松尾電機株式会社
ニチコン株式会社

【2021年版】タンタル電解コンデンサ メーカー3社一覧

タンタル電解コンデンサのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タンタル電解コンデンサとは

タンタル電解コンデンサは、電気回路で使用されるコンデンサの1種として分類されます。タンタル電解コンデンサに電圧を印加すると電荷を蓄えたり、反対に電荷の溜まったタンタル電解コンデンサを負荷に接続することで放電するという機能を持っています。

タンタル電解コンデンサは名前の通りタンタルを材質として用いたコンデンサであり、アルミ電解コンデンサやセラミックコンデンサに比べて、小型で容量が大きいという特徴があります。また、アルミ電解やセラミックに比べて、容量のばらつきが少ないというメリットもあります。

タンタル電解コンデンサの使用用途

タンタル電解コンデンサは、主に電気回路上でコンデンサとして利用されます。また、サイズが小型のものが多いため、チップ部品として基板の表面実装品として用いられることが多いです。

近年、回路基板の小型化・高集積化が進んでいるため、本製品のような小型で高機能のものが重宝されています。

タンタル電解コンデンサは極性を持っており逆電圧を印加させてしまうとショートする恐れがあるため、基本的には直流回路にて使用されます。

タンタル電解コンデンサの原理

タンタル電解コンデンサは、タンタル粉体の焼結体表面に形成される酸化被膜を誘電体として用いています。複数の材質が積層された構成であり、+端子側からタンタル金属、タンタル酸化被膜、MnO2、カーボン層、陰極層の順に構成されています。+側から見る材質と-側から見る材質が全く異なるため、素子に電流が流れる際、+側から電流が流れるのと、-側から電流が流れるのでは、電荷の移動の仕方が変わります。そのため、極性が逆向きの状態で使用してしまうと素子が故障してしまうことになります。

また、タンタル電解コンデンサは半導体を利用していることから、積層面でp-n接合を成しています。構造上、半導体の特性を活かすことができるため、サイズが小さくても容量の大きいコンデンサを実現できるという利点があります。

タンタル電解コンデンサの形状としては、リード線の付いたリード型のものや、直方体でできたチップ型のものがあり、高集積化の必要な回路などに用いられます。

参考文献
https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/capacitors/tc_what1

タンタル電解コンデンサのメーカー情報

タンタル電解コンデンサのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニチコン株式会社
  2. 2 松尾電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ニチコン株式会社
  2. 2 松尾電機株式会社
  3. 3 株式会社ミカサ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ミカサ
  2. 2 松尾電機株式会社
  3. 3 ニチコン株式会社

タンタル電解コンデンサのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す