【2021年版】使い捨て防護服 メーカー1社一覧

使い捨て防護服のメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


使い捨て防護服とは

使い捨て防護服(英語:Disposable protective clothing)とは1回限りの使用用途を想定した防護服です。

通常の衣類の上から羽織って使用します。

各種用途に合わせて布製、ビニール製、ナイロン製等があり、用途に応じて最適なものを使い分けます。

通常は自衛隊の訓練や演習、作戦実行、病院での感染症治療(例.新型インフルエンザ、SARS)などに使用されますが、最近時はコロナ禍における医療分野での使用ニーズが高まっており入手性が悪くなっています。

使い捨て防護服の使用用途

使い捨て防護服は防護服とは、あらゆる作業現場におけるさまざまな危険有害因子(ハザード)から作業者を防護するための服で1回限りの使用を想定し使用されます。

服の特性や危険有害因子の種類によってISO/JIS規格が詳細に規定され、基本的に使い捨てとなるものがほとんどです。

使い捨て防護服は、2つのタイプに区別でき、使用環境や使用用途に合ったタイプの使い捨て防護服を選ぶ必要があります。

タイプ1:布製

タイプ2:樹脂製(ナイロン、ビニール等)

使い捨て防護服の使用例をご紹介します。

  • 化学プラントの工事等において皮膚が酸、アルカリ、有機薬品、粉じん等の有害化学物質に暴露または接触する可能性がある現場
  • 寒冷地での作業時における凍結防止

使い捨て防護服の原理

ここでは使い捨て防護服の特徴について説明します。

使い捨て防護服は、用途に応じて様々な種類のものに区分されます。
 

  1. 化学防護服
  2. 緊急対策用防護服 
  3. 消火作業用防護服:消防隊が身に着けている防護服が左記に当たります。

その中でも布製のものと樹脂製(ナイロン、ビニール等)の大きく2種類に分類されます。

それぞれの特徴を以下に簡単に記載にします。

  1. 布製の使い捨て防護服:身に着けた際に肌へ対する刺激が弱いため、皮膚などが弱い方に最適である。また布製であるため使い捨てすることなく実施しようと思えば洗浄し、リユースすることも可能である。
  2. 樹脂製の使い捨て防護服:化学物質から製作するため、皮膚に触れた際にアレルギー反応等を起こす可能性があるものの工場で大量生産できることが最大の特徴である。

工場で大量生産できるため、コストが布製に比べて安価であることも魅力の1つである。

尚、リユースすることは出来ないものの、マテリアルリサイクルを行うことで再度樹脂素材としてリサイクル材を取り出すことが可能である。

現在の主流は、樹脂製の使い捨て防護服である。

サーキュラーエコノミーの観点からもクローズドループで回すことが可能な樹脂製の使い捨て防護服をメインとしていくことが望ましいと考えられている。

参考文献
https://www.askul.co.jp/f/special/product_column/protectiveclothing/
https://www.tyvek.co.jp/pap/use/

使い捨て防護服のメーカー情報

使い捨て防護服のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社モリタテクノス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社モリタテクノス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社モリタテクノス

使い捨て防護服のメーカー1社一覧


関連記事

カテゴリから探す