ミドリ安全株式会社

【2021年版】品質管理用手袋 メーカー5社一覧

品質管理用手袋のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


品質管理用手袋とは

品質管理用手袋は異物混入のリスクを下げる

品質管理用手袋は品質管理や精密作業などで使用される手袋です。通常の手袋を用いた作業では手袋の繊維や糸くずなどが落下、製品に混入する可能性があるため、精密部品や塗装現場などのホコリ、チリを嫌う現場で品質管理用手袋は用いられます。

品質管理用手袋には様々な特徴がある

品質管理用手袋は手先を使った細かな作業を行えるように手のフィット性に優れていたり、グリップ性に優れています。また電子部品など静電気を嫌う現場に向けた帯電を防ぐ手袋も販売されています。

品質管理用手袋の使用用途

品質管理用手袋は幅広い分野の品質管理で用いられる

異物の混入はクレームの原因となるため、品質管理用手袋は様々な業界で使用されています。特に食品加工や精密部品、塗装現場などで品質管理用手袋は用いられています。また、指先にウレタン樹脂をコートして手先を使った細かな作業を行うことができる手袋もあり、この手袋は自動車部品の組み立てや一般機械の組み立てなどのライン作業でも用いられています。

その他、通気性に優れた品質管理用手袋もあり、これは品質管理や仕分け作業など長時間手袋を着用しながら作業を行う際に用いられます。

品質管理用手袋の特徴

品質管理用手袋は糸くず、摩耗によるゴムの粉の発生を防ぐ

品質管理用手袋は綿やナイロン、ポリエステルなど様々な材質から作られています。いずれの手袋も繊維の糸くずや摩耗によって生じるゴムの粉などの異物が製品に混入しないように作られています。また、ウレタンゴムをコートして指先のフィット感を高めたりグリップ性を高めた手袋や、カーボンを練り込んで導電性を高めることで静電気の帯電を防ぐ手袋も販売されています。

長時間使用し続けるとゴミが発生する可能性あり

一方でゴムがコートされていたり、繊維がむき出しになっている手袋は長時間使用し続けたり強い力を加え続けると摩擦によって糸くずやゴムの粉が発生することがあります。異物混入を防ぐためにも使い捨てタイプの品質管理用手袋は頻繁に交換することが望ましいです。

回転体の近くでは手袋を外した作業が必須

なお回転体などの近くで作業する際は手袋が巻き込まれて大きな怪我につながる恐れがあるため、そのような作業では手袋など引っかかりやすいものは外してから作業する、もしくは回転体の電源を落としてから作業することを強く推奨します。

参考文献
https://ec.midori-anzen.com/shop/c/cHAIA/
https://www.monotaro.com/s/c-17931/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_health/T1700000000/T1708000000/T1708140000/

品質管理用手袋のメーカー情報

品質管理用手袋のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 ミドリ安全株式会社
  3. 3 株式会社東和コーポレーション

設立年の新しい会社

  1. 1 TRYS株式会社
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 有限会社中田久吉商店

歴史のある会社

  1. 1 株式会社東和コーポレーション
  2. 2 ミドリ安全株式会社
  3. 3 有限会社中田久吉商店

品質管理用手袋のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す