株式会社村田製作所
日本ケミコン株式会社
太陽誘電株式会社
京セラ株式会社
サムスン電機株式会社
Walsin Technology Corporation
TDK株式会社
Samwha Capacitor Group
Prosperity Dielectrics,Co.、Ltd.(PDC)
Presidio Components、Inc.
NIC Components Corp.
Knowles Precision Devices

【2021年版】積層セラミックコンデンサ5選 / メーカー23社一覧

積層セラミックコンデンサのメーカー23社・99製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


積層セラミックコンデンサとは

積層セラミックコンデンサ

積層セラミックコンデンサは、MLCCとも呼ばれ、小型化、大容量化が進むコンデンサ業界の中でも一層の進化が期待されています。

誘電体として主にチタン酸バリウムが利用され、内部電極と誘電体がいくつもの層になって形成されています。積層数を増やすことで静電容量を大きくすることができ、スペースを小さくしています。

積層セラミックコンデンサはチップ型とラジアル型があります。他のコンデンサと比較して高周波のインピーダンス、ESRが低く、高周波特性が良い特徴があります。

積層セラミックコンデンサの使用用途

積層セラミックコンデンサは層の数に応じて性能を選択することができ、ラインナップが幅広いので用途も広いです。

デカップリング、カップリング、平滑回路、DC/DCコンバータの平滑用、コンピュータ電源、ノイズ除去用として、携帯電話やテレビ、産業機器に搭載されています。車載用には、長寿命で故障しにくいものが選ばれています。産業機器用には、高容量で小型のものが多く使用されており近年では他のコンデンサからの置き換えも進んでいます。

現在主流の積層セラミックコンデンサの大きさは約1㎜程度でかなり小さいですが、今後さらに小型のコンデンサが主流になると考えられています。

積層セラミックコンデンサの原理

電極にニッケル、誘電体には主にチタン酸バリウムが使用されています。シート状の誘電体に内部電極となるニッケルのペーストが塗られ、そのシートを何枚も重ねて圧力をかけて成型します。その後、小さくカットされて1000℃程度で焼結し、外部電極を取り付けると積層セラミックコンデンサになります。

内部電極が左右交互に外部電極と接続されるようにすることで、層が並列に接合されていることと同じ状態になっています。

シート状で作製されるようになってから効率的になり、小型化、薄型化が一層進化しました。層の数は多くて1000層に及ぶものもあります。

誘電体に主に酸化チタンを用いた低誘電率系とチタン酸バリウムを用いた高誘電率系に分類されます。

また、静電容量変化率と温度範囲によってクラス1とクラス2に分類されています。クラス1は温度補償用、低容量で信号回路等に使用されます。クラス2は高誘電率で温度係数が大きくなっており、電源のデカップリングや平滑回路用に利用されます。

積層セラミックコンデンサの特徴

積層セラミックコンデンサは様々な特徴を備えたものが製品化されていますが、用途によって大きさ(サイズ)、耐電圧、温度特性等を考慮して採用する品種を決定することが求められます。
積層セラミックコンデンサは、特性面から大きくClass1 と Class2 の2種に分類されます。
Class1は温度補償型とも呼ばれますが、ESR(等価直列抵抗)が極めて小さいうえ、静電容量の温度変化が少なくかつ変化も直線的であるため比較的容易に補正が出来ます。しかしながら静電容量は1pF~1μF程度と小さなものが主流です。
主に発振回路や時定数回路など、静電容量の変化が望ましくない用途に使われます。

Class2 は強誘電型とも呼ばれ、チタン酸バリウムを主原料として、小型でも100μF程度の大きな静電容量が得られます。しかしながらESRは大きめで、静電容量の温度変動が大きく、かつDCバイアスが加わると実質的な静電容量が低下するなど、使用する上で留意すべき事項が多々あります。
従って、Class2 の積層セラミックコンデンサを採用する場合は、その特性を踏まえた上での回路設計が必須となります。
主な用途としては電源源の平滑用やデカップリングコンデンサなど、静電容量が多少変化しても影響が少ない回路に用いられます。

積層セラミックコンデンサのシェア

電子機器の世界で、積層セラミックコンデンサは、今や産業の米とまで言われるほど広く利用されています。例えばTV受像機1台当たり200個から300個程度、スマートフォンでは1台当たり1,000個程度の積層セラミックコンデンサが使われています。また、電気自動車であれば1台当たり15,000個を超えると云われています。
この積層セラミックの生産において、日本の企業が多くのシェアを占めています。

少し古いデータではありますが、2017年の金額ベースのシェア上位4社を紹介すると、
村田製作所 33.9%(2020年は40%超えの速報値あり)、サムスン電機 18.1%、太陽誘電 10.3%、TDK 8.4%
であり、日本企業3社で世界市場のシェアの過半数を占めています。

特に自動車では高性能な積層セラミックコンデンサが要求されますが、村田製作所とTDKが世界市場を独占している状態です。

積層セラミックコンデンサは、5G世代のスマートフォンが普及する2021年以降更に使用量が増えることが予想され、当分の間品薄状態が続くと考えられています。

参考文献
https://www.chemi-con.co.jp/catalog/pdf/ce-j/ce-all-1002a-2020.pdf
https://www.yuden.co.jp/jp/solutions/mlcc/
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-capacitors-2
https://j-chip.com/301/
https://article.murata.com/ja-jp/series/capacitor-guide
https://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=ideas-and-advice/multilayer-ceramic-capacitors-guide
https://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2005/04/p211-212.pdf

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

積層セラミックコンデンサのメーカー情報

積層セラミックコンデンサのメーカー23社一覧


積層セラミックコンデンサのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 TDK株式会社
  2. 2 京セラ株式会社
  3. 3 株式会社村田製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 CalRamic Technologies LLC
  2. 2 Viking Tech Corporation
  3. 3 Prosperity Dielectrics,Co.、Ltd.(PDC)

歴史のある会社

  1. 1 KEMET Corporation
  2. 2 American Technical Ceramics Corp.
  3. 3 日本ケミコン株式会社

積層セラミックコンデンサのカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されている積層セラミックコンデンサのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

Prosperity Dielectrics,Co.、Ltd.(PDC)のカタログ



積層セラミックコンデンサ5選

RCシリーズ

株式会社MARUWA RCシリーズ 画像出典: 株式会社MARUWA公式サイト

特徴

積層セラミックコンデンサRCシリーズは、従来品と比べて小型で大容量なセラミックコンデンサです。

内部電極にはニッケル金属を、端子電極には銅、ニッケルメッキ、錫メッキを、誘電体にはBT系原料の材質を使用しています。

温度特性はX7Rで、マイナス55度から125度と広範囲の温度帯に対応し、高温域で使用することができます。

主な用途として、電源や産業用機器に用いるのに適しており、アプリケーションの例には、デジタル回路全般やSW電源のスナバ回路などに用いることが出来ます。

株式会社MARUWAの会社概要

  • 会社所在地: 愛知県尾張旭市南本地ヶ原町三丁目83番地
  • URL: https://www.maruwa-g.com/
  • 創業: 1973年
  • 従業員数: 1,580人

製品を見る

チップ形 NT-5

日本ケミコン株式会社

特徴

積層セラミックコンデンサNTSシリーズは、一般品対応で、小型で大容量のチップ型積層セラミックコンデンサです。

製品の特長として、許容リプル電流が大きい点や、ノイズの吸収性能に優れている点や、X7R,X7Sの温度特性を有する点などがあります。

主な用途として、高い信頼性を要求される機器に用いたり、DC-DCコンバータの平滑や、オンボードやコンピュータの電源、電子機器の吸収などに使用することが出来ます。

日本ケミコン株式会社の会社概要

製品を見る

高周波積層セラミックコンデンサ

太陽誘電株式会社

特徴

積層セラミックコンデンサTVS021CH0R2AK-Wシリーズは、定格電圧25ボルト、はんだ付け方法はリフロー、絶縁抵抗値は最小で10Gオームで、使用温度の範囲はマイナス55度から125度の仕様の高周波積層セラミックコンデンサです。

積層磁気コンデンサの中では、Q値が高く高周波で得ることができるのが特徴です。

高周波のコンデンサのQ値や小型化が要求される用途や高周波回路の特性を調整する用途に適しています。

太陽誘電株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都中央区京橋2-7-19京橋イーストビル
  • URL: https://www.yuden.co.jp/jp/
  • 創業: 1950年
  • 従業員数: 21,723人

製品を見る

CMシリーズ

京セラ株式会社 CMシリーズ 画像出典: 京セラ株式会社公式サイト

特徴

積層セラミックコンデンサCMシリーズは、一般向けからRoHS対応品に対応しており、民生機器や産業機器など幅広く使用することができるスタンダードな製品です。

精度の高い生産技術に加え、誘電率の高い材料を用いて、小型で大容量であることと、純度が高いセラミックス原料と内部電極とのモノリシック構造によって、高い信頼性を実現しています。

主な用途として、民生機器や産業機器など幅広く使用することができ、アプリケーションには、スマートフォンやパソコン、産業機器などがあります。

京セラ株式会社の会社概要

製品を見る

車載グレード/CGAシリーズ 樹脂電極品 フットプリントはそのままでクラック対策

TDK株式会社

特徴

積層セラミックコンデンサCGAシリーズは、端子の電極構造に導電性樹脂層を用いた樹脂電極品です。

銅、ニッケル、錫の3層構造になっている通常の端子と違い、銅とニッケルの間に導電性樹脂の層が設けられた4層の端子構造にすることで外部の基板から伝わる応力を吸収してストレスを低減し、クラックを防ぐことが出来ます。

また、樹脂によって熱衝撃が吸収され、固着強度が低下することも押さえることが出来ます。

はんだ接合部の応力や熱衝撃の吸収が出来るので、主な用途として、基板の製造における割板やビス止めや、車載電装機器や鉄道車両用機器に使用されています。

TDK株式会社の会社概要

製品を見る

積層セラミックコンデンサの99製品一覧

積層セラミックコンデンサのオンライン購入


秋月電子通商でチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す