株式会社日立産機システム
株式会社戸上電機製作所
富士電機株式会社
三菱電機株式会社

【2021年版】負荷開閉器 メーカー11社一覧

負荷開閉器のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


負荷開閉器とは

負荷開閉器とは、電流が流れる負荷側の回路の一次側高圧入力部に設置した開閉器のことを言います。単純に開閉器のことを言うため、他の機能として、電流制限を行う様な機能は
持っていなく、何かしらの原因で回路ショートが起きても、異常な電流を遮断することが出来ず、その時は回路の破壊を防ぐことが出来ません。最も使用されているものには、高圧交流負荷開閉器があります。更に、区分開閉器や高圧交流気中負荷開閉器、高圧交流真空負荷開閉器などに区分が出来ます。

負荷開閉器の使用用途

負荷開閉器の使用用途の一例として、例えば、電柱の上側に置かれており、発変電所から送られてきた高圧の電気を家庭向けの低圧に変える変圧器の1次入力高圧部に設けられて
いるものが区分開閉器です。過大な電流や据え付けられた機器の故障や配線のショートを遮断して保護する為に、電力ヒューズが併用して設置されている場合が多数です。負荷開閉器については、一般的に負荷電流の開閉だけに使用されており、短絡電流を遮断する能力や機能を有しておりません。短絡電流に対する遮断保護については、遮断器が動作し、定格電流に達する迄の電流開閉能力を持っています。つまり、事故が発生した際に、過大に流れる故障電流を遮断する機能はなく、負荷電流しか遮断することは出来ません。

負荷開閉器の原理

負荷開閉器の原理を説明します。今回は負荷開閉器と言っても、世の中で最も使われているLBS(ロードブレイクスイッチ)といわれる高圧交流負荷開閉器について解説します。
LBSは変圧器やコンデンサと言った高圧側に設置されている機器や電気回路のオン、オフをすることを目的として用いられる開閉器になります。原則としては、300kVA以下の変圧器の入力側に設置され、ヒューズ併用のケースが多数です。LBS自体は、負荷の電流をオン又はオフすることしか出来ません。LBSの基本構成は、操作ハンドルと主接点と補助接点およびヒューズによって構成されています。操作ハンドル部は、DS棒と呼ばれる棒を引くことで接点OFF、押すことで接点ONが出来ます。主接点部は、負荷開閉器をオンさせた後、この主接点部からヒューズを介して出力側の負荷に電流が流れます。補助接点は、補助的な役割も持った接点で、主な役割は開閉時に瞬間の電気エネルギー変化によって発生するアークと呼ばれる電気火花を消す役目を果たしています。開閉器の操作時は、主接点よりも先にONしてアークを吸収する構造になっており、地味ですが主接点を助ける重要な役割を担っています。

参考文献
https://www.denken3.net/lecture-h/list/houki_q15/
https://denki-study.com/%E3%80%90%E9%AB%98%E5%9C%A7%E3%80%91lbs%EF%BC%88%E9%AB%98%E5%9C%A7%E4%BA%A4%E6%B5%81%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E9%96%8B%E9%96%89%E5%99%A8%EF%BC%89%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

負荷開閉器のメーカー情報

負荷開閉器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立産機システム
  2. 2 三菱電機株式会社
  3. 3 富士電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社新愛知電機製作所
  2. 2 株式会社日立産機システム
  3. 3 株式会社アマミ

歴史のある会社

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 富士電機株式会社
  3. 3 株式会社戸上電機製作所

負荷開閉器のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す