産業用製品比較のメトリー
メトリー
豊和工業株式会社
甲南電機株式会社
株式会社ニューエラー
株式会社コガネイ
株式会社TAIYO
フエスト株式会社
エヌエスディ株式会社
エアタック国際グループ
SMC株式会社
NKE株式会社
CKD株式会社

【2020年版】シリンダ メーカー18社・90製品一覧

シリンダのメーカー18社・90製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリンダとは

シリンダとは、主に空圧や油圧などの駆動源から供給される圧力を、パスカルの原理を利用したシリンダ内の機構により、推力を得ると同時に増幅させる機器です。

増幅させた推力により、生産設備の駆動部にて直線の往復運動や回転の揺動運動に用いられ、主に空圧を駆動源とした空圧シリンダ(エアシリンダ)は、自動車、半導体、食品工業などで利用され、油圧を駆動源とした油圧シリンダは、建設機械、重機、プレス機器など、さまざまな分野で利用されています。

シリンダの使用用途

空圧シリンダで使用される圧力が0.5MPa程度である場合、直線の往復運動や回転の揺動運動など、人間の力に近い作業を容易に実現できます。

空圧シリンダは、自動車、半導体、食品工業などの生産工場において、省力化や自動化を目的としたワークの持ち上げ、移動、所定の位置に置くなど、容易且つコンパクトに自動化装置を実現するとともに、さまざまな組立や搬送などの動作に利用されています。

油圧シリンダは、空圧シリンダで利用される場面と比較して高い推力が得られるため、建設機器や重機などで利用されています。

シリンダの原理

シリンダは、主に空圧や油圧の駆動圧を給排気する気口が設けられ、これらの給排気口から供給された圧力がシリンダ内部のピストンとロッドをパスカルの原理によって前後させて、推力に変換する機構で構成されています。

給排気口から供給された圧力をシリンダ内部で給気と排気を繰り返すことで、シリンダ内部のピストンとロッドの往復運動を実現しており、給排気口に供給される圧力が空圧の場合、小~中レベルの推力が得られ、油圧の場合、中~大レベルの推力が得られます。

一般的なシリンダは、シリンダ内部に圧力を給排気する気口が設けられており、この給排気口が一つの場合を単動式、この給排気口が二つの場合を複動式に分けられます。

単動式は圧力をかける給排気口が一つあり、この給排気口に圧力をかけるとピストンのロッドが動き、給排気口から圧力を排気するとロッドが戻ります。

複動式は圧力をかける給排気口が二つあり、それぞれの給排気口から給気と排気を入れ替えることでピストンのロッドが往復運動します。

参考文献
https://www.ipros.jp/technote/basic-hydraulic5/
http://www.blackhawk.co.jp/pdfs/HAYDRAULIC_TEXT-25P.pdf
https://www.konan-em.com/sanki_data/products/2224.pdf

シリンダのメーカー情報

シリンダのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 フエスト株式会社
  2. 2 SMC株式会社
  3. 3 CKD株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 クロダニューマティクス株式会社
  2. 2 エアタック国際グループ
  3. 3 ヒロタカ精機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 豊和工業株式会社
  2. 2 株式会社TAIYO
  3. 3 株式会社コガネイ

シリンダのメーカー18社一覧


シリンダの90製品一覧

シリンダのオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器