株式会社オリナス
日本ケミコン株式会社
ルビコン株式会社
マルツエレック株式会社
ニチコン株式会社
ダイトロン株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社
TDK株式会社

【2021年版】フィルムコンデンサ5選 / メーカー17社一覧

フィルムコンデンサのメーカー17社・5製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フィルムコンデンサとは

フィルムコンデンサ

フィルムコンデンサは、プラスチックフィルムを誘導体として利用するコンデンサのことです。技術ルーツは19世紀後半に発明されたペーパーコンデンサにまでさかのぼります。

ペーパーコンデンサでは油やパラフィンを染み込ませた紙をアルミニウム箔にはさみ、ロール状に巻き取ります。紙に直接金属を蒸着させて巻き取ったタイプはMP(メタライズドペーパー)コンデンサと呼ばれます。
フィルムコンデンサは、これらの技術をベースとして1930年代に開発されました。

フィルムコンデンサは、内部電極のつくりによって箔電極型と蒸着電極型(金属化フィルム型)に分けられ、さらに構造の違いによって巻回型と積層型、誘導型と無誘導型に分けられます。

フィルムコンデンサの使用用途

フィルムコンデンサは絶縁抵抗が強く、安全性も高いという特徴があります。また、無極性があり、優れた高周波特性(低ESR)と温度特性(温度による静電容量の変化率が小さい)を持っています。さらに、静電容量に高精度で対応できるほか、寿命が長いのも利便性を高めるために役立つ性質です。

ただし、フィルムコンデンサの場合、積層セラミックチップコンデンサに比べると小型化するのには少々難があります。そのため、セラミックコンデンサではカバーできない電圧・容量域や高性能・高精度危機に使用される傾向があります。

たとえば、冷蔵庫などの家電機器やカーナビ・カーオーディオ・ETCといった車内搭載電子機器、さまざまな産業機器、パワーエレクトロニクス機器など、フィルムコンデンサの使用用途は多岐にわたります。

フィルムコンデンサの原理

コンデンサとはそもそも、電気を蓄えたり放出したりする電子部品です。対向する導電体間に電圧を加えると、それらに挟まれた絶縁体または空間に静電誘導作用が起こり、誘電分極が発生するため、充電できます。その誘導体にフィルムを使っているのがフィルムコンデンサです。

フィルムコンデンサは内部電極のつくりや構造の違いによっていくつかに分けられます。
箔電極型フィルムコンデンサは、内部電極となる金属箔(アルミニウム、スズ、など)にプラスチックフィルムを重ねて巻き取った巻回型のフィルムコンデンサです。これには誘導型と無誘導型があります。誘導型の場合、内部電極にリード線を付けて巻き取りますが、無誘導型は端面にリード線または端子電極を取り付けたタイプです。無誘導型は誘導型に比べ、インダクタンス成分(交流における抵抗のようなもの)が小さくなるため、高周波特性に優れています。

一方、蒸着電極型(金属化フィルム型)の場合、プラスチックフィルムに金属(アルミニウム、亜鉛など)を蒸着させて内部電極をつくるタイプのフィルムコンデンサです。蒸着膜は非常に薄いので、箔電極型フィルムコンデンサより小型化が可能です。蒸着金属型の場合、端面に電極を取り付ける無誘導型であり、後方には巻回型と積層型があります。

フィルムコンデンサの極性

フィルムコンデンサには極性はありません。つまり、フィルムコンデンサは無極性のコンデンサです。

ここで、無極性コンデンサと有極性コンデンサについて説明します。

固定コンデンサは、次の2種に大きく分けることができます。無極性コンデンサと有極性コンデンサの2種です。

無極性コンデンサとは、端子にプラスとマイナスの区別がないコンデンサのことです。どちらの端子がプラスであっても問題がありません。端子に加える電圧の極性が規制されないのです。

無極性コンデンサであれば、ゼロ電位から上下する電圧を印加できるので、交流回路でも直接使用することができます。

フィルムコンデンサは無極性コンデンサの主流の1つです。もう1つの主な無極性コンデンサはセラミックコンデンサで、その他には紙コンデンサ、マイカコンデンサ、空気コンデンサがあります。

反対に、有極性コンデンサとは、2つの端子のどちらをプラス側とするかが決まっているコンデンサのことです。このことを誤って使ってしまうと、コンデンサが壊れます。

フィルムコンデンサとオーディオ

オーディオとは音楽を聞くための機器のことです。一定の知識や技術を要しますが、オーディオから聞こえてくる音を自分の好みのものにするために、自作やカスタマイズをすることが可能です。

音の質を左右する要因は複数ありますが、使用するパーツも挙げられます。コンデンサは、そのパーツの1つです。

オーディオアンプに使うコンデンサに要求される特性は、次のようなものが挙げられます。

・ 高周波特性が良いこと
・ 高調波歪が少ないこと
・ いわゆる鳴きが少ないこと

フィルムコンデンサは、電解コンデンサアルミ電解コンデンサなどの有極性のコンデンサ)と比べて、上記の特性について優れています。

音質についても、電解コンデンサに対してフィルムコンデンサの方が、音の透明感、解像度が勝っています。

参考文献
https://industrial.panasonic.com/jp/ss/technical/b3
http://www.rubycon.co.jp/products/film/technote.html
https://www.audiodesign.co.jp/columntop/column/parts/Col-Circuit1.htm

フィルムコンデンサのメーカー情報

フィルムコンデンサのメーカー17社一覧


フィルムコンデンサのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 TDK株式会社
  3. 3 日本ケミコン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 神栄キャパシタ株式会社
  2. 2 アールエスコンポーネンツ株式会社
  3. 3 栄和物産株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ミカサ
  2. 2 日本ケミコン株式会社
  3. 3 TDK株式会社

フィルムコンデンサ5選

LEXA745シリーズ

神栄キャパシタ株式会社 LEXA745シリーズ 画像出典: 神栄キャパシタ株式会社公式サイト

特徴

この商品は、自己回復性に優れている上に高電圧にも耐えうるフィルムコンデンサーです。

110℃以上になった場合は電圧を低減する必要がありますが、最高125℃まで使う事が出来るので非常に耐熱性が高いです。

加えて外装の素材には難燃性樹脂(UL94V-0)を使用している為、非常に安全性が高い製品になっています。

誘電した際に損失する度合いが小さく高周波特性を持つので、インバータ照明回路や高周波大電流回路等での使用にな向いています。

神栄キャパシタ株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 兵庫県神戸市中央区京町77番地の1神栄ビル5階
  • URL: https://www.shinyei.co.jp/
  • 創業: 2011年
  • 従業員数: 50人

製品を見る

ポリプロピレン・フィルム・コンデンサ UPZシリーズ

東信工業株式会社 ポリプロピレン・フィルム・コンデンサ UPZシリーズ 画像出典: 東信工業株式会社公式サイト

特徴

この商品は素材にポリプロピレンフィルムを使った事で、小型化・軽量化する事が出来たフィルムコンデンサーです。

絶縁抵抗値が30,000MΩと非常に大きいので、電気が漏れにくい設計となっています。

更に、誘電正接が非常に小さく周波数特性が高いので、その結果としてスピーカーから出る音質も良くなりました。

容量の温度係数の値がマイナスと非常に小さいので、イコライザー回路を使っている音響機器等の使用に向いています。

東信工業株式会社の会社概要

製品を見る

電子回路用フィルムコンデンサ

日本ケミコン株式会社

特徴

この商品は4端子構造になっているので、高周波大電流製品の中で最も耐振性が優れている上に定格リプル電流が向上しているフィルムコンデンサーです。

静電容量が最大22μFなので、fz(ゼロ点)及びfc(カットオフ周波数)は低くなりますが、ノイズの減衰量は高くなります。

更には円筒形素子構造を採用している為、使用時にほとんど音が発生しません。

スイッチング電源やインバータ電源など、共振用製品の使用に向いています。

日本ケミコン株式会社の会社概要

製品を見る

フィルムコンデンサ

ルビコン株式会社 フィルムコンデンサ 画像出典: ルビコン株式会社公式サイト

特徴

この商品は製造条件を工夫させた事でうなり音の発生を抑えることに成功したメタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサです。

難燃性が高いエポキシ樹脂(UL94 V-0)で誘導体を覆っているので、安全性が非常に高いです。

105℃までの熱に耐えうる製品ですが、安全に使用する為にも85℃を超えたら電圧を低減してください。

等価直列抵抗(ESR)を低くして大電流にも対応出来るので、カメラのストロボや緊急時のバックアップ電源などの放電回路に使う事が出来ます。

ルビコン株式会社の会社概要

製品を見る

フィルムコンデンサ

マルツエレック株式会社

特徴

この商品は、ポリプロピレンの上に金属を蒸着させた構造になっているメタライズドフィルムコンデンサーです。

静電容量の値が0.1μと非常に小さく、fz(ゼロ点)及びfc(カットオフ周波数)が高くなる為、理想的な減衰率に近づける事が可能になりました。

誘導体にポリプロピレンを使用しているので、安全性が高い上に湿度にも強いのが特徴です。

等価直列抵抗(ESR)が低いので、高周波あるいは大電流を必要とする製品に使う事が出来ます。

マルツエレック株式会社の会社概要

製品を見る

フィルムコンデンサの5製品一覧

フィルムコンデンサのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック


ミスミでチェック

フィルムコンデンサの中古品


ヤフオクでチェック


aucfanでチェック


セカイモンでチェック

関連記事

カテゴリから探す