【2021年版】ドラムフィルタ メーカー8社一覧

ドラムフィルタのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ドラムフィルターとは

ドラムフィルターとは、回転するドラム状のフィルターを用いて異物などの濾過対象物を除去する濾過方式です。フィルターの孔径によって様々な大きさ・種類の物質を除去できます。一般的には5~1000μmの物質を濾過する際に用いられ、フィルターの素材もポリエステルなどの樹脂からステンレスまで幅広く対応しています。回転しながら濾過するため目詰まりを抑制することができるだけでなく、フィルターの洗浄や交換などのメンテナンス性にも優れます。

ドラムフィルターの使用用途

ドラムフィルターは化学工業や食品工業、金属工業、上下水道などの各種産業の濾過に使用されます。フィルターの孔径を変更するだけであらゆる物質の除去が可能になるため、用途の幅が広いと言えます。設備費やメンテナンス性、ランニングコストに優れることなどから幅広い産業で多くの採用実績を持ちます。また構造がシンプルなため設備の小型化が可能で、省スペース化に貢献できます。格子状の支持体にフィルターを装着し、張力により密着させることで、洗浄しやすくなるように設計されています。

ドラムフィルターの特徴

ここではドラムフィルターの特徴と使用上の注意点を説明します。ドラムフィルターはシンプルな原理かつ効率性、メンテンナンス性などに優れるため、設備導入しやすい特徴を持ちます。フィルターが目詰まりするため、フィルターの洗浄および交換は定期的に行う必要はありますが、洗浄は自動化されている機種も多くあります。一方でフィルター交換は手作業で行いますが、比較的簡単に行えます。このようにフィルターに堆積される物質はケーク層とも言われ、ケーク層の種類によって除去及び排出方法が異なります。

  • スクレッパーディスチャージ法
    圧縮した空気でフィルターからケーク層を剥がし、スクレッパーと呼ばれるヘラのようなもので掻き出します。もっとも一般的な方式ですが、粘着性のある物質には使用できません。
  • ローラーディスチャージ法
    ローラーをケーク層に押しつけ、スクレッパーで除去します。ローラーにケーク層の物質を吸着させる必要があるため、粘着性のある物質に使用されます。
  • プリコートカット法
    圧縮した空気等は使用せずに真空下でケーク層をスクレッパーで剥ぎ取ります。除去しきれず残留したケーク層はプリコート層と呼ばれ、プリコート層の上に形成されたケークを定期的に取り除きます。真空下で行うため濾液の逆流が発生しないメリットがあります。ただ、均一な大きさの粒子以外には適していません。

参考文献

https://www.tsms-g.co.jp/files/tsk_filter.pdf
https://www.noritake.co.jp/products/eeg/parts/detail/15/
http://nihon-inka.net/product/roka/drumfilter.html

ドラムフィルタのメーカー情報

ドラムフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 三菱化工機株式会社
  3. 3 モスニック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シーシーエス
  2. 2 月島マシンセールス株式会社
  3. 3 モスニック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 三菱化工機株式会社
  3. 3 モスニック株式会社

ドラムフィルタのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す