オリエンタルモーター株式会社

【2021年版】シンクロナスモーター メーカー9社一覧

シンクロナスモーターのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シンクロナスモーターとは

電源周波数に対して正確に同期して回転するモーターで同期電動機と呼ばれることもあります。

ステッピングモーターサーボモーターを駆動する際はモータドライバが必要ですが、シンクロナスモーターはAC電源とコンデンサだけで簡単に駆動することができます。

単方向にのみ回転できるタイプと両方向に回転できるタイプがあり、負荷が変動したり、電圧が変動しても回転速度は変わらないという特徴を活かし、安定した動力源として様々な分野で活躍しています。

シンクロナスモーターの使用用途

複数軸で同期が求められるサイドコンベアやギアをつけてさらに低速で安定してワークを回転させることができる特徴を活かしてターンテーブルやディスプレイ装置などで使用されています。

低速で一定の速度で回転する必要がある複写機や防犯カメラの駆動、仏壇のトビラ開閉やバルブの開閉などでも用いられています。また、同じワークを一定速度で巻き上げ、同じ速度で巻き下げを行う機構でも使用されています。

また、起動・停止を繰り返す搬送コンベア用モーターとして活用されています。

シンクロナスモーターの原理

速度を変えたり複雑な制御はできませんが、コンベアのように停止、起動を繰り返す単純な動作に向いたモーターです。途中で負荷が変わっても回転速度が変わらないため、安定した回転動力源です。

回転速度(r/min)は、120×電源周波数/モーターの極数で表されます。

モーターに許容される負荷以内ならば、電源周波数の1.5サイクル(60Hzの場合、0.025秒)以内に停止、起動、正転逆転を行うことができ、入力に対する応答性に優れています。また、電源を切るだけでモーターは10°以内で停止します。高精度なスイッチを使用することで、簡易位置決めを行うことも可能です。

ステッピングモーターなどと同様にローター部に永久磁石が用いられており、電源をきってもその状態で保持力を維持することができます。またほかのモーターと同様にギアヘッドを組み合わせることでさらに低速にしたり、高保持力にすることができます。

参考文献
https://www.orientalmotor.co.jp/products/standard_ac/smk/features/
https://www.pulsemotor.com/products/synchronous/

シンクロナスモーターのメーカー情報

シンクロナスモーターのメーカー9社一覧


シンクロナスモーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オリエンタルモーター株式会社
  2. 2 川北電興株式会社
  3. 3 株式会社三龍社

設立年の新しい会社

  1. 1 共栄通信工業株式会社
  2. 2 N-ERVE TECHNOLOGY CO.,LTD.
  3. 3 株式会社名古屋モーションコントロール

歴史のある会社

  1. 1 オリエンタルモーター株式会社
  2. 2 株式会社三龍社
  3. 3 鳥居電業株式会社

関連記事

カテゴリから探す