日本航空電子工業株式会社
マルツエレック株式会社
ヒロセ電機株式会社
ケル株式会社
オムロン株式会社
ACON
3Mジャパン株式会社

【2021年版】ハーフピッチコネクタ メーカー7社・20製品一覧

ハーフピッチコネクタのメーカー7社・20製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハーフピッチコネクタとは

ハーフピッチコネクタは、通常のフルピッチのコネクタに比べてピッチの長さが半分のコネクタになります。フルピッチのコネクタのピンの長さが2.54㎜に対して、ハーフピッチコネクタは1.27㎜になります。フルピッチのコネクタは、アメリカ軍の調達規格であるMIL規格や、ドイツの工業規格であるDIN規格に準ずる製品が主流ですが、ハーフピッチコネクタは製造会社によって、様々な規格の製品が発売されています。

ハーフピッチコネクタの使用用途

ハーフピッチコネクタは、様々な電子機器のインターフェースの役割があります。計測機器や産業用ロボット、半導体・液晶ディスプレイ製造装置、新幹線などの鉄道製品、ATM、発電設備など多くの工業製品で使用されます。様々な製造会社から独自の規格のハーフピッチコネクタが発売されているので、使用用途に適しているハーフピッチコネクタを選定することが大切になります。製品の一部として使用する際は、ハーフピッチが取り付けられているソケット側とピッチに合った穴がついているプラグ側の2つで発売されている製品を選定することをおすすめします。

ハーフピッチコネクタの原理

ハーフピッチコネクタの原理を説明します。ハーフピッチコネクタは、ピッチがついているソケット側と穴がついているプラグ側に分かれています。ソケット側は、ピッチがついているソケットコンタクト部と、コンタクトが埋め込まれる本体であるハウジング部、絶縁体で作られているハウジングやソケットコンタクトを保護するためのケースであるソケットシェルで構成されています。プラグ側は、ピッチの穴がついているプラグコンタクト部と、ハウジング部、プラグシェルで構成されています。それぞれの部品は、アイレットと呼ばれる留め具で固定されます。

接続の方式としては、基板と基板をつなぐ方式、機器と機器をつなぐ方式、短絡コネクタやICソケットなどの電子部品をつなぐ方式があります。基板と基板をつなぐ方式の接続方法は、それぞれの基板にプラグとソケットを取り付け、接続します。水平接続や垂直接続、スタッキング接続といった接続の種類があります。

参考文献
https://www.omron.co.jp/ecb/product-info/basic-knowledge-series/basic-knowledge-of-connectors/part1-connector-from-the-beginning/basics/type-and-classification
https://www.kel.jp/product/blog_detail/id=10803

ハーフピッチコネクタのメーカー情報

ハーフピッチコネクタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日本航空電子工業株式会社
  3. 3 ヒロセ電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ACON
  2. 2 ケル株式会社
  3. 3 3Mジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 ヒロセ電機株式会社
  3. 3 マルツエレック株式会社

ハーフピッチコネクタのメーカー7社一覧


ハーフピッチコネクタの20製品一覧

関連記事

カテゴリから探す