株式会社東陽テクニカ

【2021年版】磁力計 メーカー8社一覧

磁力計のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁力計とは

磁力計とは磁界の強さを計測することのできる装置のことです。磁界の強さや方向を測定することが可能で、使用する環境によって様々な磁力計が存在します。例えば、ホール効果を利用したものや電磁誘導を利用したものです。磁界の計測は古くから鉱脈の探索などに利用されており、現在でも様々な場面で使われます。製品の製造過程において磁気の検査に使われたり、医療用機器に組み込まれ検査装置として使われたりすることもあります。

磁力計の使用用途

磁力計は磁界を測定する様々な場面で使用されます。具体的には次のような場合です。

  • 地下に埋まった磁気の探知
    鉱脈を見つけるために使用されたり、地中に埋まった地雷を除去するために使われます。
  • 検査用の医療機器
    身体の磁界を測定することで、心磁図や脳磁図の検査にも応用されます。
  • 非破壊検査装置
    非破壊検査装置としても利用されます。金属などの強磁性体を調べることで損傷や欠陥を見つけることができます。

磁力計の原理

磁力計は使用する環境の違いによって様々な種類があります。ここでは代表される三つの手法の原理をご紹介します。

  • 振動試料型磁力計
    測定する試料を振動させることで磁界を計測する磁力計のことです。均一な磁界の中に試料をセットし、一定の振動を加えます。試料付近に設置されたコイルによって誘導起電力が発生し、これを読み取ることで磁力を測定することができるのです。
  • 磁場勾配型磁力計
    磁場勾配を作り出すことで試料の磁界を計測する磁力計のことです。均一な磁界の中に試料をセットし、試料に交流磁界を加えます。磁化が誘起されるため、試料は周波数に応じた力を受けることになります。この力を電気信号として取り出す仕組みです。
  • フラックスゲート磁力計
    電磁誘導の原理を利用した磁力計です。鉄心にお互いが逆向きの二種類のコイルを巻き付けます。片側に電流を流すことで外部に磁界が発生し、電磁誘導によってもう片側のコイルにも電流が流れます。この電流成分を取り出して磁界を計測する仕組みです。

参考文献
https://www.toyo.co.jp/material/casestudy/detail/id=7003
https://staff.aist.go.jp/r-morijiri/MyHome2016/memomemo/anomaly/flux.html
https://peach.center.ous.ac.jp/cswiki/index.php?

磁力計のメーカー情報

磁力計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東北特殊鋼株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 株式会社東栄科学産業

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社東栄科学産業
  2. 2 株式会社エムティアイ
  3. 3 東特興業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 東北特殊鋼株式会社
  2. 2 東英工業株式会社
  3. 3 株式会社東陽テクニカ

磁力計のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す