【2021年版】チューブライト メーカー10社一覧

チューブライトのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


チューブライトとは

チューブライトとは、LEDロープライトのことで、多数のLED電球を等間隔で配線とともに透明で柔らかいチューブ内に連ねたLED照明器具のことを指しています。

柔らかいチューブで電球が覆われているため、非常に耐久性に優れた特徴があります。

さまざまな光の強さや光の色があるだけでなく、発光パターンも多彩な製品があります。

LEDチューブライトには、搭載するLED電球の種類や、LED電球の配置間隔や、チューブの太さや長さ、また防水加工の有無などにより、多種多様の商品が販売されています。

チューブライトの使用用途

チューブライトは、屋内外のイルミネーションの用途はもちろん、工事現場などで注意を喚起するための照明にも用いられます。

この他にも、次のような用途で使われています。

建物やフェンスや屋根のふちどりや、屋外の看板などで使われています。

曲げたり枠に沿わせたりして、文字や動物などを作成したり、クリスマスツリーや星などを作成して、飾りつけに使われています。

ショップやバーカウンターの間接照明や、ショーケースや商品棚やコレクションラックなどのディスプレイ照明にも使われています。

舞台演出や、テレビなどのスタジオや、イベントやコンサートの照明にも使われています。

チューブライトの原理

チューブライトは、柔らかい透明なチューブに、多数のLED電球を一定の等間隔で埋め込み、配線とともに密封したライトで、この柔らかいチューブでLED電球が覆われているため、耐久性に非常に優れています。

チューブライトは、イルミネーションとして利用している最中に、LED電球の一つが切れたとしても、接続されている単位LED群のLEDの全てが発光しなくなることを防ぎ、故障を少なくしているものもあります。

そのため、通常のイルミネーションと比較すると、衝撃や折れや曲がりにも強くて、屋外でも使用できます。

また、イルミネーション用のものは、製品のカット単位に応じて必要な長さに切って加工して、使用することができ、コネクタ類を使うことでさまざまな形を加工して、作成することができ、様々な方向に張ったりつり下げたりして使用可能です。

更に、チューブライトは、LED電球と配線をともに透明チューブ内に連ねているため、水に強く、ほとんど全ての製品を屋外でも使用可能です。

また、チューブライトは柔軟性があるため、自由な形で設置することができ、看板のロゴなどの形に合わせて使用可能です。

チューブライトの一部には、小さな電球を使用しているものもありますが、LEDチューブライトは長寿命で低消費電力といった面で優れています。

その一方で、LEDチューブライトには、電源回路やコントローラー機能が内蔵されていいません。

そのため、チューブの端に端子を設けて、その端子に対応する電源やコントローラーを接続して使用します。

メーカーから出荷された時に、既に端子が装着済みなこともありますが、設置施工の際には目的に応じた長さに切断して使用するケースも多く、端子をはんだ付けなどで加工が要求されることもあります。

なお、チューブライトの電源には、設置場所に応じて交流アダプターもしくは直流アダプターが使われます。

参考文献
https://www.sparkling-lights.jp/product/led-rope-light/
https://www.otsuka-shokai.co.jp/products/led/knowledge/lighting/tubelight.html

チューブライトのメーカー情報

チューブライトのメーカー10社一覧


チューブライトのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社キタムラ産業
  2. 2 株式会社RISAS
  3. 3 株式会社富士倉

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社RISAS
  2. 2 株式会社アジャスト
  3. 3 株式会社メビウス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社キタムラ産業
  2. 2 ダンレックス株式会社
  3. 3 株式会社富士倉

関連記事

カテゴリから探す