株式会社サンコーシヤ

【2021年版】接点監視装置 メーカー6社一覧

接点監視装置のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


接点監視装置とは

接点監視装置とは、接点入力を持つ端末と接続することで、ネットワーク環境を経由して、入力端末から発信される様々な信号を接続した複数の端末装置から取り込み、この情報をネットワーク上の端末から監視して制御することができるの装置のことです。

端末から発信される信号には、故障信号や、運転信号などがあり、これらをネットワーク環境で管理することで、WEB上で遠隔からでも一元化して監視することが出来ます。

この接点監視装置を用いて、端末を監視追跡することで、発信される信号の情報を元に、端末の異常事態を素早く感知し、最適な対応を迅速にとることができるようになります。

接点監視装置の使用用途

ここで、接点監視装置の使用用途について説明します。

接点監視装置は、複数の遠隔の接点入力をもつ端末装置を一元化して監視する目的で使用されています。

付帯設備などにおけるカメラやライトやスイッチなどの接点系列の機器や、エリアごとの監視センターにおけるクライアントの端末などの監視や制御を行ったり、遠隔地におけるサーバーの分散処理を監視する目的で使用されています。このほかに、スイッチを利用した水位の異常監視や、ウェブカメラやセンサーの動作検知と連動させた防犯・セキュリティ対策などにも利用されています。

接点から送られてくる信号の状態を監視して、問題や異常が発生した際には、メールやサーバーから各端末に向けて一斉に異常警告を出したり、連動した出力制御を行うことが出来ます。

接点監視装置の原理

続いて、接点監視装置の原理について説明します。

接点監視装置は、内部に通信モジュールが組み込まれており、接点入力や出力を複数持った構造をしています。

接点監視装置は、内蔵している通信モジュールによって、ネットワークを経由して、遠隔からでも複数の端末の監視を行うことが出来ます。

接点から、遠隔の現場で発生した異常などを感知して接点監視装置に入力し、複数のパソコンや携帯電話などの端末にEメールなどによって、一斉に異常を通報したりすることができます。

参考文献
https://www.i-netd.co.jp/products/switch_lan/cassist_io/
https://www.i-netd.co.jp/products/foma/ip3-fp20/
https://www.cec.co.jp/product/network-device/nd-sw01nd-sw02di.html
https://www.i-netd.co.jp/products/switch_lan/cassist_i4o4/
https://www.ooi.co.jp/product/technology/equipment_monitoring
https://www.takabun.co.jp/images/2013/06/2da033caf4319381a691e6c2f9a68533.pdf

接点監視装置のメーカー情報

接点監視装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 富士ソフト株式会社
  2. 2 株式会社サンコーシヤ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社iND
  2. 2 株式会社ヒーロー
  3. 3 富士ソフト株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社サンコーシヤ
  2. 2 中央電子株式会社
  3. 3 富士ソフト株式会社

接点監視装置のメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す