【2021年版】ファイバースコープ メーカー4社一覧

ファイバースコープのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ファイバースコープとは

ファイバースコープ

ファイバースコープとは、内視鏡の一種で、別名工業用内視鏡や医用内視鏡とも呼ばれ、自在に曲げて変形することができるスコープの先端に非常に小さなデジタルカメラが付いた構造をしています。

一般的な管内検査のカメラと比較して、カメラの径が非常に細いにもかかわらず、画質の精度が高いことと、先端部分を自在に可動させることができることが特徴です。

先端部の外径や、ケーブルの長さを変えることができるため使用用途に合わせた仕様にすることで作業時の使用効果を高めることが出来ます。

ファイバースコープの使用用途

ここで、ファイバースコープの使用用途について説明します。

ファイバースコープは、直接目視で確認することが出来ない、狭く入り組んだ構造物の内部や、管内などに対して、検査や観察するために使用されています。
具体的には、配管やダクトの内部や、建築物の構造上目の届かない場所について用いられています。

この他にも、検査を目的として用いられる内視鏡などの医療機器として使用されています。極小サイズのカメラと自在に曲げることができる先端部をいかして体の内部で、例えば腸内や胃の検査などをするための内視鏡として用いられています。

狭く入り組んでいる臓器の場合は、直接目で見ることが出来ず、カメラやチューブの外径が大きいと臓器の壁などにぶつかって細胞を損傷してしまうリスクがありますが、ファイバースコープのカメラは極小サイズで先端部分も自在に可動できるので安心して使用できます。

ファイバースコープの原理

続いて、ファイバースコープの原理について説明します。

ファイバースコープは、接眼レンズと先端部分の対物レンズを数千から数万という単位の光ファイバーが集束した部分でつないだ構造をしており、この光ファイバーの束でできた画像伝送用のイメージガイドを通じて、直接的に目視で観察することができます。

また、光ファイバーは軟性で自在に折り曲げて動かすことができる性質であるため、先端部分が可動できるので、使用時に自由な動きをすることができます。

参考文献
https://www.rex-rental.jp/feature/18/fiberscope_inpipecamera
https://www.olympus-ims.com/ja/knowledge/remote-visual/industrial-fiberscopes/
https://www.olympus.co.jp/technology/museum/endo/fiber.html?page=technology_museum
https://www.shodensha-inc.co.jp/solution/fiber-scope/

ファイバースコープのメーカー情報

ファイバースコープのメーカー4社一覧


ファイバースコープのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社近藤研究所
  2. 2 株式会社ミルス・システムズ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社メジャー
  2. 2 株式会社近藤研究所
  3. 3 株式会社ミルス・システムズ

歴史のある会社

  1. 1 ドリームメーカー株式会社
  2. 2 株式会社近藤研究所
  3. 3 株式会社ミルス・システムズ

関連記事

カテゴリから探す