株式会社日本ピスコ
日本無機株式会社
ニッタ株式会社
SMC株式会社
CKD株式会社

【2021年版】エアフィルタ メーカー17社一覧

エアフィルタのメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


エアフィルタとは

エアフィルタとは、空気中に漂う微粒な粒子をろ過するための装置のことです。
空気中には、汚染物質などの様々な粒子状の物質が、エアロゾルと呼ばれる空気中に漂う微細な粒子として存在しています。これらの物質は、産業機器において製品の故障不具合や生産性の低下を招きます。また、人においては肺に吸い込まれると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。エアフィルタは、このような汚染物質を除去するために使われています。

エアフィルタの使用用途

エアフィルタの用途は、空気中の漂う量子をろ過するために使われています。具体的な用途は、以下となります。

  • 自動車用エアフィルタ
    ーエンジンが空気を吸入する際に、エンジン内部に空気中のゴミなどを吸い込まないようにするために用います。
  • 空調用エアフィルタ
    ー空気中に潜む粒子を除去し、クリーンな空気を供給します。カビやウイルスの除去を行うものもあります。
  • クリーンルーム
    ー電子機器の組み付けなどを行うクリーンルームで、目に見えない最近やホコリなどを除去するために高性能エアフィルタが使われています。

エアフィルタの原理

エアフィルタは、性能別に3つに分けられます。

  • 粗塵用エアフィルタ
    -対象粒径5μm以上を捕集するものです。素材は、化学繊維の不織布やガラス繊維を使用したものがあります。構造は、パネル状のものなどがあります。
  • 中性能用エアフィルタ
    -対象粒径1μm〜5μmを捕集するものです。素材は、ガラス繊維などとなります。構造は、素材をプリーツ状や袋状のものがあります。
  • 超高性能フィルタ
    -対象粒径1μm以下を捕集するものです。HEPAフィルタ、準HEPAフィルタ、ULPAフィルタなどがあります。素材は、微細なガラス繊維などで作られています。
    ・準HEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルタ
    -対象粒径0.3μmを90%〜95%以上捕集できる性能をもちます。
  • HEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルタ
    -対象粒径0.3μmを99,97%以上捕集できる性能をもちます。
  • ULPA(Ultra Low Penetration Air)フィルター
    -対象粒径0.15μmを99.9995%以上捕集できる性能をもちます。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/24/1/24_1_4/_pdf/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/4/4/4_4_265/_pdf/-char/ja
https://www.kimoto-proeng.com/report/851
http://www.k-kyoshin.jp/14530179299773
http://www.kankyotec.toyobo.co.jp/business/le/hepa.html
https://www.ipros.jp/monosiri/term/ULPA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC

エアフィルタのメーカー情報

エアフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 SMC株式会社
  2. 2 東レ株式会社
  3. 3 ニッタ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ミドリ安全エア・クオリティ株式会社
  2. 2 株式会社エース
  3. 3 株式会社フカガワ

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 日本スピンドル製造株式会社
  3. 3 東レ株式会社

エアフィルタのメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す