【2021年版】ナノファイバ メーカー1社一覧

ナノファイバのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ナノファイバーとは

ナノファイバーは、1本の直径が1~100nmであり長さが直径の100倍以上の繊維状物質と定義されています。ナノテクノロジーの代表的な存在で、今後の用途開発に注目を集めている素材の1つです。高い比表面積と空隙率を持ち、高吸水性や透過性、軽量性に優れます。セルロースナノファイバーやポリエステルナノファイバーなど多種多様な種類が存在します。また高い導電性と強度を持つカーボンナノチューブもナノファイバーの一種として扱われる場合もあります。

ナノファイバーの使用用途

ナノファイバーは用途の研究開発が進められている段階ではありますが、衣類や医療分野に使われる例は少なくありません。ナノファイバーを使用した衣類は、軽量でありながら高い通気性と高い防水性を実現できます。現在は医療分野への用途開発が積極的に行われており、特に再生医療に用いられる足場材料への応用が進んでいます。生体吸収性や細胞の接着特性、空隙率に優れているため、生体内の足場材料として使用できるのです。またナノファイバーの直径が光の波長より短いことを利用して、透過性に優れた電子ペーパーの開発も行われています。

ナノファイバーの原理

ここではナノファイバーの製造方法について説明します。ナノファイバーの主要な製造方法はエレクトロスピニング(電界紡糸)法、複合溶融紡糸法、メルトブロー法の3種類あります。

  • エレクトロスピニング法

シリンジ中に高分子溶液を流し入れた後に、高電圧を与え帯電させることで、ナノファイバーを調製します。印加する電圧は10~40kV程度で充分なため、省エネルギーで生産することができます。直径数nm程度まで製造可能なため、現在の主流とも呼べる製造方法ですが、量産化には大量のノズルが必要になります。

  • 複合溶融紡糸法

特殊なノズルから溶融した高分子を押し出し、海島構造の繊維を生成した後、海成分のみを抽出してナノファイバーを調製します。直径20nm程度までのナノファイバーしかつくれない欠点を持ちます。

  • メルトブロー法

溶融した高分子をノズルから押し出すと同時に、熱風で吹きつけて製造します。マスクなどの不織布を製造する際に用いる手法でもあります。ただ直径0.5μm程度が下限のため、使用範囲が限られてきます。

参考文献
http://www.aichi-inst.jp/other/up_docs/no79_02.pdf
https://www.shinshu-u.ac.jp/project/leading/future/nanofibers.php
https://www.nipponpapergroup.com/research/organize/cnf/

ナノファイバのメーカー情報

ナノファイバのメーカー1社一覧


ナノファイバのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 カトーテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 カトーテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 カトーテック株式会社

関連記事

カテゴリから探す