【2021年版】SRモーター メーカー2社一覧

SRモーターのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


SRモーターとは

SRモーターとは「スイッチトリラクタンスモーター」の略で、高速回転が可能なモーターの一つです。また仕組みが簡単で安価、信頼性も高いモーターと言われています。構造としては4つのロータオーと6つのスロットが設けられており、電磁力により引きつけられる力のみで動きます。永久磁石を利用しないため、レアアース使用の削減に繋がり、資源節約の面においても優れたモーターです。しかし、駆動時の騒音や振動が一番の問題で、半導体素子を用いたスイッチング技術の向上による解決が求められています。

SRモーターの使用用途

SRモーターは高速回転を必要とする機器に広く用いられています。例えば、掃除機や洗濯機です。このような家電は駆動時に回転運動を必要とします。掃除機がゴミを吸引する際や、洗濯機が衣類を脱水する際です。したがって、高速回転可能なSRモーターが内部に組み込まれている場合があります。また、電気自動車への利用も期待されています。SRモーターは高速回転が可能なだけでなく、低コストで信頼性が高いモーターです。さらに、大量生産にも向いているため電気自動車での利用が注目されています。

SRモーターの原理

SRモーターは永久磁石を利用しない画期的なモーターです。ここでは、そのSRモーターの原理から、特徴までをご紹介していきます。

構造としては単純な4極6スロットの作りとなっています。ローターは永久磁石を使用せずに金属でできており、周りには巻線で作られたコイルがあります。コイルのN極S極はどちらでもよく、コイルの間には6つのスロットが存在します。SRモーターはコイルに電流を流した際に、金属が引きつけられる力のみを利用して回転しているのです。構造が単純であるため製作が容易で大量生産に向いています。また、低コストで信頼性の高いモーターと言えます。

しかし、コイルの磁極が入れ替わるたびにローターとステーターが伸び縮みを繰り返すことになります。この微細な動きによって振動や騒音の問題が発生するのです。これらの解決策が見つからずSRモーターの利用は避けられていましたが、近年の半導体素子による制御技術の進歩によって普及しつつあります。

参考文献
https://xtech.nikkei.com/atcl/learning/lecture/19/00067/00005/
https://www.hitachi-ies.co.jp/products/motor/kahen/hispeed.html
https://www.fit.ac.jp/kenkyu_shokai/archives/44

SRモーターのメーカー情報

SRモーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本電産株式会社
  2. 2 株式会社明和製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 日本電産株式会社
  2. 2 株式会社明和製作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社明和製作所
  2. 2 日本電産株式会社

SRモーターのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す