株式会社東陽テクニカ
株式会社東京測器研究所
株式会社小森安全機研究所
株式会社エー・アンド・デイ
ユニパルス株式会社

【2021年版】荷重計 メーカー13社一覧

荷重計のメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


荷重計とは

荷重計は荷重や力の物理量を電気シグナルに変換して、数値として取り出す計測器です。荷重や力の検出素子には主に歪ゲージが使用されています。材質・容量・形状によって歪ゲージの種類を合わせることができます。

荷重や力に対する歪ゲージの出力変化を同じ条件の負荷がかかるようにした精度の高いセンサーと較正することで信頼性の高い測定器となります。静的・動的療法の測定に適しています。引張・圧縮両用型、引張型、圧縮型に分けられます。

荷重計の使用用途

サイズが小型のため、制御ユニットや生産ラインなどの産業分野で使用されています。

3方向の荷重や力の他に3軸回りのモーメントを測定できる6軸力センサーは高度な作業を可能とする力制御ロボットに使用されています。

荷重・変位パラメータを測定できるため材料疲労試験機に使用されています。

ロックアンカ・アースアンカなどPC鋼棒・PC鋼線に加わる力の測定に使用されています。

クレーンで吊り上げた重量を測定する吊り荷重測定に使用されています。

荷重計の原理

荷重計には受けた力に比例して変形し、その歪量を測定する歪ゲージが使用されています。歪量に比例して、電気抵抗が変化する歪量を4箇所測定し、ホイートストンブリッジの考えを適用します。歪量と比例した出力電圧がとても小さい電圧シグナルとして出力されます。小さなシグナルはアンプなどの増幅器を用いて増幅して、数値として取り出します。一般的に増幅器は1マイクロボルト未満のシグナルを正確に識別できるほどの精度が求められます。力計測器を荷重計に伝達する力を測定できるように設置し、出力電圧と力の測定をリアルタイムで同期させ、出力電圧と力の関係を較正することで荷重計単体による荷重の測定が可能となります。

荷重計が使用される環境はノイズなど不要なシグナルが影響する場合が多く、必要なシグナルのみ取り出せるようフィルタが必須となります。

荷重計は内部構造によって円輪盤曲げタイプ、中空コラム圧縮タイプ、ベンディングタイプ、シェアタイプに種類分けされます。

参考文献
https://tml.jp/knowledge/transducers/load_cell-note.html
https://www.unipulse.tokyo/techinfo/loadcetthowto/
https://tml.jp/knowledge/transducers/load_cell-example.html

荷重計のメーカー情報

荷重計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社エー・アンド・デイ
  2. 2 ティアック株式会社
  3. 3 株式会社東陽テクニカ

設立年の新しい会社

  1. 1 ビカ・ジャパン株式会社
  2. 2 株式会社ユキシステム
  3. 3 東洋測器株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社小森安全機研究所
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 ティアック株式会社

荷重計のメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す