日東工業株式会社

【2021年版】オイルフィルタ メーカー5社一覧

オイルフィルタのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オイルフィルタとは

オイルフィルタ

オイルフィルタとは、自動車などの産業機械で使用され、エンジンオイル、潤滑オイルなどの汚れを取り除き、オイルを綺麗な状態に保つための装置です。
オイルは、機械が作動すると徐々に酸化して汚れていきます。汚れたオイルを使用しているとオイルの役割が発揮できずに、機械の故障を招くことがあります。機械の故障を防ぐために、オイルフィルタでオイルをろ過をします。ろ過をすると汚れがフィルタに溜まりますので、定期的な交換が必要となります。

オイルフィルタの使用用途

オイルフィルタとは、自動車などの産業機械で使用され、エンジンオイル、潤滑オイルなどの汚れを取り除き、オイルを綺麗な状態に保つために使われます。
機械の故障は、オイルの汚れによるものが多くあります。オイルが汚れてしまうと機械の破損、性能低下、信頼性の低下などの不具合が発生します。
オイルの汚れには、以下の3つがあります。

  1. 初めから、オイル回路に入っているもの(機械加工時などによる発生するもの)
  2. 外から進入するもの
  3. 機械作動中に発生するもの

1、2に関しては、機械の構造や取り扱い方法で防ぐことができます。
しかし、3に関しては、主に酸化などによりに発生する汚れであり、防ぐことができません。そのため、オイルを綺麗な状態に保つためには、オイルフィルタが必要となります。

オイルフィルタの原理

オイルフィルタは、一般的に多孔性のろ材にオイルを通過させて汚れをとる方法です。その他の方法としては、マグネットで吸着させるものや流速による遠心力を利用する方法もあります。オイルの汚れをとるためには、ろ材の通路が汚れよりも小さいこと、もしくはろ材の壁に汚れを付着させることが必要となります。
自動車に使われている、オイルフィルタには、以下の3つがあります。

  1. フルフロータイプ
    -全てのオイルをフルフローフィルタでろ過させます。
  2. フルフロー+バイパス併用型
    -通路を流れているオイルをフルフローフィルタを設置した通路とバイバスフィルタを設置した通路に分けて、それぞれのフィルタでろ過させます。バイパスフィルタは、フルフローフィルタより小さい汚れを除去します。主にディーゼル車に使われます。
  3. コンビネーション型
    -フルフローフィルタとバイパスフィルターを一つのフィルタにしたものです。通路を流れているオイルは、フルフローフィルタ部とバイバスフィルタ部と別々に分けられます。

参考文献
https://www.nitto-kogyo.co.jp/oilfilter.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1954/8/4/8_4_271/_pdf/-char/ja
http://www.wakoautoparts.jp/description_oil.html

オイルフィルタのメーカー情報

オイルフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日東工業株式会社
  2. 2 株式会社エッチ・ケー・エス
  3. 3 PIAA

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社プロト
  2. 2 株式会社エッチ・ケー・エス
  3. 3 PIAA

歴史のある会社

  1. 1 日東工業株式会社
  2. 2 ピーコックエレメント製造株式会社
  3. 3 PIAA

オイルフィルタのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す