【2021年版】塩化ビニール手袋 メーカー8社一覧

塩化ビニール手袋のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


塩化ビニール手袋とは

塩化ビニール手袋は保護手袋の一種です。この手袋は可塑剤が含まれた軟性の塩化ビニールを使用しています。塩化ビニール手袋は天然ゴム手袋よりもグリップ性やフィット性は劣りますが安価であるため様々な用途に用いられます。耐久性と耐薬品性も比較的高いため、厚手の塩化ビニール手袋は油を取り扱う作業でも使うことが可能です。

一方で塩化ビニールの可塑剤として環境負荷の高いフタル酸エステルが使われることがあるため、食品関係の業界では汚染のリスクの観点から可塑剤として何が使われているか確認が必要です。

薄手の塩化ビニール手袋は実験や家庭で、厚手の手袋は清掃業で用いられる

塩化ビニール手袋は安価であるため様々な用途に用いられます。薄手の使い捨て手袋として実験作業や家庭の掃除、水回り、園芸作業に用いられます。厚手の塩化ビニール手袋は清掃業にも用いられます。その他、品質確認の作業や仕分け作業にも用いられることがあります。

食品関係の業界ではコンタミネーションを防ぐために可塑剤としてフタル酸エステルを用いていない塩化ビニール手袋を使用することもあります。塩化ビニール手袋は経済性、使いやすさの観点から様々な用途で使用できるため、その他の業界でも多く用いられます。

塩化ビニール手袋は安価であるが薬品耐性、可塑剤の混入に要注意

塩化ビニール手袋はポリ塩化ビニルから作られています。ポリ塩化ビニルは可塑剤の添加量を制御することで柔らかさを変化させることが可能です。塩化ビニール手袋には可塑剤を添加した軟性のポリ塩化ビニルを使用しています。可塑剤としてはフタル酸エステルを使用することが多いですが、環境面、法規制の観点から異なる可塑剤を使用されることもあります。特に食品業界ではフタル酸エステルの混入を防ぐためにフタル酸フリーの塩化ビニール手袋を使用しています。

塩化ビニール手袋は天然ゴム手袋よりも耐薬品性に優れますが、そこまで多くの溶媒に耐性があるわけではありません。例えばトルエンなどの芳香族系化合物、アセトンなどのケトン系溶媒やエタノールなどのアルコールに耐性はありません。また、耐熱性もそこまで高くないため、加熱した装置、機器に触れる作業には塩化ビニール手袋の利用は適していません。

一方で塩化ビニール手袋は経済性には優れているため、上記に挙げた手袋を破損させるリスクが無い作業においては頻繁に用いられます。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/c-71143/
https://ec.midori-anzen.com/shop/c/cHAEADA/
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/workglove_material/

塩化ビニール手袋のメーカー情報

塩化ビニール手袋のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ショーワグローブ株式会社
  2. 2 アイリスオーヤマ株式会社
  3. 3 オカモト株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 リーテック株式会社
  2. 2 大日貿易株式会社
  3. 3 アイリスオーヤマ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オカモト株式会社
  2. 2 株式会社東和コーポレーション
  3. 3 ショーワグローブ株式会社

塩化ビニール手袋のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す