【2021年版】ハイトゲージ メーカー1社一覧

ハイトゲージのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハイトゲージとは

ハイトゲージ

ハイトゲージは機械部品や金型などの高さを測定する測定器です。測定時には、基準面を正確に取るために、平面度の担保された定盤などの上に置いて使用する必要があります。主に、目視で測定値を読み取るタイプとデジタルで測定値が表示されるタイプの2種類が存在します。デジタルタイプの方が測定精度が高く、数値も読み取りやすいですが、一般的に目視タイプに比べて高価になります。

ハイトゲージの使用用途

主に機械部品や金型などを測定したり、ケガキ作業を行う時に使用します。高精度での測定ができるという利点がありますが、接触式の測定であるため、測定時の力加減などでも測定値が容易にズレてしまいます。このため、正確な測定には、複数回測定した平均値を採用するなど、使用時には注意が必要です。また、接触式の測定器のため、ノギスなどの測定器と同様に、測定時に発生する力によって変形してしまうような素材に対しての測定には向いていません。

ハイトゲージの原理

ハイトゲージは、読取りタイプに関わらず、主に以下のような部品で構成されています。

  • 本尺目盛の付いたスケール部
  • スケールが固定されたベース部
  • スクライバ(測定部)と一体化したバーニャ目盛部 (または測定値をデジタル表示できるようにした測定部)

また、基本的な使用方法も読取りタイプに関わらず同じ手順です。測定方法を以下に示します。測定時には、基準面を正確に取るために、平面度の担保された定盤などの上に置いての使用が必要です。

  1. 基準面とする面(定盤など)にスクライバ部(測定部)を密着させ、0点(基準)とします。
  2. ②測定物にスクライバ部を押し当てて測定を行います。

この時、目視で測定値を読み取るタイプでは本尺で1mm単位の数値を、バーニャ目盛で小数点以下の数値を読みます。測定値は斜めから読み取ると誤った測定値を読んでしまう原因となるため、真正面から読み取る必要があります。
一方、デジタルタイプでは自動的にデジタル表示される測定値を読むことで測定が可能です。

参考文献
https://axel.as-1.co.jp/contents/at/s_tools_heightgauge
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/086/

ハイトゲージのメーカー情報

ハイトゲージのメーカー1社一覧


ハイトゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新潟精機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 新潟精機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 新潟精機株式会社

関連記事

カテゴリから探す