産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社京都セミコンダクター
株式会社ユニテク
株式会社オプトサイエンス
日機装株式会社
日亜化学工業株式会社
レイトロン株式会社
スタンレー電気株式会社
コーデンシ株式会社
OptoSupply
Ligitek Electronics
LEDtronics
Jenoptik

【2020年版】紫外LED メーカー27社・28製品一覧

紫外LEDのメーカー27社・28製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


紫外LEDとは

紫外線は波長領域によってUV-A (320~380 nm)、UV-B (280~320 nm)、 UV-C (200~280 nm)の3つに分類されます。これまで、紫外線の発生源は水銀やメタルハライドなどのランプが基本でしたが、寿命が短く、安定するまで時間がかかるため、LEDのへの置き換えニーズが高い領域でした。高輝度が難しいといった点から、なかなか普及が進んでいませんでしたが、現在ではその課題も解決されつつあります。

紫外LEDの使用用途

紫外LEDは、波長帯によって異なる効果をもっているため、さまざまな用途で使われます。UV-Aは光反応によって、樹脂の効果を促進するために用いられることが多く、UV-Bでは主に医療分野で用いられることが多く、アトピー治療や光増感剤を用いたがんの光線力学治療(PDT)など広く用いられます。またUV-Cは殺菌効果が非常に高いため、冷蔵庫やエアコン、浄水器など身近な家電製品における滅菌やカビ防止や匂い防止のために使用されています。

紫外LEDの原理

他の波長のLEDはと同様に、n型・p型半導体の接合部における電子とホールの相互作用を利用しています。順方向に電場を印加すると、伝導帯の電子が価電子帯に遷移し、ホールと対消滅する際にバンドギャップに応じた波長の光を放出します。バンドギャップは半導体を構成する物質によって異なるため、組成を変えれば波長のチューニングが可能になります。通常、紫外LEDは窒化アルミニウムガリウムを用いて作製されますが、出力が低いという課題がありました。しかし、昨今の技術的進歩によって、特に高出力化が難しかったUV-Cでも出力を確保することができるようになってきました。LEDの高輝度下は、変換効率の改善だけでなく、基盤の設計を見直すことで、光の取り出しを有効的に行うといったことも行われます。以前までは、放射される光が基盤に吸収されることで損失するという構造上の問題がありましたが、基板表面にナノテクノロジーを用いた表面加工などを行うことによって、こうした問題を改善してきました。

参考文献
https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.4978855
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/lightedge/201203/100435.html

紫外LEDのメーカー情報

紫外LEDのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 スタンレー電気株式会社
  2. 2 日亜化学工業株式会社
  3. 3 Luminous

設立年の新しい会社

  1. 1 ウシオ オプトセミコンダクター
  2. 2 フェニックス電気株式会社
  3. 3 DOWAエレクトロニクス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 スタンレー電気株式会社
  2. 2 日機装株式会社
  3. 3 日亜化学工業株式会社

紫外LEDのメーカー27社一覧


紫外LEDの28製品一覧

関連記事

カテゴリから探す