株式会社村田製作所
株式会社協和電器製作所
株式会社利久電器
日東電磁株式会社
太陽誘電株式会社
ハイエナジー株式会社
テクダイヤ株式会社
Walsin Technology Corporation
TDK株式会社
SemiGen, Inc.
Samwha Capacitor Group
Presidio Components、Inc.

【2021年版】セラミックコンデンサ5選 / メーカー26社一覧

セラミックコンデンサのメーカー26社・128製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セラミックコンデンサとは

セラミックコンデンサ

セラミックコンデンサは安価なコンデンサで、用途は広く最も多く使われています。

セラミックの種類は酸化チタンやアルミナが主に使用されており、材質によって特性が異なります。

また、チタン酸バリウムを使うとやや価格が高くなりますが、より容量の大きいコンデンサになります。

セラミック自体が熱に強いので、セラミックコンデンサは他と比較して温度安定性がよいコンデンサです。

周波数特性が良いので、高周波回路で使われています。

セラミックコンデンサの使用用途

セラミックコンデンサはデジタル回路のバイパスコンデンサとして利用されます。

コンデンサは、交流電流は通すけれども直流電流を通さない性質があり、セラミックコンデンサもその性質を利用してカップリングコンデンサやラインフィルタとして利用されます。

そのためAC/DC、DC/DCコンバータ回路やサーキットブレーカー用回路等に使用されています。

また、高周波や低周波のノイズをキャンセルするためにも利用されています。

セラミックコンデンサの原理

一般的なコンデンサと原理は同じです。

電極の間にセラミックの誘電体を入れて、電極間に電圧を発生させると電極に電荷が貯まり、一定程度貯まると放出するためコンデンサとしての性質が現れます。

コンデンサが蓄えられる電荷の容量を静電容量と呼び、誘電体の材質や電極間の距離、誘電体の層の数によって容量や性質が変わります。

セラミックコンデンサには低誘電率型、高誘電率型、半導体型があります。

  • 低誘電率型

 酸化チタンを主な誘電体に用いており、温度変化に強く温度補償用に利用されています。

カップリング用にも使われます。

  • 高誘電率型

 チタン酸バリウム等が誘電体で、酸化チタンより誘電率 が高くなっています。

静電容量が大きい特徴があり平滑回路に使われます。

やや価格が高くなります。

  • 半導体型

 誘電体にチタン酸ストロンチウムなどの半導体セラミックを用いています。

小型で容量が大きく絶縁性も良いコンデンサです。

価格は三つのうち最も高いです。

セラミックコンデンサの容量の読み取り方

例えば炭素被膜抵抗器や金属皮膜抵抗器などは本体サイズが小さいことから、抵抗値がカラーコードで表記されています。リード部品のセラミックコンデンサも本体サイズが小さいため、基本的に「0.1uF」「10uF」などのような容量を直接記載するようなことはせず、1~3桁の数字のみで容量を表示しています。

  • 1~2桁の場合は、単に数字をそのまま読み取り「pF(ピコファラド)」の単位を付けたものが静電容量となります。
    例えば「5」なら5pF、「33」なら33pFとなります。数字が小さい分そのまま印字できること、容量の小さなコンデンサはその分本体サイズもより小さくなることからこのように表現されています。
  • 3桁の場合は、炭素被膜抵抗などと同様に、上位2桁をそのまま数値として読み取り、3桁目を乗数として掛け算します。こちらも単位は「pF」です。
    例えば、「104」なら10×10の4乗=100000pF=100nF=0.1uF、「223」なら22×10の3乗=22000pF=22nF=0.022uFとなります。

「nF(ナノファラド)」はあまりなじみのない単位ですが、1000pF=1nF=0.001uFです。(Si接頭辞による表記)

一方で、チップタイプのセラミックコンデンサには容量を本体に記載しないものが多くなっています。実装や部品交換の際には使用する直前にテープから取り出す、小分けのできるケースに保管するなどし、静電容量の測定できるテスターなどで確認してから実装すると良いでしょう。

セラミックコンデンサの極性

一般にセラミックコンデンサには極性がないため、回路上でどちら向きに取り付けてもかまいません。
リード部品の場合、片面にしか静電容量が印刷されていないため、基本的に静電容量が印刷されている面が同じ向きを向くように、また、背の高い部品が近くにある場合には後から数値が読み取れる向きで実装しておくと、後から確認する際に見やすい基板となります。

セラミックコンデンサの耐圧

セラミックコンデンサにも当然印可してよい電圧の上限が定められていますが、コンデンサ本体のサイズや定格値によっては本体に記載のない場合や、略号として記載されている場合があります。特に高い電圧を扱う回路で使用する場合にはデータシートやメーカー型番などをよく確認してください。長い英数字の羅列となっているメーカー型番の中には、耐圧の情報も含まれています。

参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B5
https://www.matsusada.co.jp/column/post-15.html
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-capacitors-5
https://search.murata.co.jp/Ceramy/image/img/A01X/G101/JPN/RDE_X7R_X7S_25V-100V_J.pdf

セラミックコンデンサのメーカー情報

セラミックコンデンサのメーカー26社一覧


セラミックコンデンサのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 TDK株式会社
  2. 2 株式会社村田製作所
  3. 3 太陽誘電株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ハイエナジー株式会社
  2. 2 Exxelia Group
  3. 3 SemiGen, Inc.

歴史のある会社

  1. 1 Morgan Advanced Materials plc
  2. 2 American Technical Ceramics Corp.
  3. 3 TDK株式会社

セラミックコンデンサ5選

セラミックコンデンサ(リード)

株式会社村田製作所 セラミックコンデンサ(リード) 画像出典: 株式会社村田製作所公式サイト

特徴

RDEシリーズは一般用リードタイプの積層セラミックコンデンサです。

チップ内蔵電極をセラミックで覆った上からエポキシ樹脂で保護し、リード線を取り付けた構造をしています。

数mm~数十mm程度と小型にもかかわらず、数pF~数十μF程度の大きな静電容量を持ってる点が優れています。

また、ECRが小さく高い周波数まで利用が可能で、様々な種類のラインナップがあるため、用途に応じて使い分けることができます。

株式会社村田製作所の会社概要

製品を見る

セルコン

株式会社協和電器製作所 セルコン 画像出典: 株式会社協和電器製作所公式サイト

特徴

セルコンは協和電器製作所が酸化チタン系材料を改良して開発したセラミックコンデンサです。

寿命特性が良好で誘電体損失や絶縁抵抗の劣化がほとんど起きないため長期間にわたって電気的性能が安定しています。

また、小型で軽量であるため取り扱いが便利で、構造が簡単なのでインダクタンスも極めて小さいです。

さらに、絶縁抵抗の温度、電圧特性が良好なため、高温や高電圧の環境下でも十分に使用することができます。

株式会社協和電器製作所の会社概要

製品を見る

ニットーコン

日東電磁株式会社 ニットーコン 画像出典: 日東電磁株式会社公式サイト

特徴

ニットーコンは高周波かつ大電力用のセラミックコンデンサです。

セラミック素体を1200℃以上で焼結させ、直接銀電極を焼き付けた上に端子を接合することで作られており、電極表面とセラミックス素体には特殊塗装が施されます。

小型・軽量で電力負荷に対して高い能力を発揮する上に、電気的特性が安定しており経年劣化しないのが特徴です。

また、絶縁抵抗が極めて高い点や、耐熱性や耐湿性が高い点も優れています。

日東電磁株式会社の会社概要

製品を見る

積層セラミックコンデンサ(高誘電率系)

太陽誘電株式会社 積層セラミックコンデンサ(高誘電率系) 画像出典: 太陽誘電株式会社公式サイト

特徴

積層セラミックコンデンサ(高誘電率系)はモノシリックの構造をしている信頼性の高いセラミックコンデンサです。

電極にNi金属を使用して端子電極部にはメッキを施すことにより、はんだ付け性や耐熱性を高め、マイグレーションがほとんど発生しない高性能なコンデンサが実現されました。

また、等価直列抵抗が小さいためノイズの吸収性に優れています。

携帯電話や無線機器などの通信機器全般に使用される他、電源バイパスコンデンサや平滑コンデンサとして一般の電子機器にも広く使用されています。

太陽誘電株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都中央区京橋2-7-19京橋イーストビル
  • URL: https://www.yuden.co.jp/jp/
  • 創業: 1950年
  • 従業員数: 21,723人

製品を見る

超高電圧セラミックコンデンサ

TDK株式会社 超高電圧セラミックコンデンサ 画像出典: TDK株式会社公式サイト

特徴

UHVシリーズは超高電圧用のセラミックコンデンサで、体格電圧が20~50kVの様々なタイプの製品があります。

等価直列抵抗が低く低損失であり、ゆがみ率も低いのが特徴です。

また、モールド形でネジの付いた金属端子によって取り付けが簡単な構造をしており、モールド樹脂は非常に信頼性の高いものを適用しています。

主に高電圧電源回路に使用され、高電圧を必要とする医療装置やレーザー、工業用の分析装置などに用いられるコンデンサです。

TDK株式会社の会社概要

製品を見る

セラミックコンデンサの128製品一覧

セラミックコンデンサのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

セラミックコンデンサの中古品


ヤフオクでチェック

関連記事

カテゴリから探す