産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社宇都宮電機製作所
朝日電器株式会社
好利来(中国)電子科技株式会社
太平洋精工株式会社
大東通信機株式会社
冨士端子工業株式会社
九重電気株式会社
三菱電機株式会社
パナソニック株式会社
デクセリアルズ株式会社
スターヒューズ株式会社
SHIBA

【2020年版】ヒューズ メーカー17社・66製品一覧

ヒューズのメーカー17社・66製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ヒューズとは

電気回路に異常が有ると、短絡や過負荷等によって過電流という、回路の設計を超えた大きな電流が流れることがあります。

過電流は、電気回路が搭載された機器そのものの故障につながるだけでなく、異常な発熱や発火によって火災を引き起こす危険もあります。

ヒューズは、過電流からこうした危険を保護するために組み込まれている電子部品で、回路に直列に接続することで通常時は電流を流す導体として振る舞います。

過電流が発生するとヒューズ内の胴体部分が溶断することで下流の回路に電流が流れないように設計されています。

ヒューズの使用用途

ヒューズは回路の破損とそれに起因して起こる火災を防ぐための安全装置として使用されています。

以前は多くの家庭で配電盤にヒューズが使われていましたが、今では一度切れると交換が必要なヒューズよりもブレーカーのほうが普及しています。

また、現在でも自動車ではの電気系統の保護や車両火災防止のためにヒューズが使われています。

用途によって様々な形状をしており、昔の家屋で使われていたい板ヒューズや車両で使用されるブレード型ヒューズなどがあります。

ヒューズの原理

ヒューズは回路に直列に接続され、過電流など回路の異常を感知すると自身が溶断して電流を遮断することを基本原理としています。

ヒューズの溶断部であるヒューズエレメントに電流が流れると、電流値の二乗に比例したジュール熱が発生します。

ヒューズの定格電流以下であれば、ジュール熱発生に伴った温度上昇よりも放熱のほうが優位に起こるので溶断は起こりませんが、定格電流を超えると放熱が追いつかずにヒューズエレメントの溶解温度に達すると溶断して電流を遮断します。

このように電流によって発生するジュール熱の平衡をもとに設計されているものを特に電力ヒューズと呼びます。

一方で、周囲の温度上昇を検知して溶断するものを温度ヒューズと呼び、ドライヤーなど熱を発生させる電化製品などでよく使われています。

温度ヒューズは抵抗値の低いエレメントでできており、電流による発熱はほとんどありません。

一般に、電力ヒューズも温度ヒューズも溶断は不可逆であり、復帰點せるにはヒューズの交換が必要です。

参考文献
https://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/support/analogware/09/chap2.pdf
https://byjus.com/physics/working-principle-of-an-electrical-fuse/

ヒューズのメーカー情報

ヒューズのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 Littelfuse

設立年の新しい会社

  1. 1 デクセリアルズ株式会社
  2. 2 好利来(中国)電子科技株式会社
  3. 3 内山製作所

歴史のある会社

  1. 1 スターヒューズ株式会社
  2. 2 パナソニック株式会社
  3. 3 三菱電機株式会社

ヒューズのメーカー17社一覧


ヒューズの66製品一覧

ヒューズのオンライン購入


アズワンでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器