音羽電機工業株式会社
株式会社トーキン
株式会社シーユーアイ・ジャパン
岡谷電機産業株式会社
双信電機株式会社
デルタ電子株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
シャフナージャパン
コーセル株式会社
オムロン株式会社
XP Power
TDKラムダ株式会社

【2021年版】ノイズフィルタ5選 / メーカー23社一覧

ノイズフィルタのメーカー23社・119製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ノイズフィルタとは

ノイズフィルタ

ノイズフィルタとは使用する電源や信号からノイズを取り除くための電気回路・電子回路や装置などのことを指します。

通信をしているケーブル内では電気信号が行きかっており、その中でノイズ(異常な信号)が発生することを防ぐ役割を果たします。

機器や回線に影響を与えるノイズにもいくつか種類があり、低周波に影響を及ぼすものものがあったり、高周波に影響を及ぼすものがあったりします。

ノイズを処理せず機器を使用すると電圧の変化に伴い最悪の場合、誤作動を引き起こす場合があるためノイズフィルタが必要と言えます。

ノイズフィルタの使用用途

具体的な使用例としては、工場などの自動制御機器や音響機器が挙げられます。

工場では、電源ラインから侵入するノイズによる誤動作事故防止のため、またその機器内部で発生するノイズが他の危機に対して悪影響を及ぼさないようにする目的があります。

音響機器については、使用時に家庭用電源や無線機からのパルス信号由来のノイズにより、スピーカーからの雑音防止に使われています。

さらに、他の回路と関係を持つデジタル電圧計においても商用電源周波数や高調波成分などのノイズ対策として用いられることがあります。

ノイズフィルタの原理

ノイズの伝わり方は主に次の2種類です。

1つは電子機器の内部から直接空間に放射される輻射ノイズ、もうひとつは電源線や電子回路の配線を伝わって他の電子機器に妨害を与える伝導性ノイズです。

様々な波長をもつ電波に、異なる波長の電波が入り込むことで雑音などとして発生します。

このノイズを防ぐためには、ノイズの主要因が高周波であれば低周波数の信号を通過させて高周波数の信号を通さないフィルタ(ローパスフィルタ)を使えばよいということになります。

その逆の場合も同じ原理です。

ローパスフィルタとして働くのはインダクタとコンデンサが主に挙げられます。

インダクタは周波数の低い成分に対してはインピーダンスが低くなり、周波数の高い成分に対しては高くなります。

したがって、インダクタをノイズが通る回路に直列挿入すると、周波数の低い信号成分を通りやすく、周波数の高い成分は通しにくくすることができます。

一方、コンデンサはインダクタと逆の性質を持っています。

ノイズフィルタの選定

ノイズフィルタの選定で重要となるのは、基本的には「定格電圧」と「定格電流」の2項目です。

  • 定格電圧
    各製品で定められた定格電圧(使用最大電圧)より低い電圧で使用します。メーカーによっては、急な電圧変動も加味し、定格電圧以上の電圧でも使用できる場合もあります。しかし、思わぬ不具合の原因となる恐れもあるため、その場合はできるだけ定格電圧の高いものを選定するのが良いでしょう。
  • 定格電流
    電圧を同様に、電流値にも各製品ごとに上限があります。特に電流の場合は、周囲の温度によって特性が変化する(ディレーティング特性という)傾向があるため、使用する環境についても事前に確認する必要があります。

周囲の温度が上がると、許容できる負荷率(定格電流に対する負荷電流の割合)は徐々に低下していきます。短時間であれば大きな負荷電が流れてもそこまで深刻な問題にはなりませんが、それが長時間続いたり、繰り返し流れたりする場合には使用を制限する必要もあります。また、直流電源などの「突入電流」にも注意しなくてはなりません。突入電流がある場合は、その時の電流値や流れている時間をよく確認しておきましょう。

その他にも試験電圧や減衰特性など、ノイズフィルタの選定において理解しておくべきことはいくつかあります。また、目的以上の仕様を選定するのも、コスト面から考えると適当ではありません。設計者はこういった事項も考慮に入れたうえで選定する必要があります。

ノイズフィルタの使い方

ノイズフィルタを使用する際に注意すべきポイントはいくつかあります。

一つはアース配線です。アース配線はできるだけ太く短く配線するようにしましょう。アース線が長いとインダクタンス成分が作用し、減衰特性を低下させる恐れがあります。

また、入出力配線は結束したり近づけて配線しないようにするのも重要です。入出力配線が近いと高周波ノイズ成分がフィルタを迂回してしまうため、目的のフィルタリング効果が得られなくなってしまいます。

参考文献
https://www.sanwa.co.jp/product/ex/noisefilter.html
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-noise-countermeasures-lesson-1
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-noise-countermeasures-lesson-3
http://energy-kanrishi.com/noise-filter/
https://www.cosel.co.jp/technical/productinfo/0013.html
https://www.cosel.co.jp/technical/productinfo/0012.html

ノイズフィルタのメーカー情報

ノイズフィルタのメーカー23社一覧


ノイズフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 株式会社トーキン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シーユーアイ・ジャパン
  2. 2 Sweeta Products Corporation
  3. 3 High & Low Corporation

歴史のある会社

  1. 1 KEMET Corporation
  2. 2 SCHURTER Pte. Ltd.
  3. 3 オムロン株式会社

ノイズフィルタ5選

EMC-03シリーズ

株式会社シーユーアイ・ジャパン EMC-03シリーズ 画像出典: 株式会社シーユーアイ・ジャパン公式サイト

特徴

EMC-03シリーズは入力電圧がAC85〜305Vまで幅広く使用できるノイズフィルタです。

小型なモデルですので制御盤野中などの狭いところでもあまり場所を取らずに設置することができます。またCISR22/EN55022ClassBにも適合しているので海外でも問題なく使用することができます。

また、温度帯も-40℃〜85℃までの幅広い温度特性を持ち合わせています。そのためAC電源部のノイズフィルターとして幅広分野で使用することができます。

株式会社シーユーアイ・ジャパンの会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区白金台2-11-8 永昌高輪台ビル8F
  • URL: https://japan.cui.co.jp/
  • 創業: 2009年
  • 従業員数: 4人

製品を見る

EMI/EMP コネクタ

タイコエレクトロニクスジャパン合同会社 EMI/EMP コネクタ 画像出典: タイコエレクトロニクスジャパン合同会社公式サイト

特徴

EMI/EMP コネクタはコネクタータイプでありながら高いEMI及びEMP保護性を持っています。

現在のように多くの工場やプラントが自動化され、多くのパラメーターを電気信号で受信、変換して表示して制御に用いている場合はノイズが大きな問題です。そのためこのようなコネクタでノイズフィルタとして使えるのは省力化の概念からも大きな利点があります。

また内部にダイオードを組み込むことでコネクタ内部をか電圧から保護することができ、コネクタ単位で回路を保護することができます。

タイコエレクトロニクスジャパン合同会社の会社概要

製品を見る

FTAシリーズ

コーセル株式会社 FTAシリーズ 画像出典: コーセル株式会社公式サイト

特徴

FTAシリーズ同メーカの他の製品と比べて設置面積が小さく省スペース化が期待できる製品です。また、電圧も三相500Vという高電圧に対応しているので制御盤だけでなく動力盤でも使用することができる製品です。

製品ラインナップが非常に広く、40Aの電流から150Aという高電流に対応できる製品まで幅広い製品ラインナップを備えています。

さらにノイズに備えていろいろなオプションを備えており、停電流漏洩と高減衰に対応した製品や、200V給電に対応した製品なども選ぶことができるので、いろいろな分野で使用できます。

コーセル株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 富山県富山市上赤江町一丁目6番43号
  • URL: https://www.cosel.co.jp/
  • 創業: 1969年
  • 従業員数: 685人

製品を見る

S8V-NF

オムロン株式会社 S8V-NF 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

S8V-NFはDINレール対応のノイズフィルターです。そのため、制御盤の内部に取り付けるのに最適なノイズフィルターです。

また、取り付けもワンタッチ方式なのでDINレールや本体に負荷がかからず、簡単に取り付けができるので安全性も非常に高い製品です。配線接続もプッシュイン方式を用いているので、感電の危険などを減らせるので配線もし安い製品です。

ただし、基本的に使用電圧は定格でACもしくはDCで250V、電流も製品によりますが3Aもしくは6Aとなるので、高電圧、高電流には対応していないので注意が必要です。あくまでも機器の制御などに使う機器用のノイズフィルターです。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

RPE

TDKラムダ株式会社

特徴

RPEは汎用型の電源ライン用EMCフィルターです。IECインレットに取り付けるタイプのノイズフィルタで、汎用製品としての位置付けなので幅広い分野で用いることができます。

減衰特性としては対称波、成分非対称波の両方に有効な減衰特性を発揮します。また、UL1283やEN60939-1/-2などの海外の安全規格も取得しているので海外向けの制御盤や機器でも問題なく使用できます。

幅広い分野での使用、さらに海外で使用するのであれば最適なノイズフィルタです。

TDKラムダ株式会社の会社概要

製品を見る

ノイズフィルタの119製品一覧

ノイズフィルタのオンライン購入


モノタロウでチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック


秋月電子通商でチェック

ノイズフィルタの中古品


株式会社メジャーでチェック


ヤフオクでチェック


ジモティーでチェック

関連記事

カテゴリから探す