音羽電機工業株式会社
株式会社トーキン
株式会社シーユーアイ・ジャパン
岡谷電機産業株式会社
喜威達株式会社
双信電機株式会社
パナソニック株式会社
デルタ電子株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
シャフナージャパン
コーセル株式会社
オムロン株式会社

【2021年版】ノイズフィルタ メーカー23社・119製品一覧

ノイズフィルタのメーカー23社・119製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ノイズフィルタとは

ノイズフィルタとは使用する電源や信号からノイズを取り除くための電気回路・電子回路や装置などのことを指します。

通信をしているケーブル内では電気信号が行きかっており、その中でノイズ(異常な信号)が発生することを防ぐ役割を果たします。

機器や回線に影響を与えるノイズにもいくつか種類があり、低周波に影響を及ぼすものものがあったり、高周波に影響を及ぼすものがあったりします。

ノイズを処理せず機器を使用すると電圧の変化に伴い最悪の場合、誤作動を引き起こす場合があるためノイズフィルタが必要と言えます。

ノイズフィルタの使用用途

具体的な使用例としては、工場などの自動制御機器や音響機器が挙げられます。

工場では、電源ラインから侵入するノイズによる誤動作事故防止のため、またその機器内部で発生するノイズが他の危機に対して悪影響を及ぼさないようにする目的があります。

音響機器については、使用時に家庭用電源や無線機からのパルス信号由来のノイズにより、スピーカーからの雑音防止に使われています。

さらに、他の回路と関係を持つデジタル電圧計においても商用電源周波数や高調波成分などのノイズ対策として用いられることがあります。

ノイズフィルタの原理

ノイズの伝わり方は主に次の2種類です。

1つは電子機器の内部から直接空間に放射される輻射ノイズ、もうひとつは電源線や電子回路の配線を伝わって他の電子機器に妨害を与える伝導性ノイズです。

様々な波長をもつ電波に、異なる波長の電波が入り込むことで雑音などとして発生します。

このノイズを防ぐためには、ノイズの主要因が高周波であれば低周波数の信号を通過させて高周波数の信号を通さないフィルタ(ローパスフィルタ)を使えばよいということになります。

その逆の場合も同じ原理です。

ローパスフィルタとして働くのはインダクタとコンデンサが主に挙げられます。

インダクタは周波数の低い成分に対してはインピーダンスが低くなり、周波数の高い成分に対しては高くなります。

したがって、インダクタをノイズが通る回路に直列挿入すると、周波数の低い信号成分を通りやすく、周波数の高い成分は通しにくくすることができます。

一方、コンデンサはインダクタと逆の性質を持っています。

参考文献
https://www.sanwa.co.jp/product/ex/noisefilter.html
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-noise-countermeasures-lesson-1
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-noise-countermeasures-lesson-3
http://energy-kanrishi.com/noise-filter/

ノイズフィルタのメーカー情報

ノイズフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 株式会社トーキン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シーユーアイ・ジャパン
  2. 2 喜威達株式会社
  3. 3 High & Low Corporation

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 KEMET Corporation
  3. 3 SCHURTER Electronic Components

ノイズフィルタのメーカー23社一覧


ノイズフィルタの119製品一覧

ノイズフィルタのオンライン購入


モノタロウでチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック


秋月電子通商でチェック

ノイズフィルタの中古品


株式会社メジャーでチェック


ヤフオクでチェック


ジモティーでチェック

関連記事

カテゴリから探す