【2021年版】硬度計5選 / メーカー12社一覧

硬度計のメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


硬度計とは

硬度計

硬度計とは、その名の通り硬さを測定する装置です。
硬さは一つの方法や単位で決まっておりません。測定する材料には、金属、樹脂など多くの種類があり、用途に応じて硬さを測定する方法を選択する必要があります。
硬さには、押込み硬さと反発硬さに分けられます。

  • 押込み硬さ
    圧子と呼ばれるダイヤモンドなどの硬い材料を測定する材料に押し付け、その押し付けたくぼみの深さなどによって硬さを求めます。
  • 反発硬さ
    圧子を測定する材料にぶつけて、ぶつけた後の圧子の反発の大きさによって硬さを測定します。

硬度計の使用用途

硬度計の使用用途として、以下に代表的な計測方法の用途を説明します。

  • ロックウェル硬さ
    主に熱処理をした鉄鋼材料の硬さを測定します。特徴は、測定が容易でバラツキも少ないことにあります。
  • ビッカース硬さ
    圧子が目に見えないほど小さいので、小さな材料の測定に使用します。また、セラミックスやプラスチックなどの測定に使われます。
  • ショア硬さ
    反発高さ試験で圧子を特定の高さから落とし、ぶつけた後の圧子の反発の大きさ(跳ね返りの高さ)から測定します。
    そのため、電源が不要です。大きな建築物などの現地試験が可能となります。

硬度計の原理

硬度計の原理について、以下に説明をします。

  • ロックウェル硬さ
    押込み硬さの一種で、ダイヤモンドや硬球などの圧子を、定められた荷重を測定する材料にかけてくぼみを作ります。そのくぼみの深さから硬さを測定する方法する方法です。
    まず、最初に基準の押し付け荷重を圧子にかけて、深さの原点を決めます。その後、決められた試験押し付け荷重に達するまで、追加で荷重を負荷します。次に追加の荷重を除去して、基準荷重に戻します。この時の最初に基準荷重をかけて原点とした深さと基準荷重に戻した深さの差により硬さを測定します。
  • ビッカース硬さ
    押込み硬さの一種で、ダイヤモンドを圧子として測定する材料に押してつけてくぼみを作り、押し付けた荷重とくぼみの表面積から硬さを測定する方法です。
  • ショア硬さ
    反発硬さの一種で、銅棒の先端にダイヤモンドを取り付けた圧子を測定物のに落下させて、測定物にぶつけた後の圧子の跳ね返りの高さから測定する方法です。

硬度計の単位

硬度計の表示単位は それぞれの測定方式により個別に設定されています。下記に代表的な例を記します。

  • ロックウェル硬さ HRC/HRB
  • ビッカース硬さ HV
  • リバウンド式 HL
  • ショア硬さ HS
  • ブリネル硬さ HB

などが有り、それらの単位の間には、ある程度の相関性が有り、換算表で確認することができます。

一番普及している単位はビッカース硬さ HVです。石の硬度などはビッカースで表されます。 金属の焼入れ硬度はロックウェル硬度HRCが用いられます。

硬いことで知られるダイヤモンドは、基本的に宝石の硬度単位であるモース硬度で表される「ひっかき法」で測定されます。ダイヤモンドは モース硬度10 (硬度の範囲は1~10)で表示されて、モース硬度10は、ビッカース硬度では HV 1300 という表記となります。

食品用硬度計

食料品の硬さを計る測定器はレオテスター、またはレオメータと呼ばれます。

レオテスターの測定対象となる食品は、本編のいわゆる硬度計のカテゴリに比すると、はるかに柔らかく上記の硬度計では測定することができません。
レオテスターの測定単位も他の硬度単位と同様に規定が無いため、測定で使った荷重計、フォーステスターなどの表示単位をそのまま使うか、圧縮板を用いた場合には圧縮板の面精あたりの表示(N/㎟)などで表示されます。しかし、他の硬度と同様にデータの相関性は薄いため、同じ測定器で測定したデータ間での相対比較で評価することになります。

水の硬度計

このカテゴリの測定も、本編の硬度計とは違うカテゴリの測定で、いわゆる硬水、軟水などと呼ばれる水の硬さを表します。それは、水に含まれカルシウム量の2.5倍(Cax2.5)とマグネシウム量の4倍(mgx4)の和の値を表していて、それらの物質を、化学反応で測定する測定器と、試薬を使って測定します。単位は mg/L(アメリカ硬度) で表記され、数値が高いものを硬水と呼びます。

参考文献
https://info.shiga-irc.go.jp/public/data/1008/205.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe/75/10/75_10_1183/_pdf
https://www.keyence.co.jp/ss/products/recorder/testing-machine/material/hardness.jsp
http://ms-laboratory.jp/strength/ms2/hd/hd.htm

硬度計のメーカー情報

硬度計のメーカー12社一覧


硬度計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 西野産業株式会社
  2. 2 株式会社三弘
  3. 3 株式会社フューチュアテック

設立年の新しい会社

  1. 1 エフティーエス株式会社
  2. 2 directindustry
  3. 3 菱光社タイランド

歴史のある会社

  1. 1 西野産業株式会社
  2. 2 株式会社三弘
  3. 3 高分子計器株式会社

硬度計5選

MD-1capa

高分子計器株式会社

特徴

MD-1capaは、薄物・小物試料用ゴムの硬さを計測できるマイクロゴム硬度計です。

微小な自動車部品、電子部品、OA機器などのゴム部品の硬さを測定でき、製品形状での測定が可能であるためテスト用にサンプル片を用意する手間が不要です。

ゴム部品以外にも熱可塑性エラストマー、軟質プラスチック製のミクロな材料の硬度を計測できます。

シンプルな操作で1回3秒程度の時間で高精度に測定でき、EthernetまたはRS-232Cでパソコンにデータを転送することも可能です。

高分子計器株式会社の会社概要

製品を見る

果実硬度計

株式会社藤原製作所

特徴

藤原製作所製の果実硬度計は、リンゴ、ナシ、モモ、柿といった作物の成熟度合いの指標である硬さを計測することに適した製品です。

手のひらサイズのコンパクトで軽量な計測機であり、「ポケット型」のものであればわずか100 gという軽さです。

現場に簡単に持っていける可搬性と、対象に押し当てるだけで測定が実施できるシンプルさが特徴で、誰でも簡単に計測が実施できます。

先端の部品を交換することで、石鹸やグミのような食品にも適用できます。

株式会社藤原製作所の会社概要

製品を見る

FBH-L2 AUTO

株式会社富士試験機製作所

特徴

FBH-L2 AUTOは、ブリネル硬さの計測に適した硬度計であり、工程を自動化しているため労力の大幅な軽減が期待できる製品です。

自動でくぼみ(ブリネル圧痕)を作成することで労力を軽減してくれる上、「自動連続作用モード」を備えているため効率的に連続測定が可能です。

試験力に関して、一般的には7段階で変えられる製品が多い中、本製品は4903 N(500 kgf)から29420 N(3000 kgf)まで、11段階で任意に設定が可能という点も特徴です。

また金属組織が粗い素材にも適用可能です。

株式会社富士試験機製作所の会社概要

製品を見る

LC-200R/LC-200RBシリーズ

株式会社フューチュアテック

特徴

LC-200R/LC-200RBシリーズは、ロックウェル硬さを計測することに適した硬度計であり、インテリジェントな全自動計測を実現します。

従来製品の10倍の分解能を有するリニアゲージにより、圧痕深さを直接検出し硬度算出ができます。

各種規格(ISO、JIS、ASTM等)の異なる試験条件も本製品1台で対応できる柔軟さがあり、各種試験条件の設定・変更はタッチパネルから簡単に切り替え可能です。

言語も8か国語(日本語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語)に対応しており、多くの測定者が使用できる製品になっています。

株式会社フューチュアテックの会社概要

製品を見る

デジタル貫入式土壌硬度計

大起理化工業株式会社

特徴

大起理化工業株式会社のデジタル貫入式土壌硬度計は、土壌の硬さを1 cm単位で1 cm~90 cmまで計測可能な製品です。

本体に水準器が搭載されており、測定対象箇所に真っすぐ貫入できているか確認しやすい設計になっています。

計測データ表示器はタッチパネルを搭載しており、簡単に測定データの確認や操作が実行できる上、測定データは表示器にグラフ表示されるため把握が容易です。

貫入時の速度目安を表示する機能も備えているため、誰でも貫入速度を一定にでき安定した測定が実施できる点も特徴です。

大起理化工業株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す