エステー株式会社

【2021年版】ゴム手袋 メーカー8社一覧

ゴム手袋のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ゴム手袋とは

ゴム手袋

ゴム手袋とは、製造加工業などの現場で、水仕事や油などの汚れを伴う掃除などの作業をする際に、汚れるのを防いだり、冷水の冷たさから手を守り、手荒れを防いだり、またけがを防止するために装着する手袋のことです。

ゴム手袋には、天然ゴムを用いたラテックス手袋と、合成ゴムを用いたニトリル手袋があります。

他の業務用の手袋には、強度はないもの油や薬品に強いため、食料品を取り扱う際に用いるポリエチレン手袋や、食品に直接触れられないものの、油や薬品そして溶剤や洗剤に強いため清掃や製造現場で用いられるPVC(塩化ビニル)手袋があります。

ゴム手袋の使用用途

天然ゴムを用いたラテックス手袋の使用業種は、薬品や油を伴わないことが条件になりますが食料品製造・加工業や、製造加工業、病院、清掃作業用、ビルメンテナンス業などです。用途としては、水仕事、洗車、ガーデニング、清掃やごみ処理、衛生作業、少し尖ったものを扱う作業などが挙げられます。

一方、合成ゴムを用いたニトリル手袋の使用業種は、油や薬品にも強いため、食品製造・加工業、工場、ガソリンスタンド、病院、研究室などです。用途としては、機械を扱う作業、油や灯油を扱う作業、ペンキ・スプレー塗装、化学実験、食品加工作業、医療作業、清掃作業などが挙げられます。

ゴム手袋の原理

天然ゴムを用いたラテックス手袋の特徴は、滑りにくく、ニトリル手袋に比べても柔軟性の高い手袋であることです。手の動きに馴染みやすく丈夫なため、長時間の作業にも適しています。ただし、素材が天然ゴムであるため、油や薬剤や溶剤には弱いという欠点があります。また天然ゴム中に含まれるたんぱく質等が原因で、アレルギー性接触皮膚炎を生じる人もいるので注意が必要です。

一方、合成ゴムを用いたニトリル手袋の特徴は、ラテックス手袋に比べて、油や薬品に強く、強度もある手袋であることです。対突差し特性に優れ、手にフィットするため素手感覚で使うことはできますが、ラテックス手袋に比べるとやや柔軟性に劣ります。こちらもゴム及び塩化ビニル樹脂の添加剤が関与するアレルギーが生じることが人によってあるので、注意が必要です。

参考文献
https://bihin.shop/?mode=f17
https://www.nihon-glove.com/kindAndFeature.html
https://www.askul.co.jp/f/special/product_column/rubbergloves/

ゴム手袋のメーカー情報

ゴム手袋のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ショーワグローブ株式会社
  2. 2 オカモト株式会社
  3. 3 エステー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アイ・ジー・オー株式会社
  2. 2 エスエス産業株式会社
  3. 3 ショーワグローブ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 宇都宮製作株式会社
  2. 2 富士手袋工業株式会社
  3. 3 オカモト株式会社

ゴム手袋のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す