株式会社東陽テクニカ
株式会社マグナ
株式会社アイエムエス

【2021年版】磁気計測器 メーカー10社一覧

磁気計測器のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁気計測器とは

磁気計測器とは、物体の磁力を測定することのできる装置のことです。代表的な磁気測定器としては、「ガウスメーター」、「フラックスメーター」、「マグネットアナライザ」などがあります。磁石の周りには磁界が発生しており、磁束が伸びています。この磁束が影響する範囲の中では、磁力によって物体が反発したり引きつけ合ったりするのです。また、磁力の原理はモーターやセンサなどの身近な場所で多く利用されています。磁力の大きさや方向を正しく調べることは、様々な製品の品質管理において重要な工程なのです。

磁気計測器の使用用途

磁気計測器は様々な場所で利用されますが、用途によって使用する機器が変わります。物体から出る全ての磁束の和である総磁束を計測するのか、単位面積あたりの磁束である磁束密度を測定するのかという違いです。

まず、総磁束を測定する機器は磁石の磁力検査に利用されます。磁力検査では少ない時間で大量の磁力を調べる必要があるため、総磁束の測定が適しているのです。

次に、磁束密度を測定する機器はよりピンポイントの品質検査に利用されます。細かな範囲の磁束を計測することで単純な品質管理だけでなく、製品の特性を確認することもできます。また、漏洩した磁束を計測し、製品の欠陥を調べることにも適しています。

磁気計測器の原理

磁気計測器には用途によって様々な種類がありますが、ここでは代表的なガウスメーターの原理や特徴についてご紹介します。

ガウスメーターとは、物体の磁束密度を計測することができる装置です。原理としては、ホール効果を利用して磁束密度を計測しています。一定方向に電流の流れる金属や半導体に垂直に磁界をかけると、この二つと垂直の方向にローレンツ力が発生します。金属や半導体内の電子はローレンツ力によって移動させられ片側に集まるため、電流や磁界と垂直方向にホール電圧呼ばれる電位差が生まれます。このホール電圧は対象にかかっている磁界の大きさと比例していることから、計算によって磁束密度を算出できます。

また、固定タイプとハンディタイプのガウスメーターがあります。ハンディタイプのガウスメーターは持ち運びが可能なため細かな部分における磁束密度の測定には長けていますが、測定可能範囲や精度においては固定タイプのガウスメーターが優れています。

参考文献
http://ims-jp.com/column_a/05/
https://www.irii.jp/examination/detail/pdf/kaihoh13_01.pdf
https://ekuippmagazine.com/measuring/gauss-teslameter/

磁気計測器のメーカー情報

磁気計測器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 電子磁気工業株式会社
  3. 3 東英工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ディー・エム・ティー
  2. 2 メトロン技研株式会社
  3. 3 株式会社マグナ

歴史のある会社

  1. 1 東英工業株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 日本電磁測器株式会社

磁気計測器のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す