発生器や警報機と接続し、オゾン濃度の管理システムの一環としても使用可能です。

センサー交換はワンタッチで行える簡単設計です。構成データはセンサーモジュールに組み込まれているため、センサー時のオゾン濃度計本体の校正は不要です。

株式会社タムラテコの会社概要

製品を見る

オゾン濃度分析モニタ OZM7000GN

株式会社IBS オゾン濃度分析モニタ OZM7000GN 画像出典: 株式会社IBS公式サイト

特徴

紫外線吸収方式によるオゾン濃度計です。254nmの紫外線の吸収度を元にオゾン濃度を測定します。

2フローセルを搭載しており、低濃度から高濃度まで測定可能なオゾン濃度計です。測定結果はシリーズ内でppm表示(気相濃度用モニター)とg/m3表示(オゾン発生器用モニター)の2種類から選択可能です。

電圧によるアナログデータ出力に対応しています。オプションでRS-232Cなどによる警報機へのデータ出力にも対応できます。

株式会社IBSの会社概要

  • 会社所在地: 大阪府吹田市穂波町12番43号
  • URL: http://www.ask-ibs.jp/
  • 創業: 1997年
  • 従業員数: 105人

製品を見る

オゾン濃度計 OZM-5000Gシリーズ

エコデザイン株式会社 オゾン濃度計 OZM-5000Gシリーズ 画像出典: エコデザイン株式会社公式サイト

特徴

紫外線吸収による吸光度に基づいて計測するオゾン濃度計です。高精度でリアルタイムに濃度を測定できます。

測定濃度のレンジは9種類(100ppb,1.000ppm,10.00ppm,100.0ppm,1000ppm,10.0g/m3(N),100g/m3(N),200g/m3(N),300g/m3(N))から選択可能です。

アナログ出力を備えています。オプションでRS-232Cによるデジタル出力にも対応可能です。

オプションで自己診断機能(エラー出力)や自動温度補正機能、ポンプ機能を追加できます。

エコデザイン株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す