株式会社キコー技研
丸文株式会社
シンワ測定株式会社

【2021年版】ラインレーザー メーカー7社一覧

ラインレーザーのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ラインレーザーとは

ラインレーザは、建設現場や内装工事で主に使用され、現場にレーザーのラインを引くことによって、作業を行う位置を明確にする装置になります。非破壊で、跡が残らないことが特徴です。正確な位置にレーザーを当てるために、設置する地面が傾いている場合でも、水平を担保する必要があり、ジンバル式と電子正準式に分かれています。レーザーの本数が2本の製品から、数本の製品まであり、天井にまでラインを引くことができる製品もあります。

ラインレーザーの使用用途

ラインレーザは、工場や施設、住宅を建設する際の建設現場において、装置を搬入する場所の指定や、構造物を設置する場所の指定などで利用されます。また、内装工事の場合では、穴をあけるポイントの指定などで利用されます。ラインレーザの選定の際には、水平を出す機構の選択、レーザーの本数、使用する環境にラインレーザが適しているかどうかを考慮する必要があります。レーザーの色についても、環境によって見やすさが異なるため、注意が必要です。

ラインレーザーの原理

ラインレーザの動作原理を説明します。ラインレーザは、水平を出す機構とレーザー出力部で構成されています。

水平を出す機構はジンバル式と電子正準式があります。ジンバル式は、振り子が内蔵されており、その振り子が振動することによって、地球の中心点を割り出し、水平を取ります。振動がある場所では、ラインが安定しないため、注意が必要です。電子正準式は、液体と気泡がある容器が内蔵されており、その気泡の位置を測定することによって水平を取ります。高温下では、気泡が大量に発生する可能性があるため、注意が必要です。

レーザー出力部では、半導体が使用されます。半導体にエネルギーを与えると励起状態になり、励起状態から基底状態に戻ろうとする際に、光を放出します。その光を、鏡板や接合部で増幅させることによって、レーザーとして光を発します。レーザーの光の大きさは、規格によって決められており、ラインレーザには、人の目に入ってもすぐには被爆しない大きさの光が使用されます。 

参考文献
https://www.keyence.co.jp/ss/products/marker/lasermarker/basics/principle.jsp
https://jpn.tajimatool.co.jp/category/39
https://www.bildy.jp/mag/linelaser-faq-first/
https://www.bildy.jp/mag/linelaser/

ラインレーザーのメーカー情報

ラインレーザーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 丸文株式会社
  2. 2 株式会社TJMデザイン
  3. 3 シンワ測定株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 Laserline Gmb
  2. 2 株式会社キコー技研
  3. 3 エス・ティ・エス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 丸文株式会社
  2. 2 株式会社TJMデザイン
  3. 3 山真製鋸株式会社

ラインレーザーのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す