ニッタ株式会社

【2021年版】プレフィルタ メーカー17社一覧

プレフィルタのメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プレフィルタとは

プレフィルターとは、大気もしくは液体の濾過で上流過程に使われる比較的目の粗いフィルターです。液体の濾過にもプレフィルターは利用されますが、一般的には大気中の汚染物質を除去するエアフィルタを指す場合が多いです。通常、チリやホコリなどの汚染物質を除去する際は、高性能なフィルターとプレフィルターを用いることで、フィルターの長寿命化と効率化に貢献しています。こうした理由からプレフィルターは、比較的安価であり様々な材質のフィルターが存在します。

プレフィルタの使用用途

プレフィルターは主に大気中の汚染物質を除去し、空気の清浄化を目的に使用されます。ただ、プレフィルター単体で使用されることはなく、プレフィルターより孔径の小さい高性能なHEPAフィルターなどとセットで使われます。これはミクロンサイズの微粒子や粉じんを捕捉する高価なフィルターの寿命を延ばす工夫の一つです。一般的なプレフィルターが捕捉できる最小粒径は5μm程度とされています。これはあくまで参考値であり材質や製品により異なるため、製品情報の確認は必須になります。

プレフィルタの特徴

プレフィルターはチリやホコリなど汚染物質の捕捉を目的に使用されていますが、洗浄可能なものから使い捨てのフィルターまで様々な種類が存在します。また、材質もポリエステルやガラスファイバー、ステンレスなど用途に応じて使い分ける必要があります。ここでは、再生用と使い捨て用、塗装ブース用に分けてそれぞれの特徴を説明します。

  • 再生用プレフィルター
    洗浄をすることで再利用が可能なフィルターで、合成繊維不織布製などが存在します。外気処理や中性能フィルターに適しており、数回の洗浄まで耐えられます。
  • 使い捨て用プレフィルター
    一定の使用期間で捕集能力が低下するため、定期的な交換が必要です。使い捨て用途に最適なため、外気処理に用いられることが多くなっています。
  • 塗装ブース用プレフィルター
    10μm以上の大きな粒子やチリを除去する目的で使用されます。上記2種類のフィルターの捕集効率は80%程度ですが、塗装ブース用は98%以上が一般的です。

参考文献
http://www.ace-cl.jp/product/filter-pre
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/185/
http://www.kankyotec.toyobo.co.jp/business/le/pre.html

プレフィルタのメーカー情報

プレフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 メルクKGaA
  2. 2 ニッタ株式会社
  3. 3 日本スピンドル製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ミドリ安全エア・クオリティ株式会社
  2. 2 株式会社ジャパンアイビック
  3. 3 株式会社エース

歴史のある会社

  1. 1 メルクKGaA
  2. 2 ニッタ株式会社
  3. 3 日本スピンドル製造株式会社

プレフィルタのメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す