【2021年版】高視認性安全服 メーカー1社一覧

高視認性安全服のメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


高視認性安全服とは

高視認性安全服とはそれを着用している人の存在を視覚的に周囲からの認知度を向上させ、安全に作業を行うための作業用の服です。

明るい場所または暗い場所などの周囲から見落とされる可能性が高い危険な場所・状況において、車両や重機・建設機械などの前照灯のもとで、いかなる光に対しても車両運転者や機械作業者に対して、着用者の存在を目立たせることを目的とし、それによって建設現場や作業現場での作業を安全に行うことができます。

高視認性安全服の使用用途

高視認性安全服は様々な周囲からの認識が必要とされる作業現場で使用されています。

危険の伴う作業現場はその危険性や現場内の移動体速度において一般的に3つのクラスに分類されています。

クラス1は駐車場やサービスエリア、倉庫内・工場内の作業など、移動体速度が30km/時未満の現場に分類されています。

クラス2は一般道路上の作業現場や公共事業の建設作業現場、配送業者など移動体速度が60km/時未満の現場のことを指します。

クラス3はさらに危険の伴う高速道路上の作業現場、線路上および空港内での作業現場など移動体速度が60km/時の現場です。

高視認性安全服の原理

高視認性安全服において最も重要なものは360度全方向から目で確認できる高視認性材料(蛍光生地や再帰性反射材)です。

この安全服に使用される蛍光生地は主に赤や黄色などの周囲に対する注意喚起効果の高い蛍光レッド・イエロー・オレンジの色に限定されています。

蛍光色とはその色によって吸収された波長の色より長い波長を発するため、一般の色に比べより鮮明に見える色のことです。

再帰性反射材とはある方向から入射してきた光が面に照射された後に同じ方向へ反射される特性を持った材質のことです。

反射材は主に微細ガラスビーズコーティング加工のものやプリズム加工のものからできています。

いずれの素材も光の屈折の特性を利用したもので、入射してきた光が加工素材の中で屈折を繰り返すことで光が進んできた同じ方向へ反射される原理になっています。

また、ただ単にこう言った素材を無造作に使うのではなく安全服自体のデザインも作業を安全に進める上で非常に重要なファクターです。

参考文献
https://www.kobe-sanuki.co.jp/setsumei/jist8127.html
https://jsaa.or.jp/%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%E9%AB%98%E8%A6%96%E8%AA%8D%E6%80%A7%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%9C%8D%E8%A6%8F%E6%A0%BC/

高視認性安全服のメーカー情報

高視認性安全服のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アゼアス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アゼアス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アゼアス株式会社

高視認性安全服のメーカー1社一覧


関連記事

カテゴリから探す