日本ジェネティクス株式会社
ワケンビーテック株式会社
プロメガ株式会社
フナコシ株式会社
ビーエム機器株式会社

【2021年版】フィルターチップ5選 / メーカー11社一覧

フィルターチップのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フィルターチップとは

フィルターチップとは、内部にフィルターがついているピペットチップです。

ピペットは、液体試料を量り取るための器具です。ピペットチップは、ピペット本体に取り付けて実際に液体を取り込む先端部分で、通常使い捨てです。

フィルターチップは、液体を吸いすぎた場合に、ピペット本体内部にサンプルの液体や蒸気が入ることを防いで、2種類の試料が混ざってしまう「クロスコンタミネーション」を防止します。

フィルターは、空気は通しますが、液体は通さないので、ピペットの機能を損なうことなく液体の吸引・吐出が可能です。

フィルターチップの使用用途

フィルターチップは、ピペットを汚染する恐れのあるサンプルを扱う場合や、クロスコンタミネーションの影響を受けやすいアッセイを行う場合に用います。

クロスコンタミネーションの影響を受けやすい例としては、放射性同位元素を使用する場合やPCRなどDNA、RNAを用いる場合などが挙げられます。

ピペットを汚染する恐れのあるサンプルとは、揮発性物質、放射性物質、腐食性物質、バイオハザード(病原性微生物や遺伝子組み換え体)などです。

フィルターチップの特徴

フィルターチップに使われるフィルターは、一般にポリエチレン製で、疎水性です。

メーカーや製品により、高密度ポリエチレン、疎水性ポリプロエチレン、超高分子ポリエチレン多孔質シート、特殊疎水性多孔質フィルター、超高分子量ポリスチレンメンブレンなどが使用されています。

空気は通しますが、液体は通さないので、液体試料を吸い込みすぎても(オーバーピペッティング)、ピペット本体内に入ることがありません。

また、エアロゾルがチップコーン(ピペットの下部パーツの一つ)に入り込むことを阻止します。エアロゾルとは、気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体です。

液体がフィルターに接触するとフィルターがブロックされるセルフシーリングバリアタイプと、セルフシーリングではないタイプがあります。どちらもクロスコンタミネーションを防止することができます。

液体がフィルターに達しても湿潤によるブロックが起こらないフィルターでは、試料の回収が可能です。 

参考文献
https://e-ny.net/33385
https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/pipetting-guide3/
http://www.labstuff.jp/product/page0303.html
https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89-112705
https://www.bmbio.com/product/tabid73.html?pdid1=23-0201
https://www.jaast.jp/new/about_aerosol.html
https://www.watson.co.jp/product/pipette/filtertip.html 

フィルターチップのメーカー情報

フィルターチップのメーカー11社一覧


フィルターチップのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トーホー
  2. 2 関東化学株式会社
  3. 3 深江化成株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 プロメガ株式会社
  2. 2 メトラー・トレド株式会社東京本社
  3. 3 ワケンビーテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 フナコシ株式会社
  2. 2 関東化学株式会社
  3. 3 株式会社トーホー

フィルターチップ5選

ハイパーフィルターチップ

深江化成株式会社 ハイパーフィルターチップ 画像出典: 深江化成株式会社公式サイト

特徴

ハイパーフィルターチップは、深江化成株式会社が製造するフィルターチップです。

特殊疎水性多孔質フィルターであるハイパーフィルターが採用されており、エアゾルやDNAなどが試料に混入することが防がれ、人為的なミスによるチップ上部への試料のオーバーフローも防がれます。

ハイパーフィルターには耐薬品性があり、成分の溶出などはありません。

10μL・20μL・100μL・200μL・1000μL・1200μLの容量のものがあります。

深江化成株式会社の会社概要

製品を見る

FastGene™ 10 μL ショート 低吸着フィルターチップ ST 9

日本ジェネティクス株式会社 FastGene™ 10 μL ショート 低吸着フィルターチップ ST 9 画像出典: 日本ジェネティクス株式会社公式サイト

特徴

FastGene™ 10 μL ショート 低吸着フィルターチップ ST 9は、日本ジェネティクス株式会社の製造するフィルターチップです。

液体やエアゾルによる試料の汚染を防ぐため、PCR阻害剤を含まない超高分子量ポリエチレン(UHMW)製のフィルターを内蔵しています。

チップ本体の吸着性が抑えられており、試料の回収率の向上やピペッティング精度の向上が図られています。

DNase・RNase・ヒト由来DNA・PCR阻害剤の混入が無いことが確認されています。

日本ジェネティクス株式会社の会社概要

製品を見る

MultiMax バリアーチップ

ワケンビーテック株式会社 MultiMax バリアーチップ 画像出典: ワケンビーテック株式会社公式サイト

特徴

MultiMax バリアーチップ(フィルターチップ)は、ワケンビーテック株式会社が製造するフィルターチップです。

チップへの試料の吸着を抑える処理が施されており、液切れを改善するため開口部の直径が小さくなるよう設計されています。

試料によるピペットの汚染を防ぐため、超ミクロポアのフィルターが備えられており、人為的なミスにより試料がフィルターに達しても、フィルターが膨潤しないため、試料を回収することが可能です。

ポリプロピレン製でγ線滅菌済であり、DNase・RNaseの混入が無いことが確認されています。

ワケンビーテック株式会社の会社概要

製品を見る

フィルタチップ

メトラー・トレド株式会社東京本社

特徴

メトラー・トレド株式会社の製造するフィルターチップは、100%焼結ポリエチレン製のフィルターを持ち、これによりピペット本体へのエアゾルや液体の吸収が抑制されます。

サンプルの吐出性・ピペッティング精度の向上を図るため、先端に向かって細くなり、開口部の直径が小さくなるよう設計されています。

様々なサイズのものが利用可能であり、いずれについても、ヒト由来DNA・DNase・RNase・パイロジェン・ATP・PCR阻害剤が無いことが確認されています。

メトラー・トレド株式会社東京本社の会社概要

製品を見る

エアロゾールバリヤーチップ

プロメガ株式会社 エアロゾールバリヤーチップ 画像出典: プロメガ株式会社公式サイト

特徴

エアロゾールバリヤーチップは、プロメガ株式会社の製造するフィルターチップです。

エアゾルが原因となる試料の汚染を防ぐためのフィルターが付いており、密閉性と液切れの良さを高めるため、疎水性の高い不活性プラスチックHDPEが素材として使われています。

滅菌済であり、RNase・DNaseが含まれないことが確認されており、プラスチックケースに並べられ密封包装されており、多くのピペッターに適合します。

プロメガ株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都東京都中央区日本橋大伝馬町14-15 マツモトビル8F
  • URL: https://www.promega.co.jp/
  • 創業: 1995年
  • 従業員数: 41人

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す