株式会社日本ピスコ
株式会社IBS
東横化学株式会社
オリオン機械株式会社
CKD株式会社

【2021年版】真空フィルタ メーカー11社一覧

真空フィルタのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空フィルタとは

真空フィルタは真空ラインに取り付けるフィルタで大気中の水やホコリやチリを捕集します。水やホコリなどが真空ポンプに混入すると装置の損傷や劣化につながるため、ラインへの真空フィルタの取り付けは重要です。

用途に適した真空フィルタの選定が重要

真空ラインの大きさに応じて様々な種類の真空フィルタが販売されています。内部のメッシュを洗って再利用できるタイプと使い捨てのタイプやダストケースの大きさが異なるものなどが販売されています。なおフィルタごとに水やダスト、油分など物質によって捕集性能は異なります。

真空フィルタの使用用途

真空フィルタは減圧、真空引きするラインで用いられます。研究開発用の小さなポンプ、真空ラインに向いている真空フィルタから、大きなライン、ポンプで長期間使用できるフィルタまで販売されています。

また真空度を安定させたい場合に用いる取り付け時の配管抵抗が小さいタイプのもの、大きなサイズで大量のダストを吸引する可能性がある真空ラインに適した、ダストケースが大きく、大量のダストを捕集できるタイプの真空フィルタも販売されています。

真空フィルタの原理

真空フィルタは減圧時に吸引する空気に含まれる水やダストを除去するフィルタです。フィルタの中には膜やルーバなどが取り付けられており、吸引する空気の流れによるサイクロン効果、遠心力による効果とろ過の効果によって水やダストなどをラインから除去します。真空フィルタは様々なネジ径のものが販売されているので、使用する真空ラインのネジ径に合ったものを選定します。

真空フィルターは定期的な交換が必要

真空フィルタを使用し続けると水やダストがケース内に溜まっていくため、一定期間ごとにケースまたは真空フィルタ全体の交換が必要です。ダストケースの容量が大きいほどフィルタ交換の頻度は少なくなるので、連続的に真空状態を保つ系においては大きなダストケースを備えた真空フィルタの使用が推奨されます。またダストケースをワンタッチで外せるタイプのフィルタもあり、交換作業時にダストの飛散を防ぐことができます。

真空システムをハイサイクル化するなら小型フィルタ

真空フィルタの中には小型のフィルタもあります。小型のフィルタは真空ホースに直接つなぐことができるほか、真空システムのハイサイクル化にとっても非常に有効です。

参考文献
https://www.ckd.co.jp/kiki/jp/product/detail/77/VFA
https://www.pisco.co.jp/product/detail/j/j03/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/mech/M3400000000/M3404000000/
http://www.schmalz.co.jp/products/vacuum-components/filter-connection/vacuum-filter.html

真空フィルタのメーカー情報

真空フィルタのメーカー11社一覧


真空フィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 CKD株式会社
  2. 2 オリオン機械株式会社
  3. 3 クアーズテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ソルバーグ・インターナショナル・ジャパン株式会社
  2. 2 シュマルツ株式会社
  3. 3 株式会社IBS

歴史のある会社

  1. 1 クアーズテック株式会社
  2. 2 日本化学機械製造株式会社
  3. 3 CKD株式会社

関連記事

カテゴリから探す