パナソニック株式会社
スズデン株式会社
エスケイ電子工業株式会社

【2021年版】セーフティスイッチ メーカー6社一覧

セーフティスイッチのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セーフティスイッチとは

セーフティスイッチは、安全スイッチとも呼ばれ、工作機械の扉や周囲の安全柵など、安全を確保する必要がある場所に設置されます。工作機械が動いている最中に扉が開いてしまうと、大怪我に繋がる可能性があるため、機械の運転と停止を判別し、停止時にのみ扉が開くような構造にするために必要な部品です。主にロック機構の付いたロックタイプと非接触式の物が存在します。

セーフティスイッチの使用用途

主に安全が確保されていない状態では装置の動作や起動を許可しないインターロック装置として使用されます。さらに装置稼働中に扉や安全柵が開かないようにロックをかけたい場合は、ロック機能付きのものを選択します。
一般的な使用例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 工作機械の安全確保
    各種工作機械は、高速回転を伴うとともに、加工時の切りくずなどが飛んでくることもあり、非常に危険です。このため、作業者の安全を確保するために、加工機の扉に設置し、完全に停止しない限り扉が開かないようにします。多くの加工機は加工終了後に即時停止することはなく、一定時間惰性での稼働が続くため、完全に停止するまで加工機内に侵入することができないようにします。
  • 多軸ロボットアーム周辺の安全確保
    多軸のロボットアームは、様々な分野の製造ラインの組み立て工程などで活躍していますが、可動領域内に作業者が居る場合、ロボットアームの動作に巻き込まれる可能性があるため、安全を確保する必要があります。
    そこで、ロボットアームの可動領域周辺に安全柵を設け、この開閉部にセーフティスイッチを設置します。作業者が安全柵の外に出て扉を閉じない限り、ロボットが起動しないようにすることで安全が確保できます。

この他にも、人間の安全確保用途ではなく、装置自体の安全確保のために使用することもあります。特に複数台のロボットアームが連動して稼働する生産ラインなどでは、予期せぬタイミングで動作が始まることにより、ロボットアーム同士が接触し破損してしまう可能性があるため、上記と同じような構成で確実に安全な動作ができるような設備構成が必要となります。

セーフティスイッチの原理

主にロック機能を持ったものと非接触式のものが存在します。以下にそれぞれの仕組みと特徴について記載します。

〇ロックタイプ
一般的に、内部構造としては「カム」と「ロッド」の関係によるロック機構を有しており、扉の開閉などに応じて「カム」と「ロッド」が動くことにより、ロック状態を切り替えることができるようになっています。ロック方式としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • スプリングロック方式
    スプリングの力によってロックをするため、電源切断時にも機械的なロック状態を保持することができます。そのため、惰性によって即停止できないものからの安全確保に向いています。
  • ソレノイドロック方式
    ソレノイドの力でロックを行うため、電源切断と同時にロックも解除されます。このため、電源切断後に即停止できるものからの安全確保に適しています。

〇非接触タイプ
塵やゴミの発生を防止したい場所では非接触タイプのセーフティスイッチを使用します。ロックタイプでは、摩耗による粉などが発生する可能性がありますが、非接触タイプであれば、その心配はありません。主な検知方式としては、磁気検知方式や電磁誘導方式のものなどがあります。このような特長を持つため、クリーンルーム内の設備や食品製造ラインなどでの使用に向いています。

参考文献
https://xtech.nikkei.com/dm/article/LECTURE/20120828/236140/?P=5
https://xtech.nikkei.com/dm/article/LECTURE/20121025/247572/
https://www.keyence.co.jp/products/safety/safety-door/

セーフティスイッチのメーカー情報

セーフティスイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 スズデン株式会社
  3. 3 株式会社静岡制御

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社コーマ
  2. 2 株式会社静岡制御
  3. 3 エスケイ電子工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 スズデン株式会社
  3. 3 株式会社特電

セーフティスイッチのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す