第一電子工業株式会社
株式会社日本ピスコ
日本航空電子工業株式会社
日本圧着端子製造株式会社
日本マルコインターナショナルグループ
ダイトロン株式会社
サンハヤト株式会社
オムロン株式会社
エイム電子株式会社

【2021年版】DSUBコネクタ メーカー12社一覧

DSUBコネクタのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


DSUBコネクタとは

DSUBコネクタは機器接続に利用されるコネクタの一規格です。

アメリカで開発され、長いあいだ主にコンピュータと周辺機器間の映像シグナル伝送用ポート、SCSI通信用接続ポートおよびプリンタ接続用ポート、あるいはゲーム機などに用いられてきました。

ピン数やピン配置の異なる複数の仕様がありますが、現在では主に研究用機器等におけるRS232規格の接続ポートやディスプレイのアナログ接続用ポートとして利用されています。

DSUBコネクタの使用用途

現在では主に次の2種類のDSUBコネクタが利用されています。

  •  DE-9(9ピン)

研究用機器等においてトリガーシグナルや信号伝のためのRS232接続ポートとして利用されています。

  •  DE-15(15ピン)

デイスプレイのアナログ接続に用いられているVGA端子に代表されます。

このほか、ゲーム等で見られるDA-15、プリンター接続用ポートとして利用されてきたDB-25、SCSI機器接続用のDC-37などがあります。

DSUBコネクタの原理

DSUBコネクタは形状とピン数およびピン配置によって、

  •  DE-9: 9ピン 2列配置
  •  DA-15: 15ピン2列配置
  •  DE-15: 15ピン3列配置
  •  DB-25: 25ピン2列配置
  •  DC-37: 37ピン2列配置

等に分類されます。

ITT Cannon(アメリカ)により1952年に開発された後、International Electrotechnical Commission(IEC)によって標準化され、映像シグナル伝送やSCSI接続などに使われるシリアルポートおよびパラレルポートに用いられてきました。

USBの普及にともないSCSI接続やプリンター接続用ポート等に利用されてきたピン数の多いDSUBコネクタの利用は減りましたが、安価でコネクタ自体の加工や配線も比較的容易なため、研究用機器におけるRS232規格のシリアルポート(DE-9)やアナログディスプレイ接続用ポート(通称VGAコネクタ:DE-15)などは現在でも使われています。

参考文献

https://contents.zaikostore.com/semiconductor/2408/

https://www.wdic.org/w/WDIC/D-sub

DSUBコネクタのメーカー情報

DSUBコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日本航空電子工業株式会社
  3. 3 日本圧着端子製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 タキテック株式会社
  2. 2 エイム電子株式会社
  3. 3 東北タツミ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 ダイトロン株式会社
  3. 3 日本航空電子工業株式会社

DSUBコネクタのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す