株式会社日本ピスコ
日本無機株式会社
SMC株式会社

【2021年版】ミストセパレータ5選 / メーカー13社一覧

ミストセパレータのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ミストセパレーターとは

ミストセパレーターは空気中のミスト状(細かい霧状)の水分や油分を取り除くために使用されています。

一般的にミストセパレーターと呼ばれるものが使用されるのは、コンプレッサで圧縮された空気を送るラインです。

コンプレッサーは大気よりも何倍も空気を圧縮するので空気中の水分が凝縮します。これらの水分や油分は機器の故障などに繋がるので、ミストセパレーターにより分離してから必要な箇所に圧縮空気を供給します。

圧縮空気の品質を上げる為にも、ミストセパレーターは無くてはならない存在なのです。

ミストセパレーターの使用用途

ミストセパレーターは圧縮空気の品質を向上させるために使用されますが、主として計装空気として用いられる圧縮空気に用いられます。

圧縮空気で動作するシリンダ等に水分が入ると錆などの原因になるので必ずミストセパレーターで細かい水分を除去します。ただし油分が必要な場合は、ルブリケータと呼ばれる別の部品で油分だけを供給する事もあります。

また、食品工場でもミストセパレーターは重要です。圧縮空気の品質はJIS B 8392に規定されていますがその中で食品工業に使用する圧縮空気の品質も定められています。

その為にもミストフィルタは非常に重要なものとなってくるのです。

ミストセパレーターの原理

ミストセパレーターはミストを除去するための細かいフィルターと除去したミストを溜めるボウルからできています。

ミストセパレーターの性能を決めるのは細かいフィルターの部分なので、フィルターのろ過度によりその性能が決定します。もちろん細かいほど性能は高いのですが、その分詰まるのも早いので選定の際は圧縮空気の品質を見極めて慎重に選定する必要があります。

特に一般的には目の粗いフィルターと段階的に組み合わせていく事で、効率的に圧縮空気の品質を上げる事が可能です。

また、フィルターが細かすぎるとその分機器の値段も高く、メンテナンスコストもかさむのでJIS B 8392を参考に圧縮空気を使用しているラインで、どの程度の品質が求められているのかよく確認する必要があります。

ただし注意しなければならないのはミストセパレーターはあくまでもミストを分離するだけの機器であるので、圧縮空気中の匂いは除去できません。

例えば食品工場などでその匂いも気になる場合は、活性炭フィルターなどを使用する必要があります。

参考文献
https://www.tlv.com/ja/contact-us/faq/100000/100000-008/no-60042/
https://www.smcworld.com/products/ja/s.do?ca_id=321

ミストセパレータのメーカー情報

ミストセパレータのメーカー13社一覧


ミストセパレータのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 SMC株式会社
  2. 2 CKD株式会社
  3. 3 ヤマト科学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エステック21
  2. 2 Xinxiang Zhongyue Filter Co., Ltd.
  3. 3 日本スリーエム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 東洋計器株式会社
  3. 3 日本無機株式会社

ミストセパレータ5選

ミストセパレータ

脱臭装置株式会社

特徴

汎用高性能ミスト除去装置 ミストセパレータは、通気抵抗が196Paと圧力損失が少ないタイプであり、送風設備にかかる負荷を低減できるミストセパレータです。処理対象の気体から微粒子や水滴を除去することができ、設備性能の維持・循環液式洗浄塔における排気ガス処理などに用いられています。

プラスチック系材料を採用したことで高い耐腐食性を実現しており、本体およびエレメントが錆びる心配はありません。エレメントの洗浄・再生が簡単に行えるため、メンテナンスにかかるコストを抑えることに成功しています。

脱臭装置株式会社の会社概要

製品を見る

マイクロミストフィルタ

株式会社日本ピスコ マイクロミストフィルタ 画像出典: 株式会社日本ピスコ公式サイト

特徴

マイクロミストフィルタは、主に圧縮空気中の微小な異物やオイルミストの除去に用いられるミストセパレータです。ろ過度0.01µm、捕集効率は99%と強力なミスト除去能力を備えているので、微小粒子も徹底的に取り除くことができます。

ボウルガードに金属ではなくプラスチック系の素材を採用したことで耐腐食性が向上しており、使用環境を選びません。ドレンの排出方式はマニュアル式とオートドレン式の2種類が用意されているため、用途に応じて適切なタイプを選択できます。

株式会社日本ピスコの会社概要

製品を見る

ミストエリミネーター

株式会社エステック21 ミストエリミネーター 画像出典: 株式会社エステック21公式サイト

特徴

ミストエリミネーターは、形状やろ材・エレメント材質のラインアップが豊富で幅広い用途に対応できるミストセパレータです。具体的な導入事例としては、硫酸プラントや化学プラントなどの各種プラント、製紙工場・壁材コーティング作業などが挙げられます。

形状は3種類から選択でき、メッシュ型およびベーン型は内部衝突や直接遮断効果を用いて粒子を補足するタイプで、1µm以上と比較的大きいサイズのミスト除去に適しています。キャンドル型はブラウン運動を利用して粒子を除去するタイプであり、1µm未満の極小粒子に対しても使用可能です。

株式会社エステック21の会社概要

製品を見る

スーパーミストセパレータ

SMC株式会社 スーパーミストセパレータ 画像出典: SMC株式会社公式サイト

特徴

スーパーミストセパレータ AMEシリーズは、オイル潤滑圧縮空気に対して使用することでオイルレス相当の清浄な空気に変換できるミストセパレータです。

エアロゾルとして存在する油分の分離・吸着に適しており、ろ過度は0.01µmで、微小な粒子であっても99.9%と高効率で捕集できます。

排出空気のオイルミスト濃度は約0.008ppm以下と低濃度であり、わずかな油分の混入も許されないクリーンルーム用・塗装ライン用圧縮空気のろ過用途に使用可能です。

SMC株式会社の会社概要

製品を見る

オイルミストフィルタ

CKD株式会社 オイルミストフィルタ 画像出典: CKD株式会社公式サイト

特徴

CKD製のオイルミストフィルタは、空気圧ラインの油分やオイルミストを効率よく捕集できるミストセパレータです。主に計測・計装をはじめとした、油分を取り除く必要がある回路において利用されています。

エレメントの劣化を放置すると加工精度が低下したり後段の機器が故障したりといった問題の原因となりますが、差圧スイッチで性能低下を察知できるため見逃す心配はありません。

二次電池製造工程やクリーンルーム内での使用に対応できる、特殊な仕様の製品も用意されています。

CKD株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す