株式会社テクノ

【2021年版】液体充填機 メーカー20社一覧

液体充填機のメーカー20社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


液体充填機とは

液体充填機は定量充填機の中でも液体を充填するためのものです。定量充填機は計量器を用いてある一定量を測り取って充填することができる充填機です。

定量充填機には自動充填機と半自動充填機の2種類があります。自動充填機は充填容器が搬送ラインを通って流れてき、それがある位置までたどり着くと自動で充填を開始する充填機を指します。一方半自動充填機は搬送ラインから充填場所までは自動で、充填開始動作を手動で行います。

液体充填機の使用用途

液体充填機は何かを製造して販売するメーカーであれば多くが利用しています。例えば水や油などです。これらはポンプやタンクからのヘッド圧を用いて充填します。また液体にも粘度が高いものから低いものがあります。はちみつや水あめといった粘度が高い液体の場合、温度を加えて粘度を下げるかポンプで圧送する方法があります。

液体に近いものとしてみそや餡子のようなものもあります。これらは半固体でありますが充填することができます。その場合タンクなどにスクリューを設け、閉塞を防ぎます。 

液体充填機の原理

液体の定量充填機はタンクやホッパーから充填します。タンクなどから配管をたどって充填ノズルまで液が満たされます。充填開始を行うとノズルのバルブが開いて液体が充填を始めます。決められた量になると計量器から信号が送られ、充填が停止します。

定量充填機の計量器は計量法により厳しく定められています。これは取引先への出荷量を少し少なめに充填して出荷したりすることを防いで充填量の正確さを維持するために必要です。そのため定量充填機に使用する計量器は計量証明が必要となります。これは計量機関にて検定を行って初めて発行されるものになります。

計量器はロードセルを用いていることが多いです。ロードセルは荷重による力を電気信号に変えることができます。ロードセルは金属の起歪体(きわいたい)にストレインゲージという電気抵抗線歪計(センサ)をはりつけ、その抵抗値の変化を測定しています。これまでのばねばかりと比べて非常に精度が良いものとなりました。

参考文献
https://hikari-kikai.co.jp/product/
https://www.yokogawa.co.jp/library/resources/faqs/an-ir-07-measurement-method/
https://hakari-shouten.com/help/knowhowhistory

 

液体充填機のメーカー情報

液体充填機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社クボタ計装
  2. 2 株式会社阪口製作所
  3. 3 株式会社三美テックス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アラハタフードマシン
  2. 2 有限会社静岡自動機製作所
  3. 3 株式会社ウイスト

歴史のある会社

  1. 1 株式会社真田製作所
  2. 2 株式会社ソーキナカタ
  3. 3 株式会社ミューチュアル

液体充填機のメーカー20社一覧


関連記事

カテゴリから探す