第一電子工業株式会社
株式会社アイティティキャノン
有限会社ワイテック
日本航空電子工業株式会社
日本圧着端子製造株式会社
日本コネクト工業株式会社
ハーティング株式会社
ダイトロン株式会社
サンキューテクノス株式会社
オムロン株式会社
アンフェノールジャパン株式会社
OUPIIN GLOBAL

【2021年版】Dサブコネクタ メーカー50社・154製品一覧

Dサブコネクタのメーカー50社・154製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


Dサブコネクタとは

Dサブコネクタは、コンピュータと周辺機器とを接続するためのコネクタの規格の一つです。Dサブコネクタは、外部の電磁波の干渉を抑えるためのシールド部分がアルファベットのDの形状をしていることが名称の由来となっています。

Dサブコネクタは、ピン(信号線の数)の数やサイズの異なるものが非常にバリエーションに富んでおり、20種類以上のラインナップがあります。
これらの種類の名称はピンのサイズと数で表記されます。

Dサブコネクタの使用用途

Dサブコネクタは、非常に古い規格でかつては広く使われていた規格でした。現在ではその役目をUSBに取って代わられたものの、ディスプレイなどの映像出力ではまだまだ現役で使用されています。

ディスプレイへの出力には5本のピンが3列に並んだDE-15コネクタが有名でVGA (video graphics array)端子ともよばれています。現在ではHDMIやDVI、DisplayPortなどのデジタル接続が主流になりつつありますが、汎用性が非常に高いので未だに使用されています。

Dサブコネクタの原理

Dサブコネクタは、コンタクトとハウジングという基本構造に、シェルとアイレットという部品で構成されています。コンタクトは、端子やターミナルとも呼ばれ、電気を導通させるための金属の部分を指します。ハウジングは、コンタクトが組み込まれる部分で、絶縁体でできています。

Dサブコネクタは、コンタクトとハウジングをシェルと呼ばれるケースに収納し、アイレットと呼ばれる留め具で固定しています。Dサブコネクタはプラグ側とソケット側(それぞれオス・メス)がありますが、どちらもこれらの構造は共通しています。

Dサブコネクタは、用途によってコンタクトの数(ピンの数)が異なります。最も有名なのは15ピンのDE-15で、日常で最も目にするものです。他にも産業機械などとの接続でよく使われているRS-232Cでは、9ピンまたは25ピンのDE-9やDB-25が採用されています。

Dサブコネクタでは、一本のコンタクトごとに信号の種類が振り分けられています。例えばVGA出力の際は、一番のコネクタが赤を、二番が緑、三番が青の映像出力というように各コンタクトで役割が決まっています。

参考文献
https://www.omron.co.jp/ecb/product-info/basic-knowledge-series/basic-knowledge-of-connectors/part1-connector-from-the-beginning/basics/structure-and-principle
https://pinouts.ru/Video/VGAVesaDdc_pinout.shtml

Dサブコネクタのメーカー情報

Dサブコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日本航空電子工業株式会社
  3. 3 Y-S electronic

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社ワイテック
  2. 2 スリオジャパン株式会社
  3. 3 Amphenol LTW TECHNOLOGY,CO., LTD.

歴史のある会社

  1. 1 アンフェノールジャパン株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 ダイトロン株式会社

Dサブコネクタのメーカー50社一覧


Dサブコネクタの154製品一覧

Dサブコネクタのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック

Dサブコネクタの中古品


ヤフオクでチェック

関連記事

カテゴリから探す