3Mジャパン株式会社

【2021年版】イヤーマフ メーカー4社一覧

イヤーマフのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


イヤーマフとは

 イヤーマフは騒音から耳を守り、聴覚を保護するために使います。労働安全衛生法では著しい騒音を発生する職場において労働者に使用することが定められています。騒音性難聴は職業性疾病の一つで、有効な治療法が確立されていないために予防することが重大課題となっています。六ヶ月以内毎に一回以上の作業場内の平均的な騒音と作業者が受ける最大の騒音を測定することが定められています。また作業者は雇入れ時、配置換え時、六ヶ月以内毎に一回以上健康診断を行うことが課せられ、結果は五年間保存することとされています。

イヤーマフの使用用途

イヤーマフの使用用途は主に工場や、飛行場、射的場のような大きな音がする場所で聴覚を保護するために使用されます。労働安全衛生法で定められている騒音職場は、ハンマーを用いる鋳造業務、液体プレスを使用する板曲げ業務、圧縮空気を使用した鋳造業務、チェーンでドラム缶を洗浄する業務、金属を切断研磨する業務、岩石を破砕する業務、石材を裁断する業務、チェーンソーなどで木材を伐採切断する業務など52業務が規定されています。

イヤーマフの原理

イヤーマフの特徴は、耳全体を覆うプラスチックのカップの中に遮音材が入っている構造で、ヘッドホンのような形状をしていることにあります。頭からかぶる形、首にバンドをかけ固定し耳を覆う型、ヘルメットに取り付ける型、マルチポジション型があります。カップはプラスチックで、内部の遮音材はポリウレタンやエラストマが使用されます。音エネルギーは外から入ってきて、まず外側のプラスチックで反射されます。さらに内部の遮音素材で熱として吸収されます。結果イヤーマフを通り抜けた音エネルギーは弱められて鼓膜に届きます。イヤーマフのカップは耳たぶを含めた耳全体を覆うことで隙間から音が鼓膜に入ることを防ぎます。イヤーマフはJIST8161−1で規定があり、この規定をクリアしたものはJIS適合品として扱われます。騒音職場では労働者を保護するためにイヤーマフ、耳栓をすること、あるいは両者を併用することが必要になりますが、遮音、吸音、消音、防振、作業環境の最適化、作業手順の最適化を行う必要があります。

参考文献
https://www.johas.go.jp/Portals/0/data0/sanpo/sanpo21/sarchpdf/90_12-15.pdf
http://www.sanipro.co.jp/news/measurement/2016/0430112329.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/audiology1968/51/1/51_1_83/_pdf
https://multimedia.3m.com/mws/media/996022O/ohs-233-hc.pdf
http://www.lab.kochi-tech.ac.jp/fukulab/research/Doc/2012/1130345.pdf
https://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISUseWordSearchList?toGnrJISStandardDetailList

イヤーマフのメーカー情報

イヤーマフのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社JVCケンウッド
  2. 2 3Mジャパン株式会社
  3. 3 株式会社重松製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社JVCケンウッド
  2. 2 3Mジャパン株式会社
  3. 3 株式会社重松製作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社生川商店
  2. 2 株式会社重松製作所
  3. 3 3Mジャパン株式会社

イヤーマフのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す