音羽電機工業株式会社
株式会社グローウィル
双信電機株式会社
コーセル株式会社
TDKラムダ株式会社

【2021年版】ラインフィルタ5選 / メーカー10社一覧

ラインフィルタのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ラインフィルタとは

ラインフィルタは機器の電源ラインに挿入することにより機器から発生するノイズおよび外部の機器から入ってくるノイズを除去する働きをするフィルタです。ノイズを除去する目的で使用されることからノイズフィルタとも言われます。

一般的にノイズを放射することをEMI(Electromagnetic Interference)と言い、外部の機器からノイズを輻射を受けることをEMS(Electro Magnetic Susceptibility:)と言います。更に各種機器は、自らノイズの発生を抑制するとともに周辺機器からのノイズによる影響を受けないような設計が求められます。これをEMC(ElectroMagnetic Compatibility:電磁両立性)を言います。

ラインフィルタはこのEMCを実現するために使用されるフィルタで機器内の電源ラインもしくは、機器外部に使用して使われます。

ラインフィルタの使用用途

ラインフィルタは一種のローパスフィルタです。主にデジタル機器におけるノイズは機器のプリント基板上に実装される各種デジタルICから発生する高周波が主たる成分だからです。

ラインフィルタは、ノイズを発生させる機器のできるだけ近傍に取り付けると効果的です。距離が離れるほど、その間でノイズが空間を伝搬してしまう可能性もあるからです。

また、ラインフィルタから出ているアース線は出来るだけ短くする必要があります。長くするとノイズ除去の効果が半減してしまう可能性があります。

ラインフィルタの原理

電子回路や電気回路から発生するノイズは、回路規模が大きくなり高機能化するに伴い、動作周波数はどんどん高くなっています。その結果、発生するノイズも高周波数化し、その除去も大変になってきています。

機器から発生するノイズには輻射ノイズと伝搬ノイズがあります。輻射ノイズは、回路上から発生する高周波信号がそのまま空中を伝搬し、他の機器に妨害を与えるタイプのノイズを言います。

伝搬ノイズは機器の電源ケーブルや信号線ケーブルを経由して他の機器に妨害を与えるタイプのノイズを言います。これらのノイズは、電子・電気機器の誤動作や最悪の場合、機器の破壊にもつながりかねません。

この様なノイズを除去するためのラインフィルタは、基本的にコイルやコンデンサ、フェライトコアなどから構成されています。

コイルやフェライトコアは、低周波の信号がこれらのデバイスを通過するときには無条件で通過させます。しかし、高周波の信号になるほど通過しにくくなるという特性があります。このコイルやフェライトコアを信号ラインに対して直結することで、ノイズの放射を抑止します。

コンデンサは逆に低周波の信号は通しません、高周波になるにつれて、信号が通過しやすくなる特性を持ちます。これを信号線とアースとの間に入れることにより、高周波信号をアース側に捨ててしまうことによりノイズの放射をコイル、フェライトコアと共に抑止します。

更にこのコイル、フェライトコアとコンデンサの組み合わせのローパスフィルタを複数、縦続接続することにより、一層、周波数の選択度を高めることができます。換言すれば、より一層、欲しい低周波数を通過しやすくして不要な高周波数を除去する働きを強めることができます。

参考文献
https://cend.jp/emc_primer/product/efilter.html
https://www.furutaka-netsel.co.jp/utility/elec_7
https://www.jp.tdk.com/tech-mag/hatena/062
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC
https://article.murata.com/ja-jp/article/basics-of-noise-countermeasures-lesson-3
https://cend.jp/emc_primer/basic/emc.html

ラインフィルタのメーカー情報

ラインフィルタのメーカー10社一覧


ラインフィルタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 大生工業株式会社
  2. 2 コーセル株式会社
  3. 3 TDKラムダ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ウエノ
  2. 2 株式会社グローウィル
  3. 3 TDKラムダ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 大生工業株式会社
  2. 2 双信電機株式会社
  3. 3 音羽電機工業株式会社

ラインフィルタ5選

ラインフィルタ

株式会社グローウィル ラインフィルタ 画像出典: 株式会社グローウィル公式サイト

特徴

0.03mmという極細銅線による巻き線が可能となり、超小型サイズのラインフィルターの製品があります。

通信回路や微弱な電子回路のノイズ対策が可能です。

カスタムオーダーも可能で、多様なニーズに応えて頂けます。

100KHz~1MHzの範囲でフィルタリングが可能な特性があり、インピーダンス特性を確認して選定可能です。

超小型で高精度で高品質なラインフィルターを選定可能で、アプリケーションの小型化、ノイズ対策の省スペース化に貢献できます。

株式会社グローウィルの会社概要

製品を見る

ノイズ対策用 コモンモードチョークコイル

株式会社ウエノ

特徴

コイル巻きを自動化し大量生産を可能としたコモンモードチョークコイル式のラインフィルターです。

自動生産方式でありながら、定数ばらつきの少ない製造を可能としたことで、大量生産を実現したことで、コスト低減にも貢献できるようになっています。

ノイズ除去できる周波数帯が広くとれるため、これまで周波数帯域別に設けていたフィルター個数を削減することが可能です。

定格電流は1Aから最大30Aまでのラインアップがあり、用途に合わせて選択ができます。

株式会社ウエノの会社概要

製品を見る

NF3000C-YXS Series

双信電機株式会社

特徴

3相3線式で10Aから300Aまでニーズの多い電源容量に対応したラインフィルターです。

数MHz帯域の減衰をピークに広域周蓮での減衰能力があります。

特にノイズ発生の多い半導体製造装置やインバータ、工作機械、CVCF制御の電源などに使用されています。

形状ラインナップが5種類あり、設置場所やアプリケーションに合わせて選定できます。

ケースの通気性を良くして放熱性能を向上させることで、高性能なノイズ対策を行いつつ安定した負荷電流を供給できるラインフィルターです。

双信電機株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区芝浦1丁目1番1号浜松町ビルディング14F
  • URL: http://www.soshin.co.jp/
  • 創業: 1938年
  • 従業員数: 405人

製品を見る

ノイズフィルタ

コーセル株式会社 ノイズフィルタ 画像出典: コーセル株式会社公式サイト

特徴

最大使用電圧528Vと400V系の三相配線に対応しているラインフィルターです。

ディレーティング特性が良く、周囲温度50℃まで安定して使用できます。

150KHz~1MHzの周波数の減衰特性が高く、スイッチング電源やインバータなどのスイッチングノイズの抑制に効果を発揮できます。

接地コンデンサの容量が5種類の中から選択できます。 接地コンデンサ容量によって漏洩電流の大きさも変わります。

中性点接地の回路でも使用できます。

オプションで高透磁率チョークコイルを搭載した高減衰特性のフィルターも選定できます。

コーセル株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 富山県富山市上赤江町一丁目6番43号
  • URL: https://www.cosel.co.jp/
  • 創業: 1969年
  • 従業員数: 685人

製品を見る

電源ライン用EMCフィルタ

TDKラムダ株式会社 電源ライン用EMCフィルタ 画像出典: TDKラムダ株式会社公式サイト

特徴

電子機器のライン側に接続して使用することで、EMIノイズ対策が可能なラインフィルターです。

コモンモード磁心にフェライトコアを使用し、コモンモードノイズの減衰特性を向上し、ディファレンシャルモードとコモンモードどちらでも使用できます。

ラインナップは数Aから数千Aクラスまで、小型から超大型まで様々な用途に対応しています。

汎用的に使用できるフィルターから広帯域減衰タイプ、高電圧パルスタイプ、低漏洩電流タイプなど、回路タイプやEMC仕様などに合わせて選択することができます。

形状は、一般的な箱型のリードタイプの製品から、電子機器のACプラグ形式、基板表面実装形など多くの種類があり、フィルターを組み込む製品や設置場所に合わせて選定することができます。

TDKラムダ株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す