コニカミノルタジャパン株式会社

【2021年版】比色計 メーカー4社一覧

比色計のメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


比色計とは

さまざまな試験サンプルに特殊な試薬を加え発色させ、その色自体の変化や色の濃さの違いなどを比較し、濃度を決定する方法を比色法と呼びます。

比色計は、一般的に比色法に利用される計測機器を指します。

通常はある一定の波長の光に対する透過率や吸収度を測定します。

分光光度計とも呼ばれます。

水質調査においては、残留塩素濃度測定、pH測定、濁度測定、残留窒素測定、酸素濃度測定などに利用されています。

そのほか科学研究分野ではサンプルの精確な濃度決定に使われます。

比色計の使用用途

一般的な水質検査においては、採取された水に特殊試薬を加え発色させることで、下記の項目の精密測定に利用されています。

  •  残留塩素濃度測定
  •  pH測定
  •  濁度測定
  •  残留窒素測定
  •  酸素濃度測定

また大気汚染調査においては、試験プローブを大気中にばく露した後一定量の水溶液で洗浄し、その溶液を比色検定することで窒素酸化物や二酸化炭素濃度の測定が可能です。

科学研究分野では、さまざまなサンプルの精確な濃度決定や特定物質の定量に利用されています。

比色計の原理

さまざまな試験サンプルに特殊な試薬を加え発色させ、その色自体の変化や色の濃さの違いなどを標準溶液と比較し、濃度を決定する方法を比色法と呼びます。

比色法に利用される計測機器を一般的に比色計と呼びます。

原理的には、測定サンプルに光を入射し、サンプルを透過した光の強度を測定する構造になっています。

あらかじめ標準試料となる溶液の透過光強度を測定し、次にサンプルの測定を行います。

両者の透過光強度の比をとることで測定値とします。

比色形を利用して、サンプルの透過度、濁度、吸収度の測定が可能です。

現在では、プリズムなどの分光器を用いて単一波長の光を選択しサンプルに入射する、分光光度計が主流となっています。

小型軽量化されたポータブルタイプのものも利用可能です。

比色計を用いた検定は水質調査のさまざまな項目や、大気汚染調査などに利用されていますが、入射光の波長を適切に選択することで、サンプル中の特定物質の濃度や量を決定することも可能です。

参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/64/1/64_KJ00010235491/_pdf

https://axel.as-1.co.jp/asone/s/E0080300/

https://www.monotaro.com/k/store/%E6%AF%94%E8%89%B2%E8%A8%88/

比色計のメーカー情報

比色計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 コニカミノルタジャパン株式会社
  2. 2 フナコシ株式会社
  3. 3 東京光電株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アペレ
  2. 2 東京光電株式会社
  3. 3 コニカミノルタジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 フナコシ株式会社
  2. 2 コニカミノルタジャパン株式会社
  3. 3 東京光電株式会社

比色計のメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す