株式会社東陽テクニカ
株式会社マグナ
株式会社アイエムエス

【2021年版】磁気計測器5選 / メーカー10社一覧

磁気計測器のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁気計測器とは

磁気計測器とは、物体の磁力を測定することのできる装置のことです。代表的な磁気測定器としては、「ガウスメーター」、「フラックスメーター」、「マグネットアナライザ」などがあります。磁石の周りには磁界が発生しており、磁束が伸びています。この磁束が影響する範囲の中では、磁力によって物体が反発したり引きつけ合ったりするのです。また、磁力の原理はモーターやセンサなどの身近な場所で多く利用されています。磁力の大きさや方向を正しく調べることは、様々な製品の品質管理において重要な工程なのです。

磁気計測器の使用用途

磁気計測器は様々な場所で利用されますが、用途によって使用する機器が変わります。物体から出る全ての磁束の和である総磁束を計測するのか、単位面積あたりの磁束である磁束密度を測定するのかという違いです。

まず、総磁束を測定する機器は磁石の磁力検査に利用されます。磁力検査では少ない時間で大量の磁力を調べる必要があるため、総磁束の測定が適しているのです。

次に、磁束密度を測定する機器はよりピンポイントの品質検査に利用されます。細かな範囲の磁束を計測することで単純な品質管理だけでなく、製品の特性を確認することもできます。また、漏洩した磁束を計測し、製品の欠陥を調べることにも適しています。

磁気計測器の原理

磁気計測器には用途によって様々な種類がありますが、ここでは代表的なガウスメーターの原理や特徴についてご紹介します。

ガウスメーターとは、物体の磁束密度を計測することができる装置です。原理としては、ホール効果を利用して磁束密度を計測しています。一定方向に電流の流れる金属や半導体に垂直に磁界をかけると、この二つと垂直の方向にローレンツ力が発生します。金属や半導体内の電子はローレンツ力によって移動させられ片側に集まるため、電流や磁界と垂直方向にホール電圧呼ばれる電位差が生まれます。このホール電圧は対象にかかっている磁界の大きさと比例していることから、計算によって磁束密度を算出できます。

また、固定タイプとハンディタイプのガウスメーターがあります。ハンディタイプのガウスメーターは持ち運びが可能なため細かな部分における磁束密度の測定には長けていますが、測定可能範囲や精度においては固定タイプのガウスメーターが優れています。

参考文献
http://ims-jp.com/column_a/05/
https://www.irii.jp/examination/detail/pdf/kaihoh13_01.pdf
https://ekuippmagazine.com/measuring/gauss-teslameter/

磁気計測器のメーカー情報

磁気計測器のメーカー10社一覧


磁気計測器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 電子磁気工業株式会社
  3. 3 東英工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ディー・エム・ティー
  2. 2 メトロン技研株式会社
  3. 3 株式会社マグナ

歴史のある会社

  1. 1 東英工業株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 日本電磁測器株式会社

磁気計測器5選

BH-1000H

電子磁気工業株式会社

特徴

BH-1000Hは、硬質磁性材料(ハード材)の直流磁化特性や高保磁力材料特性の測定に適した磁気計測器です。

1サンプルあたり100 μsecでの高速サンプリングを実施しており、同社の従来製品と比較したサンプリング点数は10倍となるため、高分解能な計測データを得ることができます。

また、ドリフトレスであるため時間とともに測定データが変動することはありません。

微小コアから永久磁石まで広範囲の測定が可能な製品です。

電子磁気工業株式会社の会社概要

製品を見る

テスラメーターTM-4702

株式会社マグナ

特徴

TM-4702は、マグネットなどの直流磁束密度(DC)やトランスなどの交流磁束密度(AC)を高精度に計測できる磁気計測器です。

自動キャリブレーション、コンパレータ・ピークホールド機能など多くの機能を備える上、0.01 mT~4.0 Tという広い範囲で高精度に測定できます。

オプション品として超極細世界最小サイズのプローブも用意されています。

該プローブを組み合わせることで従来実現できなかった狭いギャップでの磁束測定、小径マグネットの磁束測定が可能になります。

株式会社マグナの会社概要

  • 会社所在地: 東京都渋谷区代々木一丁目58番1号石山ビル5階
  • URL: https://www.magna-tokyo.com/
  • 創業: 1984年
  • 従業員数: 30人

製品を見る

HGM-8900S

株式会社エーデーエス

特徴

HGM-8900Sは、低磁界における磁束密度を計測することに適した磁気計測器です。

3つの独立した計測回路を備えているため、入力3チャンネル同時測定可能な点が最大の特徴です。

回路間での相互干渉がほとんど起きない設計となっており、回路間のクロストークは-60 dB以下に抑えられています。

2 mT、20 mT、200 mT、2 Tの4つの測定レンジ切り替えに対応し、最小分解能は 0.001 mT という非常に小さなステップでの計測が可能です。

株式会社エーデーエスの会社概要

製品を見る

MTX Ver.6

株式会社アイエムエス

特徴

MTX Ver.6は、3次元でベクトル磁界分布を計測可能な磁気計測器であり、測定の精度に強みがある製品です。

本製品は「1チップ3軸磁気センサ」を搭載しているため、単に3つの磁気センサーを用いた計測器に比べ、3軸の位置ずれが無いため高精度な測定を実現しています。

また、磁気センサの感磁位置を自動的に検出し、装置の機械的原点と合わせる「高精度位置決め機能」と、磁気センサの角度ズレを自動的に検出して補正をかける「角度補正機能」を搭載しており、測定の再現性を高めています。

ソフトウェアによる多彩な表示・解析機能も備えており精度・機能面ともに高いパフォーマンスを備えた製品です。

株式会社アイエムエスの会社概要

製品を見る

GV-400

日本電磁測器株式会社

特徴

GV-400は、わずか110 g程度のハンディタイプ磁気計測器であり、交流磁界の計測に適した製品です。

手軽に測定ができる製品ですが、最小分解能0.01 mT、0.01 mT~1.999 Tというワイドレンジ計測に対応しピークホールド機能も備えるため実用的です。

単四電池で動作し連続6時間使用可能なため長時間の測定作業にも適しています。

製品にはニッケル水素充電池、充電器も付属していますので電池の買い替えの手間が省けます。

日本電磁測器株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す