株式会社椿本チエイン
株式会社ソーキ
株式会社エー・アンド・デイ

【2021年版】テンションメーター メーカー8社一覧

テンションメーターのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


テンションメーターとは

テンションメーターは物質の張力を測定する装置

テンションメーターとは物質の張力を測定する装置です。張力とは物質を引っ張ったときに働く応力であり、物質や用途によって値が異なります。糸やワイヤーなどが張った状態で機器を挟むことで張力を測定することができます。

張力の範囲、サンプル形状によって用いる装置は異なる

測定したい張力の範囲ごとに用いるテンションメーターは異なります。太いワイヤーなど大きな張力が掛かるものから低荷重用のものまで、様々なタイプの機器が販売されています。また、フィルムなどの幅が広いサンプルの張力を測定する装置も販売されています。

テンションメーターの使用用途

ワイヤーやロープなどの紐状製品で主に利用される

テンションメーターはワイヤーや紐、ロープなどの張力管理に用いられます。実際にワイヤーなどを使用する場面においてどの程度の張力が加わっているか、許容される張力の範囲に入っているか確認するためにテンションメーターを用います。

フィルムの製造プロセスでもテンションメーターは用いられる

また、プロセスにおいてフィルム等に加わる張力の測定にもテンションメーターは用いられます。例えばフィルムを走行させるプロセスにおいて加わる張力が弱いとフィルムに波が生じてしまい、加わる張力が強いと過剰にフィルムが伸ばされた状態になってしまいます。そのため、プロセスにおける張力を測定、管理することで材質の変化を防ぐことができます。

テンションメーターの特徴

携帯型とラインに組み込むタイプのテンションメーターがある

テンションメーターは物質が引っ張られた状態での張力を測定します。例えば繊維やロープ、ワイヤーなどの製造プロセスにおける張力を測定したり、走行中のフィルムの張力測定などでテンションメーターは使用されます。テンションメーターには携帯型の機器と製造ラインに組み込まれて張力を常時記録する機器があります。前者のテンションメーターはサンプルを挟むだけで簡単に張力を測定することが可能です。一方で後者の機器はプロセス異常などに起因する張力の変化を監視することができます。

テンションメーターに過度な荷重が加わらないように注意

テンションメーターのなかには何かを吊り下げた状態での張力を測定する機器もあります。このような静荷重用のテンションメーターを使用するときは吊り下げた物質を勢いよく落とすなど、テンションメーターに瞬間的でも大きな荷重が加わることがないように注意が必要です。また重量物を索引するワイヤーなどの張力を測定、荷重を加える場合は安全使用率を考慮した上で破断が起こらないように十分な注意が必要です。

参考文献
https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter
https://www.webshiro.com/sokutei_sc/tensionmeter.html
http://www.ngk-nagaki.com/producttensionmeter.html
https://www.taiyoseiki.co.jp/blog/219/

テンションメーターのメーカー情報

テンションメーターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社椿本チエイン
  2. 2 株式会社エー・アンド・デイ
  3. 3 株式会社ソーキ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ソーキ
  2. 2 株式会社イマダ
  3. 3 カワミツ産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社椿本チエイン
  2. 2 上野山機工株式会社
  3. 3 宇野株式会社

テンションメーターのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す