浜松ホトニクス株式会社
株式会社京都セミコンダクター
株式会社ユニテク
株式会社オプトランス
新光電子株式会社
岡谷電機産業株式会社
大同特殊鋼株式会社
ローム株式会社
スタンレー電気株式会社
シャープ株式会社
サンケン電気株式会社
コーデンシ株式会社

【2021年版】赤外LED5選 / メーカー26社一覧

赤外LEDのメーカー26社・93製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


赤外LEDとは

赤外線LEDは、赤外線は700~1500 nm程度の近赤外光を発することができるLEDです。赤外線は非常に透過性が高く、障害物などの影響を受けにくいという性質があり、人間の目にも見えないので、信号の送受信や各種センサー、暗所での光源などに使われることが多い波長です。赤外光の発生源としては他にもレーザーなどがありますが、LEDは大量生産が可能で、長寿命かつ衝撃にも強く、価格も安いというメリットがあります。

赤外LEDはリモコンや防犯カメラの光源として利用される

日常生活で最も身近なのは、テレビやエアコンなどのリモコンです。他にも防犯カメラなどで、夜間の撮影には赤外線LEDを搭載したカメラが用いられることもあります。また赤外線は透過率が高く、障害物の影響を受けにくいことから測定光として用いられることも多く、最近では、光を使った最新の測距技術であるLiDARやTOFカメラの光源として採用されることもあります。また、赤外線は水に吸収されやすいという性質から、試料中の水分測定などに用いられることもあります。

赤外LEDはp-n接合した半導体に電場を加えて赤外線を出力する

LEDの発光原理は波長によらず共通しており、半導体のp-n接合によるものです。p型半導体は、電場をかけると正孔(ホール)が移動し、一方n型は電子の移動が起こります。エネルギ的にはn型半導体に存在している電子のほうが高く、p型半導体のホールが存在するエネルギーバンドとギャップが生じています。ここに電場を加えて電子、ホールに摂動を与えると、n型のエネルギーバンドからp型のエネルギーバンドへ電子の遷移が起こり、電子とホールが衝突した際にエネルギーギャップに対応した光と熱を生じて消滅します。エネルギーバンドのギャップの大きさは、それぞれの半導体の組成によって異なるので様々な素材を組み合わせれば発光する光の波長をチューニングすることができます。近赤外帯の波長を出力するには、ヒ化アルミニウムガリウム(AlGaAs)がよく用いられます。一般に、赤外線LEDは可視光領域のLEDはに比べて、発光効率が悪いという課題もあります。

赤外LEDライト

赤外LEDを使用した製品の代表として、赤外LEDライトがあります。以下に代表的なタイプを紹介します。

  • 投光器
    撮影や看板などのライトアップ、夜間でも使用する屋外施設の照明に用いられるレンズや反射板をつかった照明器具です。赤外LEDを複数個使用するタイプが多く高出力タイプを20個以上搭載するものもあります。
  • ハンディライト
    懐中電灯と呼ばれることも多いです。赤外LEDの特徴である暗所での透過性を最大限に生かすほか40個以上の赤外LEDを使用している場合でも重量が軽く、また暗さによって点灯個数を切り替えるなど使い勝手も従来のハンディライトより向上しているようです。
  • 小型暗視ライト
    暗闇の中での撮影などに使える小型タイプのものが販売されています。撮影に使用する事が想定されるため、光ムラが無いように一灯だけ高出力のものを搭載している場合が多いです。単三乾電池1本で動作し、最大15mの距離を照射できる性能で本体重量は60gにも満たない携帯性に優れたタイプです。

赤外LEDテープ

最近、お部屋のインテリアなどで注目されている赤外LEDの新しい使い方です。テープに一定間隔で赤外LEDを付けて点灯させるもので、反対側が粘着面となっていて簡単に貼り付けることが出来るようになっていたり、防水加工が施されていたり狭い場所でも使えるよう3mm以下の細さになっているものなど多種多様なタイプが販売されています。

リモコン

ほとんどの家電製品のリモコンの送光部に赤外LEDが使われています。最近では人気のCPUボードであるRaspberry Piと
赤外LEDを組み合わせて複数の家電を簡単に操作できるような事が出来る情報がWeb上で人気になっています。

参考文献
http://www.led.or.jp/publication/handbook/pdf/ledHandbook_01_Kiso.pdf
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/glossary_sa/infrared_LED.html
http://www.optocode.co.jp/level4/SW/HTML/SW2_2.html
https://www.sousin.net/shopbrand/ct165/
https://www.akiba-garage.com/shopdetail/000000004045/
https://www.indoorcorgielec.com/resources/raspberry-pi/python-pigpio-infrared/

赤外LEDのメーカー情報

赤外LEDのメーカー26社一覧


赤外LEDのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オン・セミコンダクター
  2. 2 ローム株式会社
  3. 3 スタンレー電気株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 DOWAエレクトロニクス株式会社
  2. 2 株式会社ユニテク
  3. 3 株式会社オプトデバイス研究所

歴史のある会社

  1. 1 アンリツ株式会社
  2. 2 シャープ株式会社
  3. 3 大同特殊鋼株式会社

赤外LED5選

L12509-0155G

浜松ホトニクス株式会社 L12509-0155G 画像出典: 浜松ホトニクス株式会社公式サイト

特徴

赤外LED L12509-0155Gシリーズは、ピーク発光波長1.55μmの高出力を実現した表面実装型の赤外LEDです。

特徴として、ピーク発光波長が大きく、光出力が高いことや、コンパクトな表面実装型パッケージであることや、はんだ付けが鉛フリーリフローに対応していることなどがあります。

主な用途として、InGaAsフォトダイオードと組み合わせて使用することに向いており、ガス検知や分析機器、近赤外照明などに使用することが出来ます。

浜松ホトニクス株式会社の会社概要

製品を見る

KD1299

新光電子株式会社 KD1299 画像出典: 新光電子株式会社公式サイト

特徴

赤外LED KD1299シリーズは、メタルパッケージにプレーナータイプのシリコンフォトダイオードチップを組み込んだ受光素子です。

主な仕様は、動作温度はマイナス25度から125度で、応答時間は2.0μsから2.5μsとなっています。

製品の特長として、ピーク発光波長900nmと感度が高いフォトダイオードであることと、TO-18メタルパッケージで性能と信頼性に優れていることなどがあります。

主な用途として、フォトセンサ用や光電スイッチ用の受光素子に用いることができます。

新光電子株式会社の会社概要

製品を見る

MHN1105MS(935nm)

スタンレー電気株式会社 MHN1105MS(935nm) 画像出典: スタンレー電気株式会社公式サイト

特徴

赤外LED MHN1105MSシリーズは、狭配光ドームレンズタイプのパッケージで、主な仕様は、ピーク波長945nmで、順電流1000mA、順電圧2.90Vです。

製品の特長として、従来製品と比較して1.7倍の放射強度750mWのハイパワータイプという点や、動作範囲がマイナス40度から125度と広い点や、鉛フリーはんだ耐熱に対応している点などがあります。

また、車載対応や、Pb-Free HEAT、RoHS規格などの各種規格に準拠しています。

主な用途として、車載アプリケーションや、監視カメラやTOFカメラなどの補助光源や、セキュリティ機器などで使用することが出来ます。

スタンレー電気株式会社の会社概要

製品を見る

SEC1G03C

サンケン電気株式会社 SEC1G03C 画像出典: サンケン電気株式会社公式サイト

特徴

赤外LED SEC1G03Cシリーズは、赤外色の表面実装型LEDで、インナーレンズタイプとなっています。

主な仕様は、レンズ色は無色透明で、ピーク波長が850nm、動作温度がマイナス30度から85度、指向性が60degとなっており、高い信頼性を有しています。

また、RoHS規格や鉛フリーフローはんだに対応しています。

主な用途として、通信機器やセンサ、赤外光源などのアプリケーションに使用することができます。

サンケン電気株式会社の会社概要

製品を見る

AS8K215GY30M

アンリツ株式会社 AS8K215GY30M 画像出典: アンリツ株式会社公式サイト

特徴

赤外LED AS8K215GY30Mシリーズは、光計測などの光源の用途で開発されたSLDモジュールで、レーザーダイオードと同等の発光面からの出射角となっており、シングルモードファイバに対して、得られる結合効率が高くなっています。

高出力であることや、広いスペクトル半値幅であることが特徴で、モニタPDを搭載しています。

主な用途として、工業用のセンサや光エンコーダ、光計器、光干渉断層計などに使用することが出来ます。

アンリツ株式会社の会社概要

製品を見る

赤外LEDの93製品一覧

赤外LEDのオンライン購入


秋月電子通商でチェック

関連記事

カテゴリから探す