【2021年版】ポリウレタン手袋 メーカー7社一覧

ポリウレタン手袋のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ポリウレタン手袋とは

ポリウレタン手袋は伸縮性、耐薬品性に優れる

ポリウレタン手袋はゴム製の厚手の手袋です。厚手の手袋ですが通気性に優れており、伸縮性も高い手袋です。天然ゴム手袋など、他の手袋に比べて様々な薬品に対する耐久性も比較的高いため、様々な作業に適しています。また防寒性も高いため、屋外での長時間の作業時にも使用されます。

ポリウレタン手袋は細かい作業には不向き

一方で手のフィット感は薄手のゴム手袋よりは劣るため、繊細な作業を行うときには少し不便です。またほかの手袋よりは比較的高価であるため、頻繁に交換するとコストがかさみます。

ポリウレタン手袋の使用用途

農作業や精密機械の組立作業などに用いられる

ポリウレタン手袋は伸縮性に優れ、厚手の手袋の中では比較的細かな作業に向いているため様々な作業で用いられます。寒暖の影響などの耐候性に優れるため農作業などの屋外での長時間の作業にも向いています。また精密機械の組立作業や仕分け作業等にもポリウレタン手袋は用いられます。

印刷業、メッキ作業など薬品に触れる作業でも用いられる

その他、耐溶剤性も比較的高いため、印刷業やメッキ作業、医薬品、化学メーカーなどの有機溶媒を使用する作業でもポリウレタン手袋を用いることが多いです。

ポリウレタン手袋の特徴

ポリウレタン手袋には背抜き手袋もある

ポリウレタンは柔らかく、ゴムのような高分子であり、摩擦や引張にも強い材質です。これらの特徴を持っているポリウレタン手袋は伸縮性に優れ劣化もしにくいです。手袋によっては手のひらの部分のみポリウレタンでコーティングしている背抜き手袋と呼ばれるものもあり、このような手袋は手の甲の通気性が向上するため長時間の作業でも蒸れにくい特徴を持っています。一方で有機溶媒を取り扱う作業においては薬品の接触を防ぐためにすべてポリウレタンで作られた手袋を使用します。

酸やアルカリ、一部の有機溶媒との接触に注意

なおポリウレタンは汎用的な有機溶媒に対する耐性を有しているものの、酸やアルカリなどに接触すると劣化します。またポリウレタン手袋はシクロヘキサノンやジメチルホルムアミド(DMF)、塩化メチレン(ジクロロメタン)などの特定の有機溶媒には耐性がないため、これらの有機溶媒を取り扱い際は注意が必要です。その他、大量に有機溶媒を取り扱う際は保護手袋の溶媒耐性を事前に確認することが望ましいです。

参考文献
https://www.p-mizuho.com/advice/coating.html
https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_health/T1700000000/T1708000000/T1708110000/
https://workway.jp/information/how-to-choose-work-gloves/

ポリウレタン手袋のメーカー情報

ポリウレタン手袋のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ショーワグローブ株式会社
  2. 2 三興化学工業株式会社
  3. 3 株式会社橋輝

設立年の新しい会社

  1. 1 大日貿易株式会社
  2. 2 ダイヤゴム株式会社
  3. 3 三重化学工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 富士手袋工業株式会社
  2. 2 三興化学工業株式会社
  3. 3 株式会社橋輝

ポリウレタン手袋のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す