【2021年版】オーディオアンプ メーカー5社一覧

オーディオアンプのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オーディオアンプとは

オーディオアンプとは、オーディオ内にある音を増幅するための装置です。

音源データがプレイヤー部分で読み込まれ、データに対応する信号がスピーカーに届くことで音が聞こえています。この時プレイヤーから発する信号は小さいため、そのままスピーカーに伝えただけでは音が鳴りません。アンプで信号を増幅させることで、スピーカーから音を出すことが可能になります。

アンプの役目は信号の増幅がメインですが、その他にも音質の調整や入力信号の切り替えにも役立っています。

オーディオアンプの使用用途

オーディオ装置が使われるところであれば利用されています。利用される中でも大きな影響を与えているのが、舞台演出です。

舞台は普通の空間と比べて、下記の特徴があります。

  • 広い
    舞台の規模にもよりますが、通常の生活空間より広い場所で行われています。広い分場所によって聞こえ方が変わりやすくなるため、大きな音が必要になります。
  • マイクを使う
    出演者の声が聞こえるようにするため、マイクが用いられます。マイクで入力された音はスピーカーから拡散されますが、拡散時にアンプが使われています。
  • BGMが流れる
    場面ごとに様々な音楽が流れます。音の切り替えにもアンプは役立っています。

オーディオアンプの原理

アンプは信号を増幅する手段により、種類が分けられています。

  • 真空管アンプ
    中が真空になっているガラス管を用いて、音を増幅させる方法です。ガラス管の中にはヒーターと電極が入っています。ヒーターで電極を加熱することで電流が流れ、信号も増幅します。

メリットは柔らかさがある音を楽しむことができます。理由としては、奇数倍の倍音より偶数倍の倍音が出やすいためです。

デメリットは効率の悪さです。トランジスタタイプに比べて、電力を必要とします。また電力の一部が熱に変換されるため、装置が熱くなりやすいです。そのため設置場所にも気を付ける必要があります。

  • トランジスタアンプ
    トランジスタと呼ばれる、半導体が含まれている部品を使って音を増幅させる方法です。

現在では真空管アンプに代わって、主流となっています。

メリットは効率のよさです。少ない電力で増幅効果を発揮することができます。またアンプ自体の寿命も、真空管より長いです。

トランジスタアンプは均一な音質になる分、人によっては硬いと感じる場合もあります。

参考文献
https://www.4900.co.jp/smarticle/9466/
https://www.denon.jp/ja-jp/blog/3596/index.html
https://www.pacnet.co.jp/column/2020/01/01200502.html
https://xn--dcknb0b6f4f7ftc.pw/archives/3197
https://korgnutube.com/jp/tube/
https://hiroya-kaitori.com/blog/tubeamp/
https://www.studionoah.jp/knowledge/guiter/post_3.php

オーディオアンプのメーカー情報

オーディオアンプのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ディーアンドエムホールディングス
  2. 2 株式会社エー・アール・アイ
  3. 3 音響特機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ラックスマン株式会社
  2. 2 エイマー電器株式会社
  3. 3 音響特機株式会社

オーディオアンプのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す